エベル・バネガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エベル・バネガ Football pictogram.svg
Ever Banega – Portugal vs. Argentina, 9th February 2011 (1).jpg
名前
本名 Éver Maximiliano David Banega
愛称 エベル
カタカナ エベル・マクシミリアーノ・ダビド・バネガ
ラテン文字 Ever BANEGA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1988年6月29日(25歳)
出身地 ロサリオ
身長 174cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 ニューウェルズ・オールドボーイズ
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007
2008-
2008-2009
2014-
アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
スペインの旗 バレンシア
スペインの旗 アトレティコ・マドリード (loan)
アルゼンチンの旗 ニューウェルズ (loan)
28 (0)
55 (3)
24 (1)
11 (0)
代表歴2
2008- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 20 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年4月17日現在。
2. 2013年8月14日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

エベル・マクシミリアーノ・ダビド・バネガ(Éver Maximiliano David Banega, 1988年6月29日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のサッカー選手プリメーラ・ディビシオンニューウェルズ・オールドボーイズ所属。ポジションはミッドフィールダー

4人の兄弟がいる。地元のニューウェルズ・オールドボーイズの熱狂的なファンであり、右足の裏側にクラブの紋章のタトゥーを入れている。

クラブ経歴[編集]

ボカ・ジュニアーズ[編集]

サンタフェ州ロサリオに生まれたが、首都ブエノスアイレスにあるボカ・ジュニアーズの下部組織で育ち、18歳の時には将来有望なタレントだとみなされるようになった。2007年1月にチームメイトのMFフェルナンド・ガゴがスペインのレアル・マドリードに移籍し、バネガが後継者に指名された[1]。2007年2月10日のCAバンフィエルド戦でトップチームデビューし、4-0で快勝した。レギュラーの座をセバスティアン・バタグリアから勝ち取り、MFフアン・ロマン・リケルメとともに攻撃陣の主力となり、同年のコパ・リベルタドーレスで優勝を果たした。わずかな試合しか出場していないにもかかわらずバネガが途中交代する際にはスタンディングオベーションが贈られた[2]

バレンシアCF[編集]

バレンシアでプレイするバネガ

2008年1月5日、スペインのバレンシアCFと5年半の契約を結び、ボカ・ジュニアーズには移籍金1800万ユーロが支払われた[3]アトレティコ・マドリード戦の後半から途中出場してデビューを飾った[4]。2008-09シーズンはアトレティコ・マドリードにレンタル移籍し[5]UEFAチャンピオンズリーググループリーグのPSV戦でデビューした。しかし、アトレティコではレギュラーに定着できず、アウェーでのビジャレアル[6]アルメリア戦で退場処分を受けた。得点力・得点意識が低く、ボカ時代から無得点を継続していたが、2009年4月18日のヌマンシア戦にてプロ初得点を挙げた。

2009年夏にはプレミアリーグエヴァートンに移籍する寸前だったが[7]、労働許可証の取得の問題から実現しなかった。2009-10シーズンはバレンシアに復帰し、MFパブロ・アイマールやMFダビド・シルバなどのスター選手が着けていた背番号21を受け継ぐと、2009-10シーズン開幕戦のセビージャ戦で2アシストを決め、2010年1月のビジャレアル戦ではバレンシアでの初得点を決めた。

2014年1月31日、地元のニューウェルズ・オールドボーイズにレンタル移籍し、6年ぶりに母国復帰を果たした[8]

代表経歴[編集]

2007年にはU-20アルゼンチン代表としてカナダで開催されたFIFA U-20ワールドカップに出場し、FWセルヒオ・アグエロなどとともに優勝トロフィーを勝ち取った。バレンシアCFに移籍してすぐの2008年1月にはアルゼンチンA代表に招集され、2月6日のグアテマラとの親善試合でデビューした[9]。同年8月にはU-23アルゼンチン代表として北京オリンピックに出場し、アルゼンチンの金メダル獲得に貢献した。

2013年3月26日のワールドカップ予選ボリビア戦で同点弾となる代表初得点を挙げた。

エピソード[編集]

2012年2月19日、ガソリンスタンドで車を降りる際にサイドブレーキを引き忘れ、車を止めようとして脛骨腓骨を骨折し、全治6ヶ月の重傷を負った[10]

所属クラブ[編集]

スペインの旗 アトレティコ・マドリード 2008-2009 (loan)
アルゼンチンの旗 ニューウェルズ・オールドボーイズ 2014.1- (loan)

個人成績[編集]

クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
バレンシアCF
2007–08 12 0 2 0 0 0 14 0
通算 12 0 2 0 0 0 14 0
アトレティコ・マドリード
2008–09 24 1 0 0 3 0 27 1
通算 24 1 0 0 3 0 27 1
バレンシアCF
2009–10 28 2 2 0 7 0 37 2
2010–11 13 1 0 0 2 0 15 1
通算 41 3 2 0 9 0 52 3
通算 72 4 4 0 12 0 93 4

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
スペインの旗 バレンシアCF

代表[編集]

アルゼンチンの旗 U-20アルゼンチン代表
アルゼンチンの旗 U-23アルゼンチン代表

脚注[編集]

  1. ^ Gago me dijo que nunca me olvide de jugarOlé、2007年4月3日(スペイン語)
  2. ^ Boca, successo e standing ovation per BanegaTutto Mercato Web.com (イタリア語)
  3. ^ Valencia agree to sign Argentine midfielder Banega”. Reuters (2008年1月5日). 2011年1月25日閲覧。
  4. ^ Picard, Laurent (2008年1月14日). “Banega happier than ever”. Setanta Sports. 2011年1月25日閲覧。
  5. ^ Banega swaps Valencia for AtléticoUEFA.com、2008年8月28日
  6. ^ Atlético fight back to earn thrilling pointUEFA.com、2008年10月26日
  7. ^ Everton secure Banega work permitBBC Sport、2009年8月22日
  8. ^ バレンシア、ブラジルの若手FWとセンデロス獲得Goal、2014年2月1日
  9. ^ Goleada de la Selección Olímpica ante Guatemala en Los Angeles”. Asociación del Fútbol Argentino (2008年2月7日). 2008年2月7日閲覧。 (スペイン語)
  10. ^ バネガ、“うっかり”今季絶望Goal.com、2012年2月19日

外部リンク[編集]