APOELニコシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

APOELギリシャ語: Aθλητικός Ποδοσφαιρικός Όμιλος Eλλήνων Λευκωσίας, ラテン文字転写: Athlitikos Podosfairikos Omilos Ellinon Lefkosias、スポーツサッカークラブ・ギリシャ・ニコシア[1])は、キプロスニコシアスポーツクラブである。

APOELΑΠΟΕΛ)は、イギリスの植民地支配にあった1926年にサッカークラブPOELΠΟΕΛ)として創設され、1928年に陸上部門を加えてAPOELとなった[1]。サッカー部門は2010-11シーズン終了現在、キプロス国内リーグ21回とカップ19回の双方で最多優勝を誇る[1]。サッカーの他にも、バスケットボールバレーボール部門があり、多くのタイトルを獲得している[1]

サッカー[編集]

APOELニコシア
原語表記 Άθλητικός Ποδοσφαιρικός Όμιλος Ελλήνων Λευκωσίας
クラブカラー 黄と青
創設年 1926年
所属リーグ キプロス・ファーストディビジョン
ホームタウン ニコシア
ホームスタジアム GSPスタジアム
収容人数 23,404
代表者 キプロスの旗 フォイボス・エロトクリトー
監督 ギリシャの旗 ギオルゴス・ドニス
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史[編集]

1948年、クラブ内でギリシャ内戦への政治的立場を巡る対立が起こり、APOELを追放された左翼主義者達が後に最大のライバルとなるオモニア・ニコシアを創設した。

1963年、UEFAカップウィナーズカップ2回戦スポルティング・リスボン戦1stレグで1-16の大差で敗れ、欧州カップ戦最多得失点差という不名誉な記録を作った[2]

1960年代後半から1970年代前半にかけて、キプロスのリーグ優勝クラブは翌シーズンのギリシャリーグへと参加していたが、APOELは1973-74シーズンに13位となり、降格を免れた最初のキプロスクラブになった。

2009-10シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは予選2回戦から出場し、予選3回戦でFKパルチザン、プレーオフでFCコペンハーゲンを下して本戦グループリーグ進出を決めた。キプロスのクラブとしては前年度のアノルトシス・ファマグスタに次いで2度目の本戦進出である。予選3回戦・プレーオフともに1stレグで敗戦したが、2ndレグで逆転して勝ち抜いた。本戦グループリーグ開幕戦はアウェーでのアトレティコ・マドリード戦だったが、組織的な守備で完封して勝ち点1を持ち帰った[3]。第2節のチェルシーFC戦は18分にニコラ・アネルカに先制点を許すが、後半にはいくつかのチャンスを作った。しかし、決定力を欠き、勝ち点獲得はならなかった。第3節のFCポルト戦では22分に相手DFのオウンゴールで同大会クラブ初となる得点を決めたが、その後は不用意なミスから2失点し、28本のシュート(うち枠内シュートは11本)を浴びせられて敗れた。第4節のFCポルト戦はボール支配率が互角と健闘するも、84分にラダメル・ファルカオに個人技から決勝点を許し、0-1で敗れた。3位でのUEFAヨーロッパリーグ出場権をかけた争いとなったアトレティコ・マドリードとの一戦は5分に先制したが、62分にシモン・サブローザに同点ゴールを許して1-1で引き分けた。

2011-12シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは予選2回戦からの出場だった。予選2回戦、3回戦ともに無失点で勝ち抜き、プレーオフを2試合合計3-2で制し、本戦グループリーグに進出。第1節のFCゼニト・サンクトペテルブルク戦に2-1で勝利し、第2節のFCシャフタール・ドネツク戦を1-1で引き分けた。すると、そのまま勢いに乗り、グループリーグ首位を快走。第3節、第4節ではUEFAヨーロッパリーグの前年覇者であるFCポルト相手にアウェーで1-1の引き分けに持ち込み、ホームでは2-1で勝利した。第5節のFCゼニト・サンクトペテルブルク戦を0-0の引き分けで終えて、この時点でグループリーグ2位以内が確定。キプロスのクラブ初のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出という快挙を成し遂げた。

続く決勝トーナメントではフランスのリヨンと対戦、アウェーでは0-1で敗れたが、ホームで1-0となり、延長、PK戦を制して、キプロス勢として史上初のベスト8という快挙を成し遂げる。

タイトル[編集]

  • リーグ:23回
    • 1935-36, 1936-37, 1937-38, 1938-39, 1939-40, 1946-47, 1947-48, 1948-49, 1951-52, 1964-65, 1972-73, 1979-80, 1985-86, 1989-90, 1991-92, 1995-96, 2001-02, 2003-04, 2006-07, 2008-09, 2010-11, 2012-13, 2013-14
  • カップ:20回
    • 1937, 1941, 1947, 1951, 1963, 1968, 1969, 1973, 1976, 1978, 1979, 1984, 1993, 1995, 1996, 1997, 1999, 2006, 2008, 2014
  • スーパーカップ:13回
    • 1963, 1984, 1986, 1992, 1993, 1996, 1997, 2002, 2004, 2008, 2009, 2011, 2013

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン キプロス・カップ 欧州カップ / その他
リーグ 試合数 得点 失点 勝ち点 順位
1987-88 1部 30 22 3 5 66 23 47 2位 準決勝敗退
1988-89 1部 28 15 4 9 48 38 34 3位 準決勝敗退 UEFAカップ 1回戦敗退
1989-90 1部 26 18 5 3 45 19 41 1位 2回戦敗退
1990-91 1部 26 13 9 4 48 23 35 3位 1回戦敗退 キプロスFAシールド 準優勝
UEFAカップ 1回戦敗退
1991-92 1部 26 18 6 2 68 26 60 1位 準々決勝敗退
1992-93 1部 26 12 7 7 52 39 43 4位 優勝 キプロスFAシールド 優勝
UEFAチャンピオンズリーグ 1回戦敗退
1993-94 1部 26 17 5 4 64 25 56 3位 準決勝敗退 キプロスFAシールド 優勝
UEFAカップウィナーズカップ 1回戦敗退
1994-95 1部 33 13 7 13 43 43 46 5位 優勝
1995-96 1部 26 19 7 0 65 21 64 1位 優勝 キプロスFAシールド 準優勝
UEFAカップウィナーズカップ 1回戦敗退
1996-97 1部 26 12 4 10 57 43 40 5位 優勝 キプロスFAシールド 優勝
UEFAカップ 1回戦敗退
1997-98 1部 26 8 7 11 48 51 31 7位 準々決勝敗退 キプロスFAシールド 優勝
UEFAカップウィナーズカップ 1回戦敗退
1998-99 1部 26 19 2 5 70 29 59 3位 優勝
1999-2000 1部 26 14 4 8 58 31 46 3位 準優勝 キプロスFAシールド 準優勝
UEFAカップ 予選敗退
2000-01 1部 26 12 8 6 58 37 44 5位 準決勝敗退 UEFAカップ 1回戦敗退
2001-02 1部 26 18 5 3 66 22 59 1位 1回戦敗退
2002-03 1部 26 16 7 3 55 24 55 3位 準決勝敗退 キプロスFAシールド 優勝
UEFAチャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退
UEFAカップ 2回戦敗退
2003-04 1部 26 20 5 1 56 20 65 1位 準決勝敗退 UEFAカップ 1回戦敗退
2004-05 1部 26 17 7 2 56 21 58 2位 準決勝敗退 キプロスFAシールド 優勝
UEFAチャンピオンズリーグ 予選2回戦敗退
2005-06 1部 26 19 5 2 62 22 62 3rd 優勝 UEFAカップ 1回戦敗退
2006-07 1部 26 20 4 2 59 22 64 1位 準決勝敗退 キプロスFAシールド 準優勝
UEFAカップ 予選2回戦敗退
2007-08 1部 32 18 7 7 58 28 61 2位 優勝 キプロスFAシールド 準優勝
UEFAチャンピオンズリーグ 予選1回戦敗退
2008-09 1部 32 26 4 2 62 17 82 1位 準決勝敗退 LTVスーパーカップ 優勝
UEFAカップ 1回戦敗退
2009-10 1部 32 19 8 5 53 24 65 2位 準優勝 LTVスーパーカップ 優勝
UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ敗退
2010-11 1部 32 24 2 6 63 22 74 1位 2回戦敗退 UEFAヨーロッパリーグ プレーオフ敗退
2011-12 1部 32 20 6 6 46 19 66 2位 2回戦敗退 LTVスーパーカップ 優勝
UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝敗退
2012-13 1部 32 23 4 5 62 19 73 1位 2回戦敗退 UEFAヨーロッパリーグ プレーオフ敗退
2013-14 1部 36 25 6 5 80 25 81 1位 優勝 LTVスーパーカップ 優勝
UEFAチャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退
UEFAヨーロッパリーグ グループステージ敗退
2014-15 1部 スーパーカップ 準優勝
UEFAチャンピオンズリーグ

現所属メンバー[編集]

2014年7月23日現在
No. Pos. 選手名
3 ブラジルの旗 DF ジョアン・ギリェルメ
4 キプロスの旗 MF コスタキス・アルティマタス
6 ブラジルの旗 DF マルセロ・オリヴェイラ
7 クロアチアの旗 FW マリオ・ブディミール
8 ポルトガルの旗 MF ティアゴ・ゴメス
9 アイルランド共和国の旗 FW キリアン・シェリダン
10 キプロスの旗 MF コンスタンティノス・ハラランビディス副主将
11 キプロスの旗 MF ネクタリオス・アレクサンドルー
12 パラグアイの旗 MF アルド・アドルノ
15 キプロスの旗 DF マリオス・アントニアデス
16 ブラジルの旗 MF ヴィニシウス
17 キプロスの旗 MF マリノス・サティアス (Captain sports.svg)
18 チュニジアの旗 MF セリム・ベナシュール
19 キプロスの旗 DF マリオス・エリア
20 キプロスの旗 MF ピエロス・ソティリウー
21 ブラジルの旗 MF グスタヴォ・マンドゥーカ
No. Pos. 選手名
22 ギリシャの旗 GK ディオニシス・ヒオティス
23 ポルトガルの旗 FW エスマエル・ゴンザウヴェス
25 ブラジルの旗 MF クリスティアン
26 ポルトガルの旗 MF ヌーノ・モライス
27 スペインの旗 DF アリツ・ボルダ
28 ポルトガルの旗 DF マリオ・セルジオ
46 キプロスの旗 FW エフタティオス・アロネフティス
55 ポルトガルの旗 DF エウデル・カブラル
70 ブラジルの旗 FW セーザル・サンチン
77 キプロスの旗 MF アトス・ソロムー
78 スペインの旗 GK ウルコ・パルド
88 キプロスの旗 GK タソス・キッサス
95 キプロスの旗 MF クリストス・ジャマス
96 ギリシャの旗 GK コンスタンティノス・ヴァシレフスキー
-- ギリシャの旗 DF アナスタシオス・パパゾグロウ

歴代監督[編集]

歴代在籍選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

エンブレム[編集]

エンブレムは白地の盾に、左上に青と右下に黄色を配し、その間に青い文字でAΠΟΕΛと書かれている。その上に金色の星が2つあり、これはリーグ優勝数(星1つで10回)を示す。青はギリシアの、黄色は東ローマ帝国の国旗から取られている。なお、アウェーユニフォームの赤も東ローマ帝国国旗の色が由来。デザインは基本的にクラブ創設から変わっていないが、1970年代には背景が暗い黄色地だった時期もある[1]

バスケットボール[編集]

タイトル[編集]

  • リーグ:8回
    • 1976, 1979, 1981, 1995, 1996, 1998, 1999, 2002
  • カップ:11回
    • 1973, 1979, 1984, 1986, 1991, 1993, 1994, 1995, 1996, 2002, 2003
  • スーパーカップ:7回
    • 1972, 1976, 1986, 1994, 1995, 1996, 1998

バレーボール[編集]

タイトル[編集]

  • リーグ:7回
    • 1971, 1979, 1980, 1981, 1983, 1984, 1985
  • カップ:5回
    • 1979, 1981, 1982, 1984, 1985

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e エンブレムの世界 アポエル『サッカーマガジン』2012年4月3日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23881-4/3, 052頁。
  2. ^ uefa.com (2009年9月9日). “アノルトシスに倣いたいアポエル”. 2009年9月9日閲覧。
  3. ^ uefa.com (2009年9月15日). “アトレティコ、アポエルの堅守を崩せず”. 2009年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]