キャメロンハイランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャメロンハイランド

キャメロンハイランドCameron Highlands, 中国語: 金馬侖高原)は、マレーシアイポーの北約20km、クアラルンプールの北約150kmパハン州にある高原リゾート。標高が1,500mを超えるため、年間を通じて気温が20℃前後と涼しい。 タイのシルク王として知られたジム・トンプソンが謎の失踪をとげた場所としても有名で、彼が滞在した「ムーンライト・バンガロー」は今でも丘の上に現存する[1]

概要[編集]

英国統治時代の国土調査官であるウィリアム・キャメロンによって1885年によって開発され。その名をとって命名された。英国植民地時代より丘陵を利用した茶葉生産が盛んである。現在でもマレーシア最大の茶葉生産地域であり、高原野菜などの生産も非常に盛ん。また近年、年金生活者を中心として、日本人の長期滞在者も増えており、彼ら向けのコンドミニアムの建設も盛んである。街のレストランや、喫茶店、インターネットカフェなどでは、多くの日本語併記を見かける。

交通[編集]

位置

クアラルンプールとイポーからのバスが、タナ・ラータにあるバスターミナルから発着する。

宿泊[編集]

  • エクアトリアル・キャメロンハイランド
  • キャメロンハイランドリゾート
  • スモークハウスホテル
  • ヘリテイジホテル
  • ストロベリーパーク
  • ファーザーズ・ゲストハウス

観光[編集]

  • ボー・ティー・ガーデン
  • ストロベリーファーム
  • バタフライファーム
  • カクタスバレー
  • 三宝寺(SAN POH TEMPLE) (松本清張の小説「熱い絹」の大詰めの舞台となった場所)
  • 原住民村
  • ブリンチャン山

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Disappearance of Jim Thompson The Jim Thompson Cottage

関連項目[編集]

外部リンク[編集]