ドウェイン・デ・ロサリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドウェイン・デ・ロサリオ Football pictogram.svg
De-rosario-union-rfk.jpg
名前
本名 ドウェイン・アンソニー・デ・ロサリオ
Dwayne Anthony De Rosario
ラテン文字 Dwayne De Rosario
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
ガイアナの旗 ガイアナ
生年月日 1978年5月15日(36歳)
出身地 カナダの旗 オンタリオ州スカーバロー
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム カナダの旗 トロントFC
ポジション MF (OH)
背番号 14
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997
1997-1999
1999-2000
2001-2005
2006-2008
2009-2011
2011
2011-2013
2014-
カナダの旗 トロント・リンクス
ドイツの旗 ツヴィッカウ
アメリカ合衆国の旗 リッチモンド・キッカーズ
アメリカ合衆国の旗 サンノゼ・アースクエイクス
アメリカ合衆国の旗 ヒューストン・ダイナモ
カナダの旗 トロントFC
アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・レッドブルズ
アメリカ合衆国の旗 D.C. ユナイテッド
カナダの旗 トロントFC
7 0(3)
12 0(1)
35 (17)
108 (27)
78 (24)
57 (27)
13 0(2)
44 (20)
代表歴2
1996-1997
1998-
カナダの旗 カナダ U-20
カナダの旗 カナダ
8 0(5)
66 (19)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月10日現在。
2. 2012年12月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドウェイン・アンソニー・デ・ロサリオDwayne Anthony De Rosario, 1978年5月15日 - )は、カナダオンタリオ州スカーバロー出身、トロントFCに所属するカナダ代表サッカー選手デ・ロザリオとも表記される。

カナダ代表で歴代最多得点を記録[1]し、カナダ人最優秀選手賞英語版を最多の4度, メジャーリーグサッカー・ベストイレブン英語版を最多タイの6度受賞。カナダのみならずMLSを代表する選手。

経歴[編集]

初期[編集]

1997年、18歳の時にUSL1部トロント・リンクス英語版でプロキャリアをスタートさせ、チームメイトには将来カナダ代表で共にプレーするポール・スタルテリがいた。デビュー年ながらシーズン途中にドイツのFSVツヴィッカウへ移籍。ツヴィッカウで2シーズン過ごした後、北米へ戻り1999年にリッチモンド・キッカーズ英語版と契約。シーズン終盤の加入ながら2ゴール5アシストを決めると、翌2000年には15ゴール5アシストと大ブレイクし、20勝6分1敗の記録にチームを導いた。

サンノゼ[編集]

DwayneDeRosario.jpg

2001年、サンノゼ・アースクエイクスの監督に就任した同胞のフランク・ヤロップ英語版の最初の補強として加入。加入初年度は1072分出場の中で5ゴール4アシストし、MLSカップ進出に貢献するとゴールデンゴールを決め、初優勝に重要な役割を果たした。この活躍でMLSカップMVPに選出されるなど、ヤロップの判断が正しかったことを証明した。2002年のチームは連覇を果たすことは出来なかったものの、自身は1637分で4ゴール8アシストと前年同様に成功を収めた。2003年は、靭帯損傷したことで686分と出場機会が限られたものだったが、4ゴール3アシストの記録。さらにMLSカップでは、後半から途中出場するとランドン・ドノバンのゴールをアシストし2度目の優勝に貢献した[2]。2004年は、1214分で5ゴール3アシストを記録し、同年のメジャーリーグサッカー最優秀ゴール賞英語版を受賞。12月にノッティンガム・フォレストFCのトライアルに参加[3]したが、契約には至らなかった。

2005年にドノバンが移籍すると、MFにポジションを移し2年連続の最優秀ゴール(シーズン最終節のロサンゼルス・ギャラクシー戦での強力なカーブがかかったFK)を含む9ゴール13アシストと大活躍し、サポーターズ・シールド獲得に貢献。さらにメジャーリーグサッカー・ベストイレブン英語版カナダ人最優秀選手賞英語版を初受賞した。

ヒューストン[編集]

Dwayne De Rosario 031508.jpg

2006年、サンノゼのオーナーAEGはサッカー専用スタジアムの建設が困難と判明したためヒューストンへ移転しヒューストン・ダイナモを設立。それに伴いデ・ロサリオを始めとした選手やスタッフも移動した。同年シカゴで開催されたオールスターゲームは、ロンドンチェルシーFCを招待した試合で70分にこの試合唯一となるゴールを決め、1-0の勝利に導いたことでMVPを受賞。また、デ・ロサリオはMLSの全試合に出場した4人のうちの1人だった。

この年のリーグ戦は、サポーターズシールドを獲得すると11月12日のMLSカップまで進出。ニューイングランド・レボリューションをPK戦の末に破り、タイトルを獲得。この活躍から年俸32万5000USドル[4]・2010年まで契約を延長した[5]。後に契約が終了する前にトロントFCへ去った。

翌2007年もサポーターズシールドを獲得しMLSカップへ進出。再びニューイングランドとあいまみえると2-1で破り優勝の偉業を繰り返した。デ・ロサリオはこの試合で決勝ゴールを決めると、初めてMVPを2度受賞した選手となった[6]

母国トロントで開催されたオールスターゲームに3年連続出場したデ・ロサリオは、ウェストハム・ユナイテッドFC相手に69分にPKを決めた。これが決勝ゴールとなり3-2で勝利した。

トロント[編集]

DeRosario TFC 2010.jpg

デ・ロサリオが故郷のクラブに戻るだろうと長期憶測がよんだ後、2008年12月12日にトリニダード・トバゴ代表DFのジュリアス・ジェームズ英語版+金銭のトレードでトロントFCに移籍した[7]。2009年3月21日土曜日のスポルティング・カンザスシティ戦でデビューをし、ジム・ブレナン英語版の先制ゴールで3-2と勝利。この試合のデ・ロサリオは、相手選手のハンドによりPKを蹴るチャンスを得るも失敗し初ゴールはおあずけとなった[8]。ホームのBMOフィールドFCダラスを迎えた試合で、ヘディングで移籍後初ゴールを決め1-1で引き分けた。

2010年1月31日、トレーニングキャンプのジャマイカ戦でふくらはぎを負傷したことにより2-4週間欠場することが予想された[9][10]が、プレシーズンの南フロリダ大学英語版戦に復帰し1-0で勝利した。

4月8日、ブレナンが引退したことによりクラブ史で2番目となるキャプテンに就任[11]。その2日後のニューイングランド戦では、シーズン最初のゴールにして先制ゴールを決めるも1-4で敗れた[12]

4月15日、ホーム開幕戦のフィラデルフィア・ユニオン戦で81分のPKを含め2ゴールを決め2-1で勝利した[13]。次戦のコロラド・ラピッズ戦でシーズン4ゴール目を記録すると、これがクラブ史上通算最多得点を更新した[14]。4月25日、ホームのシアトル・サウンダーズFC戦で先制ゴールにしてシーズン5ゴール目を挙げ2-0で勝利した。ちなみに、この試合でオブライエン・ホワイト英語版が2ゴール目を決めるまでチームの総得点は全てデ・ロサリオのゴールによるものだった[15]。また、この試合の活躍から週間最優秀選手に選ばれた[16]。第10節目の古巣サンノゼに3-1で勝利した試合でチームの2ゴール目, 3ゴール目と2ゴールを決めると、再び週間最優秀選手に選ばれた[17]

この2010年は常に成功し続け、2-5で敗れたオールスターゲームのマンチェスター・ユナイテッドFC相手にゴールを決め最高潮に達した[18]

8月3日、CONCACAFチャンピオンズリーグ予選CDモタグア英語版との第2戦でゴールを決め、1-1にすると最終的に2-2で引き分けた。2試合合計3-2で勝利し見事本戦出場の切符を掴んだ[19]

12月28日、スコティッシュ・プレミアリーグに所属する名門セルティックFCのトライアルに参加していることが相手側のニール・レノン監督より伝えられた[20]。その際にレノンはデ・ロサリオを熟練され賢くシャープな選手で、プレースタイルはショーン・マロニーに似ていると評した[21]。その後、セルティックからMLSが3月に開幕するまでのオフを利用した短期レンタルでのオファーが来たが、トロントのコーチに新たに就任したアーロン・ヴィンターは、トーレニングキャンプの段階からデ・ロサリオは必要な選手との声明をし、申し出を断った[22]

2011年3月19日、初のカナダ勢同士の試合となったバンクーバー・ホワイトキャップス戦でチームのシーズン最初のゴールを決めるも2-4で敗れた。この試合開始20分で決めたゴールは、MLSがスタートしてから通算8000ゴール目だった[23]

ニューヨーク[編集]

2011年4月1日、カメルーン人MFトニー・チャニ英語版, 南アフリカ人DFダンレイ・ボーマン英語版とのトレードで移籍[24][25]チーヴァスUSA戦、チーム2ゴール目にして移籍後初ゴールとなるPKを決めるも2-3で敗れた[26]

DCユナイテッド[編集]

2011年6月27日、アメリカ代表MFダックス・マッカーティー英語版とのトレードで移籍した[27]レッドブル・アリーナにNYレッドブルズを迎えた試合で古巣相手に移籍後初ゴールを決めると、7月30日の古巣サンノゼ戦で2ゴールを決め2-0で勝利。8月6日の古巣トロント戦、前半早々にGKのビル・ハミド英語版が退場し10人と苦境に立たされたが、ハットトリックを決め3-3の引き分けに持ち込む等、立て続けに古巣相手にゴールを決めた。9月25日のレアル・ソルトレイク戦では、MLS最短記録となる9分の間にシーズン2度目のハットトリックを達成した[28]。デ・ロサリオは32試合16ゴール12アシストを記録し、シーズンを終えた。そのうちの13ゴール7アシストは、DCユナイテッドに移籍してから出場した17試合で記録したものだった[29]

ポートランド・ティンバーズとの試合後に相手側のジョン・スペクター英語版監督はデ・ロサリオを評した。

もし、デ・ロサリオがMVPを獲得出来なかったら、何かの間違いだろう。プレーンでシンプルなことだ。シーズン全体のうち、特に最後の3ヶ月間は圧倒的にリーグで最高の選手だった。彼はMVPを獲得する必要がある。

シーズン終了後にMVPの最終候補に選出されているティエリ・アンリは、デ・ロサリオについて語った。

このリーグでデ・ロサリオより良い選手は見たことがない、彼こそがリーグの顔だ。

2011年11月18日、ユナイテッドで素晴らしいパフォーマンスを見せメジャーリーグサッカー得点王英語版を獲得したことから、初のメジャーリーグサッカーMVP英語版に輝く[32]と、さらに6度目のベストイレブンと4度目のカナダ人最優秀選手に選ばれる等、充実したシーズンを送った。

2012年2月20日、デ・ロサリオは2014年までのオプション付きで2013年までの契約延長にサインした[33]

2012年8月29日、ホームで古巣のNYレッドブルズ相手にMLS通算100ゴール目を達成した[34]

クラッチ・パフォーマー[編集]

MLSでのキャリアの中、デ・ロサリオはリーグで最高のクラッチ・パフォーマーの1人として名声を得てきた[35]

リーグ戦以外で行われた大会では、MLSカップでMVPを受賞することになる2度の決勝ゴールやオールスターゲームでウェストハムのように国外のクラブ相手に2度決勝ゴールがキャリアの通算得点記録に含まれている。他には、トロント時代に参加したカナディアン・チャンピオンシップで、2009年6月18日に行われ3-1で勝利したモントリオール戦のハットトリックを含め、この大会では4ゴールを記録した。また、CONCACAFチャンピオンズリーグで6-1と勝利したモントリオール戦でゴールを決めている。

2010年9月18日のヒューストン戦では、前半を0-1で折り返すと後半とロスタイムにFKを2度決め、チームのプレーオフ圏内を保った。

2011年、デ・ロサリオはMLSで最多となる6度目のベストイレブンに選ばれた。

代表[編集]

FWやMFでプレーするデ・ロサリオは、カナダ代表の中で優秀な選手の1人として認識されている。U-20時代に1997 FIFAワールドユース選手権に参加し、U-22では母国ウィニペグで行われた第13回パナメリカン大会に出場。

1998年5月18日、マケドニア戦で20歳時に初キャップを記録。また、CONCACAFゴールドカップでは2000年で初優勝を経験すると、2002年で2-1と勝利した韓国戦で代表初ゴールを記録した。

2007年から3年連続でカナダ人最優秀選手賞英語版を受賞。また、この年には8試合で5ゴールを決め、1993年のジョン・キャットリフ英語版以来の年間最多得点を記録した。

スティーブン・ハート英語版監督に2011 CONCACAFゴールドカップのメンバーに選ばれ、4年ぶりにこの大会に出場することとなった。しかし、グループリーグ初戦のアメリカ相手に0-2で敗れると1勝1分1敗でグループリーグ敗退と失望の結果に終わった。また、得点はデ・ロサリオが挙げたPK2本だけだった[36]2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選では、9月上旬の初戦セントルシア戦, 11月中旬のセントクリストファー・ネイビス戦でそれぞれゴールを記録。また、セントクリストファー・ネイビス戦で通算19ゴール目を決めると、デイル・ミッチェル英語版が持つ代表最多得点記録に並んだ[37]。12月14日、シメオン・ジャクソン英語版を2位, ジョシュ・シンプソンを3位に抑え47.7%の票を集めると、最多4度目となるカナダ人最優秀選手賞英語版を受賞した[38]。2012年9月7日、2014 FIFAワールドカップ予選のパナマ戦で通算20ゴール目を決め、最多得点記録を更新した[1]

プライベート[編集]

ガイアナからカナダへ渡った移民の息子[39]として育ち、従兄妹には陸上競技選手で北京オリンピック女子100mハードル銅メダリストのプリシラ・ロペス=シュリエプがいる[40]。また、既婚者で2人の息子と娘がいる。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

代表
クラブ
個人

脚注[編集]

  1. ^ a b DE ROSARIO'S BECOMES CANADA'S ALL-TIME LEADING GOALSCORER
  2. ^ MLS CUP / Earthquakes rumble / Donovan, Onstad secure S.J.'s 2nd title
  3. ^ Forest end interest in De Rosario
  4. ^ De Rosario signs four-year deal with Toronto
  5. ^ Dwayne De Rosario inks extension with Dynamo
  6. ^ After Heady Play, De Rosario Is MVP
  7. ^ Dynamo trade star midfielder De Rosario to Toronto
  8. ^ Guevara guides Toronto FC past Wizards
  9. ^ "De Rosario to miss two to four weeks"
  10. ^ "Reds Win 1-0 against USF"
  11. ^ "Preki Names New Captain"
  12. ^ "Revs Rout Reds"
  13. ^ "De Rosario Notches Brace In Win"
  14. ^ "De Ro Set To Duel Against Seattle Top Striker"
  15. ^ "De Rosario attack stuns Seattle"
  16. ^ "De Rosario Named Player of the Week"
  17. ^ "De Rosario wins league award"
  18. ^ "De Rosario Goal In All-Star Game"
  19. ^ "TFC earns 1st Champions League Berth"
  20. ^ "Dwayne De Rosario joins Freddie Ljungberg on trial at Celtic"
  21. ^ De Rosario on trial at Celtic
  22. ^ Toronto FC Say No To Dwayne De Rosario's Potential Celtic Loan
  23. ^ "Toronto Falls Short in Vancouver"
  24. ^ De Rosario trade makes sense to Red Bulls
  25. ^ Red Bulls acquire five-time MLS Best XI midfielder Dwayne De Rosario
  26. ^ "Braun's hat trick too much to overcome as Chivas USA defeats Red Bulls"
  27. ^ D.C. United acquires five-time MLS All-Star Dwayne De Rosario
  28. ^ De Ro steals the spotlight in historic outing for D.C.
  29. ^ "STATISTICS"
  30. ^ Steven Goff (2011年10月20日). “Poll: MLS MVP award goes to .....”. Soccer Insider. The Washington Post. 2012年12月13日閲覧。
  31. ^ Kristian Dyer (2011年11月10日). “Henry Lauds DeRo as Red Bulls Seek New No. 10”. MLSsoccer.com. Major League Soccer. 2012年12月13日閲覧。
  32. ^ D.C. United's De Rosario voted Volkswagen MLS MVP
  33. ^ De Rosario receives two-year extension from D.C. United
  34. ^ D.C. United 2 - 2 New York Red Bulls
  35. ^ After Heady Play, De Rosario Is MVP
  36. ^ Late goal gives Panama 1-1 draw with Canada
  37. ^ Canada’s Dwayne De Rosario wins MLS MVP award
  38. ^ De Rosario is male selection for 2011 BMO Canadian Players of the Year Award
  39. ^ "MLS Player of the Week: Week Five"
  40. ^ De Rosario gets lifted

外部リンク[編集]