アドナン・ヤヌザイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドナン・ヤヌザイ Football pictogram.svg
Adnan Januzaj (cropped).JPG
名前
本名 Adnan Januzaj[1]
カタカナ アドナン・ヤヌザイ
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
コソボの旗 コソボ
生年月日 1995年2月5日(19歳)
出身地 ベルギーの旗 ブリュッセル
身長 182cm[2]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
ポジション FW / MF
背番号 11
利き足 左足
ユース
2001-2005 ベルギーの旗 ブリュッセル
2005-2011 ベルギーの旗 アンデルレヒト
2011-2013 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 30 (4)
代表歴2
2014- ベルギーの旗 ベルギー 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年9月6日現在。
2. 2014年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アドナン・ヤヌザイAdnan Januzaj, 1995年2月5日 - )は、ベルギーブリュッセル出身のサッカー選手。ポジションはMFマンチェスター・ユナイテッドに所属している。

生い立ち[編集]

家族がコソボ系アルバニア人であるヤヌザイは、父親がユーゴスラビア人民軍からの勧誘を逃れるため1992年に移住したベルギーブリュッセルで生まれた[3]。父親はコソボイストクで6人兄弟の長男として育った[3]。叔父のヤヌズとシェムズディンはコソボ紛争コソボ共和国と戦ったコソボ解放軍のメンバーでり、母親の家族はユーゴスラビア当局のアルバニア人のナショナリズムを抑制するための政策の下、トルコに移送された[3]。しかし、2008年に独立して以降は、親族に会うため夏には定期的にコソボを訪れるようになった[3]

クラブ経歴[編集]

ヤヌザイのサッカー選手としてのキャリアはブリュッセルで始まったが、10歳だった2005年にアンデルレヒトに移った[4]。ブリュッセルで行われた技術講習で好印象を与えたヤヌザイは2011年、16歳の時にマンチェスター・ユナイテッドに加入することになった[5]

2012-13シーズン終盤、アレックス・ファーガソンはヤヌザイをトップチームに昇格させ、44番の背番号を与えた。出場機会は与えられなかったが、シーズン最終戦となったウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦ではベンチに入った[6]。そのシーズン、下部組織ではU-21の最優秀選手に選出される活躍を見せた[7]。2013-14シーズンはトップチームの一員としてアジアを訪問したプレシーズンツアーに帯同し、ツアー最後の試合をなった傑志戦でゴールを挙げた。リオ・ファーディナンドのテスティモニアルマッチとなったセビージャにも出場し、試合は1-3で敗れたが、チームの唯一のゴールをアシストした[8]。公式戦デビューとなったのは2013年8月11日に行われたFAコミュニティ・シールドウィガン・アスレティック戦であり、ロビン・ファン・ペルシと交代で出場した[9]プレミアリーグデビューはそれから1ヶ月後となり、9月14日に行われたクリスタルパレス戦にアシュリー・ヤングと交代で出場した[10]。10月3日に行われたサンダランド戦で初めてスターティングメンバーとして出場し、2-1で勝利したその試合で2ゴールを記録した[11]。現行の契約が2014年6月までとなっていたため、他クラブへ安価で移籍することもあり得たが、10月13日にクラブと新たに5年間の契約を結んだ[12]。ユナイテッドでは10試合に出場しただげであったが、12月3日にはBBCヤング・スポーツ・パーソナリティー・オブ・ザ・イヤーの候補にノミネートされた[13]

9月にUEFAチャンピオンズリーグのメンバーを登録した際にヤヌザイが漏れたため[14]、メディアには少なからず驚きを持って受け取られた[15]デイヴィッド・モイーズはチームの戦略上の決定であったと後に説明したが、ヤヌザイは2013-14シーズンのBリストへの登録規定(1992年1月以降に生まれ、最低2年以上クラブに所属していること)への規定を満たしておらず[15]、10月7日に規定を満たし登録が可能となったが、これはバイエル・レバークーゼン戦とシャフタール・ドネツク戦の2試合に起用できないことを意味していた[14]。しかし、起用が可能となったその後のレアル・ソシエダとレバークーゼンの2試合でも起用されることはなく、チャンピオンズリーグでのデビューは12月10日に行われたシャフタール戦までお預けとなった[16]

トップチームでの最初のシーズンが半ばを迎えると、ヤヌザイはダイブ癖を指摘されるようになった。最初にイエローカードを提示されたのは10月のサンダランド戦であり[17][18]、12月のウェストハム・ユナイテッド戦ではジェームズ・コリンズと接触がないにも関わらず倒れ、ダイブで2枚目のイエローカードを受けた[17]。2014年1月に行われたトッテナムホットスパー戦はシーズン3枚目のイエローカードを受け、2008年にプレミアリーグがシミュレーションにカードを提示するようになってから2番目に多くカードを提示された選手となった[17]。しかし、この試合でのダニー・ローズは初めからボールに向かう意思がなかったため、簡単に倒れすぎるという意見がある一方で、今回はイエローカードを受けるべきではなかったという意見もあった[19]。デイヴィッド・モイーズもヤヌザイのシミュレーションについて認めたが、ウイングの選手を危険なタックルから守るよう審判団たちに求めた[20][21][22][23][24]

代表経歴[編集]

コソボにルーツを持つ民族アルバニア人であるヤヌザイは、世代別の代表入りの経験はないが、ベルギー代表アルバニア代表コソボ代表など7か国の代表でプレーする選択肢を有している。また、国籍を持たない国の代表としてプレーする事に関するFIFAの規定に従って、イングランド居住歴が5年以上となる2018年以降にはイングランド代表としてもプレー出来る可能性も取り沙汰されていた。

しかし、2014年4月23日、ベルギー代表監督のマルク・ヴィルモッツが自らのTwitterにて「ヤヌザイがベルギー代表選手入りを選択した」ことをコメントした[25][26]

2014年5月ブラジルワールドカップベルギー代表のメンバーに初招集され、5月26日に行われたルクセンブルク代表との親善試合に出場するも[27]、ベルギーが規定を超える7人の選手交代を行ったため無効試合となった[28]。6月26日のワールドカップ一次リーグ最終戦となった対韓国代表戦で先発出場、後半15分にナセル・シャドリと交代でベンチに下がるまでプレーし、仕切り直しの形での代表デビュー戦となった[29]。これにより、ベルギー代表であることが確定し、残りの国の代表選出権を失った。

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

クラブ シーズン 背番号 リーグ カップ リーグ杯 ヨーロッパ その他[nb 1] 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
マンチェスター・ユナイテッドFC 2013–14 44 27 4 1 0 4 0 2 0 1 0 35 4
2014–15 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 3 2 0 0 1 0 0 0 1 0 5 2
総通算 3 2 0 0 1 0 0 0 1 0 5 2

タイトル[編集]

クラブ
イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ FAコミュニティ・シールドを含むその他の試合

出典[編集]

  1. ^ Barclays Premier League Squad Numbers 2013/14
  2. ^ Adnan Januzaj
  3. ^ a b c d Inside Adnan Januzaj's world: Owned by United, chased by England... the wonder boy whose parents escaped the Kosovo war to move to Belgium. Read his amazing story
  4. ^ Sky Sports Scout - Adnan Januzaj
  5. ^ Manchester United take steps to secure Adnan Januzaj on long-term contract after two-goal debut at Sunderland
  6. ^ West Brom 5-5 an Utd
  7. ^ Januzaj voted star man
  8. ^ Premier League - United crash to Sevilla on Ferdinand’s testimonial night
  9. ^ Man Utd 2-0 Wigan
  10. ^ Man Utd 2-0 Crystal Palace
  11. ^ Manchester United's Adnan Januzaj inspires comeback against Sunderland
  12. ^ Adnan Januzaj: Man Utd midfielder signs five-year deal
  13. ^ Young Sports Personality: Trio on 2013 BBC award shortlist
  14. ^ a b Januzaj joins up later
  15. ^ a b Januzaj available for Sociedad game
  16. ^ Van Persie benched for Shakhtar clash, Januzaj makes Champions League debut
  17. ^ a b c What's going on with Adnan Januzaj and his 'dive' bookings?
  18. ^ Manchester United teenager Adnan Januzaj rescued manager David Moyes from another hazardous situation as he inspired a vital victory at Sunderland.
  19. ^ Has Adnan Januzaj really dived more times in his career than Luis Suarez?
  20. ^ Moyes defends Januzaj after diving controversy
  21. ^ Januzaj needs protection
  22. ^ Boss protects Januzaj
  23. ^ Moyes speaks to Januzaj
  24. ^ Adnan tipped for greatness
  25. ^ J'ai reçu la confirmation Marc Wilmots Official Twitter 2014-4-23
  26. ^ ヤヌザイ、ベルギーを選択 代表監督が明かす スポーツニッポン 2014年4月24日閲覧
  27. ^ ベルギー5得点快勝 ルカクがハットトリック Goal 2014年5月27日閲覧
  28. ^ ベルギー 7人交代で勝利無効に…ヤヌザイのデビューもなし スポーツニッポン 2014年6月4日閲覧
  29. ^ ヤヌザイ初出場に歓喜「これ以上望むものない」後半途中までプレー スポーツニッポン 2014年6月27日閲覧

外部リンク[編集]