スレチコ・カタネッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スレチコ・カタネッツ Football pictogram.svg
Srečko Katanec.jpg
名前
ラテン文字 Srečko Katanec
基本情報
国籍 スロベニアの旗 スロベニア
生年月日 1963年7月16日(51歳)
出身地 リュブリャナ
身長 190cm
選手情報
ポジション MF
代表歴
1983-1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 31 (5)
1995 スロベニアの旗 スロベニア 1 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
オリンピック
男子 サッカー
1984 サッカー

スレチコ・カタネッツ(Srečko Katanec, 1963年7月16日 - )は、スロベニアリュブリャナ出身の元ユーゴスラビア代表サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはMF(守備的MF)。イビチャ・オシムサッカー日本代表監督の愛弟子。

経歴[編集]

1979年ユーゴスラビアのNKリュブリャナでキャリアをスタートするが、1981年に同じ街のライバルであるオリンピア・リュブリャナへ移籍。その後名門クラブのディナモ・ザグレブパルチザン・ベオグラードを経て、1988年にドイツのシュトゥットガルトへ移籍。その年のUEFAカップで決勝進出を果たし、ディエゴ・マラドーナ擁するナポリと決勝で対戦したが結果、準優勝に終わった。

1989年セリエAサンプドリアへ移籍。翌シーズンのリーグ優勝に貢献。1991-92シーズンにはUEFAチャンピオンズカップで決勝に進出し、FCバルセロナと対戦した結果、準優勝に終わった。

また、ユーゴスラビア代表として1984年ロサンゼルスオリンピックで銅メダル獲得。1990年イタリアW杯に出場。元日本代表監督のイビチャ・オシム率いるチームの下、ドラガン・ストイコビッチらとともにベスト8進出に貢献した。

1994年に選手生活を引退。U-21スロベニア代表やヒット・ゴリツァを率いた後、1998年に34歳の若さにしてスロベニア代表監督に就任しEURO20002002年日韓W杯へそれぞれ初出場に導いた。また日韓W杯では初戦のスペイン戦終了後に当時の主力選手であったズラトコ・ザホヴィッチがカタネッツを批判したため、代表から外している。

その後、代表監督を辞任。ギリシャの強豪オリンピアコスの監督、スロベニアサッカー協会のスタッフを経て、2006年からマケドニア代表を率いる。EURO2008予選ではイングランド代表とアウェーで引き分けるなど健闘したが、2009年4月、主力選手のゴラン・パンデフとの対立と代表チームの雰囲気悪化を訴え辞任。同年6月、UAE代表監督に就任したが2011年9月に解任された[1]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

指導歴[編集]

脚注[編集]