郭熙柱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
郭 熙柱 Football pictogram.svg
Kwak Hee-Joo.jpg
水原三星ブルーウィングス在籍時
名前
愛称 青い血の男[1][2]
水原のレジェンド[3][2][4]
カタカナ クァク・ヒジュ
ラテン文字 Kwak Hee-Ju
ハングル表記 곽희주
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 1981年10月5日(32歳)
出身地 江原道江陵市
身長 185cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム カタールの旗 アル・ワクラSC
ポジション DF
ユース
1996-1998
2000-2002
崇德工業高校
光云大学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2013 水原三星ブルーウィングス 234 (13)
2014 FC東京 0 (00)
2014- アル・ワクラSC 0 (00)
代表歴
2005-2008 韓国の旗 韓国 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014.09.17現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

郭 熙柱(クァク・ヒジュ、곽희주1981年10月5日 - )は、韓国出身のサッカー選手。元同国代表。ポジションはディフェンダー(DF)[5]

来歴[編集]

左眼の失明というハンディ[注 1]を抱えながら[6]、2003年にKリーグ水原三星ブルーウィングスへ入団。李昌燁コーチに叱咤され懸命に練習に取り組んだことで[7]2004年には車範根監督の下で主力に据えられて[6]リーグ優勝に貢献。リーグベストイレブンに選出された。2005年はリーグカップスーパーカップA3の三冠を獲得。同年、翌年開催のワールドカップアジア予選に臨む韓国代表に招集され[5]国際Aマッチ初出場を果たした。

2008年はDFマト李正秀と共にリーグ2位の堅守を築き、さらにFCソウルとのチャンピオンシップ第1戦で貴重な同点ゴールを決め[8]、2度目のリーグ優勝を達成。韓国サッカー大賞のベストイレブン[注 2]を受賞した[9]。2009年には水原の主将に就任[10]。2012年、兵役中の廉基勳に代わって再び主将を担い[10][11]、名実共にチームの中心、精神的主柱[12]となった。特にFCソウル戦では相手のエース・デヤンを徹底して封じ込め「スーパーマッチ」の勝ち越しに大きく貢献した[13][11]

2013年は負傷に苦しむ中でも戦線復帰を強行し[14]、持ち前の闘志溢れるプレーを発揮[15]。ベストイレブン候補にも挙げられたが[16]、人件費圧縮の影響を受けて[17][2]同年限りで水原を退団。しかし自由契約となったものの、水原が高額の移籍金を設定していたために[注 3]Kリーグ内での移籍は事実上不可能となっていた[2]

2014年からの国外移籍を図るも、中国リーグ天津泰達などとの交渉が折り合わず[18][2]、同年3月よりJリーグ[注 4]FC東京の練習に参加[19]。既にリーグ戦が始まっており選手編成も完了していたが、DFマテウスの負傷離脱でセンターバックが手薄となっていたことから[20]4月に入り同クラブへの加入が発表された[5]。リーグ戦では8試合でベンチ入りしたが出場は無く、同年9月に「家庭の事情」による契約の解除が発表された[21]。同月中に負傷中のアリ・レヘマ (Ali Rehemaに代わるDFとしてカタール・スターズリーグアル・ワクラSCへ加入[22]

エピソード[編集]

  • 2012年に妻との間に娘を授かったが、「リーグ優勝して式を挙げたい」と結婚式を行っていなかった[17]。2013年12月、これ以上は先延ばしできないと盛大な結婚式を挙げた[4]

所属クラブ[編集]

2009年ACL、水原三星vs鹿島アントラーズ

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2003 水原 6 Kリーグ 11 0 0 0 0 0 11 0
2004 29 25 0 12 0 0 0 37 0
2005 20 4 10 0 2 0 32 4
2006 13 1 7 0 4 0 24 1
2007 19 0 7 1 2 0 28 1
2008 25 1 10 2 1 0 36 3
2009 21 0 1 0 5 0 27 0
2010 22 2 4 1 4 1 30 4
2011 19 3 0 0 4 0 23 3
2012 33 1 - 1 0 34 1
2013 KリーグC 26 1 - 1 0 27 1
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2014 FC東京 24 J1 0 0 2 0 0 0 2 0
カタール リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2014-15 アル・ワクラ QSL
通算 韓国 Kリーグ 234 13 51 4 24 1 309 18
日本 J1 0 0 2 0 0 0 2 0
総通算 234 13 53 4 24 1 311 18
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2005 水原 29 6 0
2009 6 0
2010 9 1
2011 6 0
2013 4 0
通算 AFC 31 1
その他の公式戦出場

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 6試合 0得点[5](2005 - 2008)


韓国代表 国際Aマッチ
出場 得点
2005 2 0
2008 4 0
通算 6 0

タイトル[編集]

個人[編集]

クラブ[編集]

代表[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ このために兵役を免除されている。
  2. ^ 韓国人選手の中から性別を問わずに選出。
  3. ^ この場合、国内移籍にのみ移籍金が発生する[2]。いわゆるローカルルールである。
  4. ^ Jリーグを選んだ一因として、無所属の選手に対する移籍期間の緩和があったことを挙げている[17]
出典
  1. ^ 끝까지‘푸른 피’, 곽희주의 묵직한 블루사랑 ネイバースポーツ (2013年12月24日)(朝鮮語)
  2. ^ a b c d e f 곽희주 '수원 레전드→테스트 선수'...왜? FOOTBALLIST (2014年3月27日) (朝鮮語)
  3. ^ 元韓国代表カクが本格的に東京の練習合流 日刊スポーツ (2014年3月25日)
  4. ^ a b 곽희주, 미모 아내와 화려한 결혼식 (2013年12月3日) (朝鮮語)
  5. ^ a b c d e カク ヒジュ選手 移籍加入のお知らせ FC東京 (2014年4月15日)
  6. ^ a b 이태호 김은중 곽희주, '외눈 축구선수의 전설을 아시나요?' ジョイニュース24 (2004年11月24日)(朝鮮語)
  7. ^ F.C.TOKYO MAGAZINE BR TOKYO 2014年7-8月号』 ユーメイド、2014年、33頁。
  8. ^ 베스트11 곽희주, "서울전 동점골이 최고의 순간" FIFA KOREA (2008年12月13日)(朝鮮語)
  9. ^ a b 이근호, 조선일보 제정 2008 원저어워즈 한국축구대상 수상 スポーツ朝鮮 (2008年12月12日)(朝鮮語)
  10. ^ a b c d 선수단 - ウェイバックマシン(2012年7月25日アーカイブ分) 水原三星ブルーウィングス (朝鮮語)
  11. ^ a b アジア人選手ベストイレブン:2012年8月、日本から3人 Goal.com (2012年9月6日)
  12. ^ 불혹 바라보는 아디, 슈퍼매치 차이 만든 서울의 전설 FOOTBALLIST (2013年8月3日)(朝鮮語)
  13. ^ 서울-수원의 슈퍼매치, 징크스를 두고 '진검승부' マネートゥデイ (2014年7月11日)(朝鮮語)
  14. ^ '극공' 수원의 든든한 버팀목, 곽희주가 돌아왔다 FOOTBALLIST (2013年3月10日)(朝鮮語)
  15. ^ 슈퍼매치를 지배한 서정원 용병술, 교체 3장 의미는? FOOTBALLIST (2013年10月19日) (朝鮮語)
  16. ^ 곽희주 방출설에 수원, "레전드 안 버려... 선수 선택 기다린다" FOOTBALLIST (2013年11月28日)(朝鮮語)
  17. ^ a b c [사커피플]곽희주“긴장과 설렘이 반, 수원에 미안함 반” 東亜日報 (2014年4月14日)(朝鮮語)
  18. ^ 곽희주, J리그 FC도쿄 입단 타진 アジア経済 (2014年3月27日) (朝鮮語)
  19. ^ 東京に「韓国の伝説」DFカク練習生参加 日刊スポーツ (2014年3月21日)
  20. ^ 東京緊急補強 元韓国代表DF郭熙柱を獲得 東京中日スポーツ (2014年4月15日)
  21. ^ カク ヒジュ選手 契約解除のお知らせ FC東京 (2014年9月4日)
  22. ^ الوكرة يتعاقد رسمياً مع الكوري الجنوبي هي جو كواك(アラビア語)アル・ワクラSC

関連項目[編集]

外部リンク[編集]