マキシム・ゴナロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マキシム・ゴナロン Football pictogram.svg
Maxime Gonalons 2010.jpg
名前
ラテン文字 Maxime Gonalons
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1989年3月10日(25歳)
出身地 ヴェニシュー
身長 187cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 オリンピック・リヨン
ポジション MF / DF
背番号 21
利き足 右足
代表歴2
2007-2008
2009-
2011-
フランスの旗 フランス U-19
フランスの旗 フランス U-21
フランスの旗 フランス
7 (0)
2 (0)
6 (0)
2. 2012年11月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マキシム・ゴナロン(Maxime Gonalons, 1989年3月10日 - )は、フランスリヨン郊外のヴェニシュー出身のサッカー選手オリンピック・リヨン所属。ポジションはミッドフィールダー(センターハーフ)、DF(センターバック)。

経歴[編集]

2008年7月、ブドウ球菌に侵され脚部切断の危機に陥ったが、2009年の夏に治癒し、2009-10シーズンにオリンピック・リヨンとプロ契約を交わした。その年のUEFAチャンピオンズリーグ予備戦のRSCアンデルレヒト戦セカンドレグでプロデビューした。2009年9月12日のFCロリアン戦でリーグ戦デビューを飾った。9月29日、デブレツェニVSC戦で57分からピッチに入り、UEFAチャンピオンズリーグのグループ・リーグに初出場した。10月20日、UEFAチャンピオンズリーグ出場2戦目となったリヴァプールFC戦で初得点。43分に負傷退場したセンターバック、クリスの代役としてピッチに入り、ジェレミー・トゥラランと共にセンターラインを形成。72分にヘディングでゴールを決めた。リヨンは2-1で勝利し、ゴナロンはマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。[1]時を同じくして、フランス・エスポワール(ユース世代の代表)にも選出。

2010年1月25日、ゴナロンはリヨンとの契約を2014年まで延長した。

2011年11月11日の対アメリカ代表戦でA代表デビュー。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フランス・フットボール誌「ゴナロン、20歳、アンフィールドに生まれる」

外部リンク[編集]