市松模様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

市松模様(いちまつもよう)とは、格子模様の一種で、二色の正方形(または長方形)を交互に配したチェック柄の模様である。

市松模様
グラフィックエディタで背景が透明である事を示す市松模様表示

この模様は古墳時代の埴輪の服装の模様や法隆寺・東大寺正倉院の染織品にも見られ、古代より織模様としてい存在していた[1]。公家の有職故実では石畳・霰(あられ)などと称されていた[2]。そのため、家紋名物裂など江戸時代以前から存在するものは石畳模様と呼ばれる。

江戸時代の歌舞伎役者、初代佐野川市松が江戸・中村座での舞台「心中万年草(高野山心中)」で小姓・粂之助に扮した際、白と紺の正方形を交互に配したを履いたことから人気を博し、市松はその後もこの模様を愛用して奥村政信・鳥居清重・石川豊信などがその姿を描いたことから着物の柄として流行した。市松の愛用した模様は当初は古くからの慣わしに従って石畳と称された[3]が、後に「市松模様」「市松格子」「元禄模様」などと呼ばれるようになった。英語では主に「チェッカー盤柄」を意味する語で呼ばれる。

フォトショップなどのグラフィックソフトウェアにおいて、画像の一部が透明である事を示すために市松模様が表示される物が多い。

脚注[編集]

  1. ^ 山辺知行「市松模様」(『日本史大事典 1』(平凡社、1992年)ISBN 978-4-582-13101-7
  2. ^ 鈴木敬三「市松模様」(『国史大辞典 1』(吉川弘文館、1979年) ISBN 978-4-642-00501-2
  3. ^ 佐野川市松追善のために行われた宝暦13年(1763年)の森田座での公演演目も「石畳若葉漊(いしだたみわかばのみつすじ)」であった(『国史大辞典』)

関連項目[編集]