アビバ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アビバ・スタジアム
Aviva Stadium from North Stand.jpg
施設情報
所在地 62 Landsdowne Road, Ballsbridge, Dublin 4, Ireland
位置 座標: 北緯53度20分6.5秒 西経6度13分42.0秒 / 北緯53.335139度 西経6.228333度 / 53.335139; -6.228333
起工 2007年3月
開場 2010年5月14日
所有者 アイルランドラグビー協会(IRFU)
FAI
運用者 Lansdowne Road Stadium Development Company[1]
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 106 × 68 m
建設費 4億1000万ユーロ[2]
設計者 POPULOUS[3]
スコット・タロン・ウォーカー[4]
建設者 ME Engineers
使用チーム、大会
ラグビーアイルランド代表
サッカーアイルランド共和国代表
収容能力
51,700(ラグビー、サッカー開催時)

アビバ・スタジアムAviva Stadium)は、アイルランドダブリンランズダウン・ロード所在、アイルランド・ラグビー協会(IRFU)とフットボール・アソシエーション・オブ・アイルランド(FAI)が共同所有する多目的スタジアムである。ラグビーアイルランド代表サッカーアイルランド共和国代表の国際試合やカップ戦の決勝戦に使用されるほか、コンサートなどにも使用される。2010年5月14日にオープン。

概要[編集]

かつてのスタジアムであったランズダウン・ロードを2007年初頭に閉鎖して取り壊し、2010年4月に50000人収容(すべて椅子席)のラグビー・サッカー場として再オープン。2004年1月に発表された計画によれば、費用は約3億6500万ユーロ(約550億円)であり、そのうち1億9000万ユーロをアイルランド政府が負担し、残りをIRFUとFAIが負担した。設計・施工はHOK SVE社、Buro Happold社およびME Engineers社である。改修は2007年3月に始まり、2010年5月14日に落成。命名権をロンドンの保険会社アビバ(Aviva)が取得した。

2011年5月にはUEFAヨーロッパリーグ 2010-11決勝を開催した。ただしUEFAの規定で、ダブリン・アリーナと呼ばれた。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Introduction Lansdowne Road Stadium Development Company
  2. ^ Stadium Facts Irish Times
  3. ^ Aviva Stadium, architect Populous
  4. ^ Aviva Stadium Scott Tallon Walker Architects

外部リンク[編集]

先代:
ハンブルク・アレーナ
ハンブルク
UEFAヨーロッパリーグ
決勝会場

2011年
次代:
スタディオヌル・ナツィオナル
ブカレスト