デポルティーボ・アラベス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デポルティーボ・アラベス
原語表記 Deportivo Alavés
愛称 El Glorioso(グロリオーソ、栄光)
クラブカラー 水色と白色
創設年 1921年
所属リーグ リーガ・エスパニョーラ
所属ディビジョン セグンダ・ディビシオン(2部)
ホームタウン ビトリア=ガステイス
ホームスタジアム エスタディオ・メンディソローサ
収容人数 19,900
代表者 スペインの旗 アベリーノ・フェルナンデス
監督 スペインの旗 アルベルト・ロペススペイン語版
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

デポルティーボ・アラベスDeportivo Alavés, [deporˈtiβo alaˈβes])は、スペインバスク自治州の州都ビトリア=ガステイスに本拠地を置くサッカークラブ。1921年に創設され、2013-14シーズンはリーガ・エスパニョーラセグンダ・ディビシオン(2部)に所属している。19,500人収容のエスタディオ・デ・メンディソローサをホームスタジアムとしている。青色と白色の縦縞のシャツ、青色のパンツ、白色のソックスを着用する。

歴史[編集]

創設から1980年代[編集]

1921年に創設され、8年後の1929年にリーガ・エスパニョーラ(全国選手権)が創設されるとセグンダ・ディビシオン(2部)の初代メンバーとなった。2シーズン目の1929-30シーズンにはセグンダ・ディビシオンで優勝し、プリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格。1930-31シーズンからの3シーズンをトップリーグで過ごした。その後はセグンダ・ディビシオンやテルセーラ・ディビシオン(当時3部相当)でプレーしていたが、1953-54シーズンのセグンダ・ディビシオンで優勝して24年ぶりにプリメーラ・ディビシオンに昇格した。1950年代後半からは再び2部以下のカテゴリーで過ごし、1970-71シーズンにはディビシオネス・レヒオナレス(当時4部相当、地域リーグ)落ちも経験したが、1970年代半ばからは9シーズン連続でセグンダ・ディビシオンに在籍した。

1990年代[編集]

1992-93シーズンと1993-94シーズンにはセグンダ・ディビシオンB(1977年創設、現3部相当)で2シーズン連続優勝し、1994-95シーズンには13シーズンぶりにセグンダ・ディビシオンに在籍すると、1997-98シーズンにはマネ監督の指揮下、セグンダ・ディビシオンで優勝して42年ぶりのトップリーグに返り咲いた。1995年には、子どものサポーターが使い古したおもちゃを持ち寄ってアフリカの子どもたちに寄贈するという「小さなサンタ計画」をスタートさせ、クラブ規模で児童支援を行っている[1]。1999-2000シーズンにはFCバルセロナに対してホーム&アウェーで2連勝し、シーズンを6位で終えてクラブ史上初の欧州カップ戦出場権を獲得した。

2000年代[編集]

ルーマニア代表コスミン・コントラオランダ代表ジョルディ・クライフを擁し、2000-01シーズンにはUEFAカップに初出場。1回戦でガズィアンテプスポル(トルコ)を、2回戦でリールストロムSK(ノルウェー)を、3回戦でローゼンボリBK(ノルウェー)を破ると、4回戦ではインテル(イタリア)と対戦し、敵地スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで勝利するなどして勝ち上がりを決めた。準々決勝ではラージョ・バジェカーノ(スペイン)との同国対決を制し、準決勝では1.FCカイザースラウテルン(ドイツ)に2試合合計9-1で圧勝した。決勝のリヴァプールFC(イングランド)戦は開始16分で2点を先行され、前半終了時にも1-3と劣勢だったが、ハビ・モレーノが後半早々に2得点を挙げて追いつくと、72分のロビー・ファウラーの得点で再び勝ち越されたが、試合終了間際の88分にジョルディ・クライフが4-4となる同点弾を決めて試合を延長に持ち込んだ。延長では残り5分までスコアが動かなかったが、116分にデルフィ・ヘリがゴールデンゴールとなるオウンゴールを喫して4-5で敗れた[2][3]。敗れはしたものの、この試合はUEFAカップ史上屈指の決勝に数えられている[4]。スペイン勢はベスト8に4クラブ(アラベス、FCバルセロナセルタ・デ・ビーゴ、ラージョ)が残り、中小クラブの躍進を印象付けた。そのシーズンのリーグ戦は10位で終えたが、2002-03シーズン終了後にセグンダ・ディビシオンに降格した。

2004年にアメリカ人のディミトリ・ピーターマンがクラブを買収して大型補強に乗り出し、2004-05シーズン終了後にプリメーラ・ディビシオンに再昇格したが、わずか1シーズンでセグンダ・ディビシオンに降格した。ピーターマン会長がクラブ資金を私的に流用していたことが発覚し、裁判沙汰になった。借金は2300万ユーロ(約30億円)を超え、2007年夏にはコンクルサル法(破産法)適用を申請した。2008-09シーズンは19位に終わり、セグンダ・ディビシオンBへ降格。4シーズンをセグンダ・ディビシオンBで過ごしたが、2012-13シーズンにセグンダ・ディビシオンBで優勝してセグンダ・ディビシオン復帰を決めた。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

1929–1930, 1953–1954, 1997–1998
1992-1993, 1993-1994, 1994-1995, 2012-2013
1940–1941, 1960–1961, 1964–1965, 1967–1968, 1973–1974, 1989–1990

成績[編集]

過去の成績[編集]

シーズン レベル ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1929 2 セグンダ 3位
1929–30 2 セグンダ 1位
1930–31 1 プリメーラ 8位
1931–32 1 プリメーラ 9位
1932–33 1 プリメーラ 10位
1933–34 2 セグンダ 10位
1939–40 2 セグンダ 8位
1940-41 3 テルセーラ 1位
1941–42 2 セグンダ 3位
1942–43 2 セグンダ 8位
1943-44 3 テルセーラ 2位
1944-45 3 テルセーラ 3位
1945-46 3 テルセーラ 5位
1946-47 3 テルセーラ 7位
1947-48 3 テルセーラ 10位
1948-49 3 テルセーラ 12位
1949-50 3 テルセーラ 10位
1950-51 3 テルセーラ 2位
シーズン レベル ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1951–52 2 セグンダ 9位
1952–53 2 セグンダ 4位
1953–54 2 セグンダ 1位
1954–55 1 プリメーラ 10位
1955–56 1 プリメーラ 14位
1956–57 2 セグンダ 5位
1957–58 2 セグンダ 7位
1958–59 2 セグンダ 13位
1959–60 2 セグンダ 13位
1960-61 3 テルセーラ 1位
1961–62 2 セグンダ 4位
1962–63 2 セグンダ 8位
1963–64 2 セグンダ 16位
1964-65 3 テルセーラ 1位
1965-66 3 テルセーラ 3位
1966-67 3 テルセーラ 7位
1967-68 3 テルセーラ 1位
1968–69 2 セグンダ 14位
シーズン レベル ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1969-70 3 テルセーラ 9位
1970-71 4 レヒオナレス 1位
1971-72 3 テルセーラ 7位
1972-73 3 テルセーラ 3位
1973-74 3 テルセーラ 1位
1974–75 2 セグンダ 16位
1975–76 2 セグンダ 15位
1976–77 2 セグンダ 8位
1977–78 2 セグンダ 11位
1978–79 2 セグンダ 9位
1979–80 2 セグンダ 9位
1980–81 2 セグンダ 8位
1981–82 2 セグンダ 17位
1982–83 2 セグンダ 17位
1983–84 3 セグンダB 3位
1984–85 3 セグンダB 3位
1985–86 3 セグンダB 5位
1986-87 4 テルセーラ 7位
1987-88 4 テルセーラ 8位
1988-89 4 テルセーラ 2位
1989-90 4 テルセーラ 1位
1990–91 3 セグンダB 2位
1991–92 3 セグンダB 4位
シーズン レベル ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1992–93 3 セグンダB 1位
1993–94 3 セグンダB 1位
1994–95 3 セグンダB 1位
1995–96 2 セグンダ 7位
1996–97 2 セグンダ 13位
1997–98 2 セグンダ 1位
1998–99 1 プリメーラ 16位
1999–00 1 プリメーラ 6位
2000–01 1 プリメーラ 10位
2001–02 1 プリメーラ 7位
2002–03 1 プリメーラ 19位
2003–04 2 セグンダ 4位
2004–05 2 セグンダ 3位
2005–06 1 プリメーラ 18位
2006–07 2 セグンダ 17位
2007–08 2 セグンダ 17位
2008–09 2 セグンダ 19位 2次予選敗退
2009–10 3 セグンダB 5位 1次予選敗退
2010–11 3 セグンダB 3位 1回戦敗退
2011–12 3 セグンダB 6位
2012–13 3 セグンダB 1位
2013–14 2 セグンダ

近年の成績[編集]

優勝 準優勝 昇格 降格
シーズン ディビジョン 順位 試合 得点 失点 勝ち点 国内カップ 欧州カップ 備考
1998–99 プリメーラ 16 38 11 7 20 36 63 40
1999–00 プリメーラ 6 38 17 10 11 41 37 61
2000–01 プリメーラ 10 38 14 7 17 58 59 49 UEFAカップ 準優勝
2001–02 プリメーラ 7 38 17 3 18 41 44 54
2002–03 プリメーラ 19 38 8 11 19 38 68 35 UEFAカップ 2回戦敗退 セグンダ降格
2003–04 セグンダ 4 42 20 14 8 48 32 74
2004–05 セグンダ 3 42 23 7 12 62 47 76 プリメーラ昇格
2005–06 プリメーラ 18 38 9 12 17 35 54 39 3回戦敗退 セグンダ降格
2006–07 セグンダ 17 42 13 13 16 51 60 52
2007–08 セグンダ 17 42 12 15 15 41 47 51
2008–09 セグンダ 19 42 11 10 21 42 64 43 2回戦敗退 セグンダB降格
2009-10 セグンダB 5 38 16 14 8 45 31 62
2010-11 セグンダB 3 38 18 12 8 63 43 66 セグンダ昇格プレーオフ2回戦敗退
2011-12 セグンダB 6 38 14 17 7 64 39 59
2012-13 セグンダB 1 38 25 7 6 57 22 82 昇格プレーオフの末にセグンダ昇格
2013-14 セグンダ

歴代監督[編集]


歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

傘下クラブ[編集]

デポルティーボ・アラベスB[編集]

デポルティーボ・アラベスBは1961年に創設され、テルセーラ・ディビシオン(4部相当)などに所属している。2,500人収容のエスタディオ・インスタラシオネス・デ・イバイアをホームスタジアムとしている。トップチームと同じく青色と白色の縦縞のシャツ、青色のパンツ、白色のソックスを着用する。

成績[編集]

シーズン レベル ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1961–79 5 レヒオナル
1979-80 4 テルセーラ 2位
1980-81 4 テルセーラ 10位
1981-82 4 テルセーラ 8位
1982-83 4 テルセーラ 20位
1983–94 5 レヒオナル
1994-95 4 テルセーラ 16位
1995-96 4 テルセーラ 6位
1996-97 4 テルセーラ 3位
1997-98 4 テルセーラ 7位
1998-99 4 テルセーラ 2位
1999–00 3 セグンダB 11位
2000–01 3 セグンダB 10位
シーズン レベル ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
2001–02 3 セグンダB 10位
2002–03 3 セグンダB 5位
2003–04 3 セグンダB 6位
2004–05 3 セグンダB 12位
2005–06 3 セグンダB 18位
2006–07 4 テルセーラ 10位
2007–08 4 テルセーラ 13位
2008–09 4 テルセーラ 19位
2009-10 5 レヒオナル・Pref 5位
2010-11 5 レヒオナル・Pref 2位
2011–12 4 テルセーラ 17位
2012–13 4 テルセーラ 14位

カリフォルニア・ビクトリー[編集]

2007年、アメリカのユナイテッドサッカーリーグ1部(北米2部相当)にカリフォルニア・ビクトリー英語版というクラブを立ち上げた。サンフランシスコケザー・スタジアム英語版をホームスタジアムとし、本家デポルティーボ・アラベスと同色のユニフォームを着用していたが、アラベスの経営陣交代によって支援が打ち切られ、同年後半にカリフォルニア・ビクトリーは解散した。

脚注[編集]

  1. ^ No.446 アラベスの小さなサンタ サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト、2003年1月29日
  2. ^ The greatest matches of all time The Daily Telegraph、2007年7月4日
  3. ^ UEFAカップ伝説の決勝をマカリスター氏が回顧 UEFA.com、2011年5月16日
  4. ^ 大会屈指の決勝を振り返るハマン UEFA.com、2009年5月18日

外部リンク[編集]