エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアン
Estadio Ramon Sanchez Pizjuan
EstadioRamonSanchezPizjuan-SevillaFC.JPG
施設情報
所在地 Avenida Eduardo Dato, 41005 Sevilla
Andalucía, España
位置 座標: 北緯37度23分2.63秒 西経5度58分13.80秒 / 北緯37.3840639度 西経5.9705000度 / 37.3840639; -5.9705000
開場 1958年9月7日
修繕 1997年
所有者 セビージャFC
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 70 metres
設計者 Manuel Muñoz Monasterio
使用チーム、大会
セビージャFC (1958-現在)
1982 FIFAワールドカップ
1985-86 UEFAチャンピオンズカップ決勝
収容能力
45,500人

エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンEstadio Ramón Sánchez Pizjuán)は、スペインセビリアのスタジアム。収容人数は45,500人。地下鉄Nervión駅からおよそ徒歩5分のところに位置する。

歴史[編集]

1958年に完成して以来、セビージャFCがホームスタジアムとして使用している。スタジアム名はセビージャFCの元会長ラモン・サンチェス・ピスフアンに因む。

スペイン代表には、このスタジアムで行われた試合には一度も負けた事がないという「伝説」がある。

スペインで開催された1982年FIFAワールドカップでは、グループリーグのブラジルソビエト連邦、準決勝の西ドイツフランスの2試合が行われた。1986年のUEFAチャンピオンズカップでは決勝戦会場に使用された。

外部リンク[編集]

先代:
スタッド・デュ・エゼル
ブリュッセル
UEFAチャンピオンズカップ
決勝戦会場

1985
次代:
プラターシュタディオン
ウィーン