ルールシュタディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レヴィルパワーシュタディオン
"Schmuckkästchen (jewellery case)
anne Castroper (at the Castroper)"
Rewirpowerstadion Ruhrstadion Bochum sp1010714.jpg
施設情報
正式名称 rewirpowerSTADION
所在地 Castroper Straße 145, 44791 Bochum, ドイツ
開場 1911年10月8日
修繕 1997
拡張 1976年3月 - 1979年7月
所有者 VfLボーフム
運用者 VfLボーフム
グラウンド grass
ピッチサイズ 105 × 68 m
旧称
Sportplatz an der Castroper Straße (1911 - 1921)
Stadion an der Castroper Straße (1921 - 1979)
Ruhrstadion (1979 - 2006)
使用チーム、大会
VfLボーフム (1938–)
TuSボーフム (1919–1938)
SuSボーフム (1911–1919)
収容能力
29.448

レヴィルパワーシュタディオン(rewirpowerSTADION)は、ドイツボーフムにあるスタジアム。正式名称はルールシュタディオン。

歴史[編集]

1911年、SuSボーフムによりグラウンドを開設[1]。当時は500人収容の小さなスタジアムであった。1922年に、地域工業化の影響もあり、50.000人収容に拡大化、同年にドイツ代表戦(ハンガリー戦)が行われた[2]。1979年に大幅改造。現在のスタジアム・キャパシティは29448名である[3]

2006年にレヴィルパワーが命名権を取得したが[4]FIFA女子ワールドカップ期間中はFIFA女子ワールドカップスタジアム・ボーフムと呼ばれることになる。

特徴は

  1. サッカー専用スタジアム
  2. 全席屋根
  3. 全席グラウンドまで30m以内
  4. 柱が視野を妨害しない構造

である[5]

脚注[編集]

  1. ^ Die Anfänge: Seit fast 100 Jahren - VfL kickt "anne Castroper"” (ドイツ語). VfLボーフム. 2011年3月5日閲覧。
  2. ^ rewirpowerSTADION Daten & Fakten” (ドイツ語). VfLボーフム. 2011年3月5日閲覧。
  3. ^ rewirpowerSTADION Daten & Fakten” (ドイツ語). VfLボーフム. 2011年3月5日閲覧。
  4. ^ "Altes Eisen" auch heute noch ein "Schmuckkästchen"” (ドイツ語). VfLボーフム. 2011年3月5日閲覧。
  5. ^ rewirpowerSTADION Daten & Fakten” (ドイツ語). VfLボーフム. 2011年3月5日閲覧。

座標: 北緯51度29分23.57秒 東経7度14分11.56秒 / 北緯51.4898806度 東経7.2365444度 / 51.4898806; 7.2365444