プドゥラヤ・バスターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯3度8分44.7秒 東経101度42分3.9秒

プドゥラヤ・バスターミナル

プドゥラヤ・バスターミナル (英語The Puduraya station, マレー語Hentian Puduraya) は、クアラルンプールにある、主要バスターミナル。市の中心部に位置し、マレーシア各地に向かう中長距離路線がここから発着する。

歴史[編集]

  • 1976年開業。
  • 2006年現在、約300万リンギットをかけて改装工事中。
  • 2007年6月15日午後9時30分、7番ホームで爆弾が爆発。11歳の少女が負傷[1]
  • 2010年4月より、改装工事のため閉鎖中
  • 2011年4月に再オープン、8月に名前がプドゥ・セントラルと改称された。

再配置[編集]

プドゥラヤ周辺の交通渋滞はKTMコミューターラピドKLアンパン線KLIAトランジット各路線が発着するバンダル・タシッ・スラタン駅前の新ターミナル、Terminal Bersepadu Selatan(略称TBS)(en:Terminal Bersepadu Selatan)開業により解消することが期待されており、2011年1月に開業した。これに伴い、西海岸南部方面のバスの移転が行われた。[2] [3]

行き先[編集]

コタバルなど東海岸に向かうバスは、アンパン線PWTC駅KTMコミュータープトラ駅のそばにあるプトラ・バスターミナルから発着する。また、マラッカジョホールバルシンガポールなど南部に向うバスは上記のTerminal Bersepadu Selatan(TBS)に移転した。

国内[編集]

国外[編集]

運行会社[編集]

乗り入れ路線
会社 行先 プラットホーム
Durian Burung Express ペナン島スンガイプタニアロースター
Express Maharani
Jelita Express
Hosni Express
Maju タンジョンマリムルムッイポー
Maju Insaf
Mara Liner
Plusliner ルムッイポーペナン島バターワースクリム
Star Shuttle クアラルンプール国際空港(メインターミナル、LCCT双方)
Transnasional イポータンジョンマリムスンガイプタニアロースタークアラカンサー

アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ Rashitha A. Hamid (2007年6月16日). “Little girl injured in explosion at Puduraya”. The Star. 2007年8月29日閲覧。
  2. ^ Puduraya Traffic Jam To Be Reduced With New Transport Hub”. Bernama (2009年5月19日). 2009年5月21日閲覧。
  3. ^ RM30.3 Mln To Rejuvenate Puduraya Bus Terminal”. Bernama (2009年5月19日). 2009年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]