ファブリシオ・コロッチーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファブリシオ・コロッチーニ Football pictogram.svg
Fabricio Coloccini v Ipswich.jpg
名前
本名 Fabricio Coloccini
カタカナ ファブリシオ・コロッチーニ
ラテン文字 Fabricio COLOCCINI
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 1982年1月22日(33歳)
出身地 Template:Country alias Cordobaの旗コルドバ州コルドバ
身長 184cm
体重 83.7kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド
ポジション DF (CB)
背番号 2
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-1999
1999-2005.1
2000-2001
2001-2002
2002-2003
2003-2004
2005.1-2008
2008-
アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
イタリアの旗 ACミラン
アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ (loan)
スペインの旗 アラベス (loan)
スペインの旗 アトレティコ・マドリード (loan)
スペインの旗 ビジャレアル (loan)
スペインの旗 デポルティーボ
イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド
2 (1)
1 (0)
19 (3)
33 (6)
27 (0)
32 (1)
105 (5)
141 (4)
代表歴2
2003- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 34 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年5月13日現在。
2. 2010年8月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ファブリシオ・コロッチーニ(Fabricio Coloccini, 1982年1月22日 - )は、アルゼンチンコルドバ出身のサッカー選手プレミアリーグニューカッスル・ユナイテッドFC所属。アルゼンチン代表である。ポジションはディフェンダーイタリア系アルゼンチン人である。

来歴[編集]

クラブ[編集]

ボカ・ジュニアーズ[編集]

コルドバ出身であり、アルヘンティノス・ジュニアーズの下部組織に在籍していたが、その後ボカ・ジュニアーズの下部組織に移り、16歳だった1998年にボカ・ジュニアーズからトップチームデビューした。ボカ・ジュニアーズではわずか2試合しか出場していない。

ACミラン[編集]

1999年夏、イタリアACミランに移籍した。クラブ間の合意がなされないまま移籍が発表されたために議論を呼び起こし、国際サッカー連盟(FIFA)はACミランにボカ・ジュニアーズへの補償金の支払いを命じた。アルベルト・ザッケローニ監督は若手の起用に慎重であり、1999-2000シーズンはトップチームで1試合も出場機会がなかった。

母国とスペインでのレンタル生活

2000年夏には母国のCAサン・ロレンソにレンタル移籍し、クラウス-ラ2001で19試合に出場して3得点を挙げて優勝に手を貸した。2001年から2004年にはスペインの3つのクラブ、デポルティーボ・アラベスアトレティコ・マドリードビジャレアルCFにレンタル移籍し、常にレギュラーポジションを勝ち取った。アラベス時代の2001-02シーズンには33試合に出場し、ディフェンダーながら主にヘディングシュートで6得点を奪う活躍を見せた。

デポルティーボ・ラ・コルーニャ[編集]

2004年夏にACミランに復帰し、2004-05シーズンのリーグ戦1試合に出場したが、2005年1月31日にスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャと6年契約を結んだ[1]。デポルティーボ在籍期間中は絶対的なレギュラーであり、センターバック、右サイドバック、センターハーフと様々な守備的なポジションで起用された。2007-08シーズンはリーグ戦全試合に出場して4得点を挙げ、UEFAインタートトカップ出場権を獲得した。

ニューカッスル[編集]

2008年8月6日イングランドニューカッスル・ユナイテッドと5年契約を結んだ[2]。移籍金は1030万ポンド。契約から2日後、マンチェスター・ユナイテッドとの2008-09シーズン開幕戦(1-1)でいきなり先発出場してデビューし、90分間プレーして猛攻を防ぐ活躍を見せた。同じく新加入のセバスティアン・バソングとセンターバックのコンビを組むことが多く、2009年の1月まで全試合にフル出場を続けたが、大敗したリヴァプールFC戦(1-5)などのプレーは強く批判された。2月1日サンダーランドAFC戦で初めて先発を外れ、結局ニューカッスルはフットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部相当)降格となった。降格したにもかかわらずコロッチーニはクラブにとどまり、守備陣の頼みの綱であり続けた。スティーヴン・テイラーマイク・ウィリアムソンフィッツ・ホールタマシュ・カダルなど様々な選手とコンビを組み、リーグで最も堅固なディフェンスラインを築いたほか、カーディフ・シティFC戦(1-0)[3]ワトフォードFC戦のそれぞれでヘディングシュートによるゴールを決めている。フットボールリーグ・チャンピオンシップを制覇してプレミアリーグ昇格を決め、自身はPFA年間ベストイレブンに選ばれた。2010年10月16日、本拠地セント・ジェームズ・パークで行われたウィガン・アスレティックFC戦(2-2)では移籍後初めてキャプテンを任された。ロスタイム4分にプレミアリーグ初得点となる得点を決め、0-2の劣勢から追いついて勝ち点1を獲得した[4]

2011年1月22日、29歳の誕生日に行われたトッテナム・ホットスパーFC戦(1-1)ではストライカーのような得点を挙げ、ニューカッスルでの公式戦通算100試合出場に華を添えた。1月にはS・テイラーと短期間だけコンビを組んだが、その後はウィリアムソンとコンビを組んで4月まで好調を続けた。4月2日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦(4-1)ではディフェンダーでありながら走り込みやゲームメークなどで頻繁に前線に顔を出し、ペーター・レーヴェンクランズの得点をアシストした。アラン・パーデュー監督はコロッチーニを「トッププレーヤー」と称賛し、同時に「(攻撃的な役割を)続けてもらいたい」と要求したため、センターバックからの攻撃参加の機会が増えた[5]

2011年夏にケヴィン・ノーラン2部に降格したウェストハム・ユナイテッドFCに移籍したことにより、7月8日にニューカッスルの新キャプテンに就任した[6]2012年3月3日、クラブとの契約を2016年まで延長した[7]

代表[編集]

世代別代表[編集]

2001年6月、U-20アルゼンチン代表のキャプテンとして自国開催のFIFAワールドユース選手権に出場すると、グループステージで2得点を挙げる活躍を見せ、大会得点王となったハビエル・サビオラとともに同国を優勝に導いた。2004年にはU-23アルゼンチン代表としてアテネオリンピックに出場し、サビオラや得点王となったカルロス・テベスらとともに金メダルを獲得した。

A代表[編集]

2003年4月30日リビアとの親善試合でアルゼンチン代表デビューした。2005年にはFIFAコンフェデレーションズカップ2005に出場し、カメルーンとのグループリーグ初戦で得点した。2006年にはドイツで開催された2006 FIFAワールドカップに出場した。グループリーグのニュージーランド戦に途中出場し、準々決勝のドイツ戦に先発出場したが、ドイツにPK戦の末に敗れた。

所属クラブ[編集]

→ 2000-2001 アルゼンチンの旗 CAサン・ロレンソ (loan)
→ 2001-2002 スペインの旗 デポルティーボ・アラベス (loan)
→ 2002-2003 スペインの旗 アトレティコ・マドリード (loan)
→ 2003-2004 スペインの旗 ビジャレアルCF (loan)

タイトル[編集]

クラブ[編集]

  • ボカ・ジュニアーズ
プリメーラ・ディビシオン (2) : アペルトゥーラ1998、クラウスーラ1999
  • CAサン・ロレンソ
プリメーラ・ディビシオン (1) : クラウスーラ2001
  • ニューカッスル・ユナイテッドFC
フットボールリーグ・チャンピオンシップ (1): 2009-2010
テレサ・エレーラ杯 (1) : 2010

代表[編集]

  • U-20アルゼンチン代表
FIFAワールドユース選手権 優勝 : 2001
  • U-23アルゼンチン代表
夏季オリンピック 金メダル : 2008

個人[編集]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

2012年5月13日時点[8]
クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ カップ リーグ杯 南米 通算
1998–99 ボカ・ジュニアーズ プリメーラ 2 1 0 0 0 0 0 0 2 1
イタリア リーグ イタリア杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
1999–00 ACミラン セリエA 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
アルゼンチン リーグ カップ リーグ杯 南米 通算
2000–01 サン・ロレンソ プリメーラ 19 3 0 0 0 0 0 0 19 3
スペイン リーグ 国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2001–02 アラベス ラ・リーガ 33 6 0 0 0 0 0 0 33 6
2002–03 A・マドリード ラ・リーガ 27 0 0 0 0 0 0 0 27 0
2003–04 ビジャレアル ラ・リーガ 32 1 0 0 0 0 11 0 43 1
イタリア リーグ イタリア杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2004–05 ACミラン セリエA 1 0 0 0 0 0 1 0 2 0
スペイン リーグ 国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2004–05 デポルティーボ ラ・リーガ 15 1 0 0 0 0 0 0 15 1
2005–06 26 0 4 0 0 0 0 0 30 0
2006–07 26 0 2 0 0 0 0 0 28 0
2007–08 38 4 0 0 0 0 0 0 38 4
イングランド リーグ FAカップ FLカップ ヨーロッパ 通算
2008–09 ニューカッスル プレミア 34 0 2 0 2 0 0 0 38 0
2009–10 チャンピオンシップ 37 2 3 0 0 0 0 0 40 2
2010–11 プレミア 35 2 1 0 1 0 0 0 37 2
2011–12 プレミア 35 0 1 0 3 1 0 0 39 1
通算 アルゼンチン 21 4 0 0 0 0 0 0 21 4
イタリア 1 0 0 0 0 0 1 0 2 0
スペイン 197 12 6 0 0 0 11 0 214 12
イングランド 141 4 7 0 6 1 0 0 154 5
総通算 360 20 13 0 6 1 12 0 391 21

脚注[編集]

  1. ^ デポルティボはコロッチーニ獲得 UEFA.com、2005年1月31日
  2. ^ “Newcastle seal Coloccini transfer”. BBC Sport. (2008年8月15日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/n/newcastle_united/7546685.stm 2008年8月15日閲覧。 
  3. ^ Cardiff 0–1 Newcastle”. BBC Sport (2009年9月13日). 2009年9月13日閲覧。
  4. ^ Newcastle 2 - 2 Wigan”. BBC Sport (2010年10月16日). 2010年10月16日閲覧。
  5. ^ Fabricio Coloccini given licence to get forward chroniclelive.co.uk 、2010年1月1日
  6. ^ Coloccini named Magpies captain Sky Sports、2011年7月8日
  7. ^ ニューカッスル、中心選手2人が長期契約にサイン Goal.com、2012年3月3日
  8. ^ “Fabio Coloccini Career Stats”. Soccerbase. (2009年12月28日). http://www.soccerbase.com/players_details.sd?playerid=26276 2009年12月28日閲覧。 

外部リンク[編集]