スタッド・ルイ・ドゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタッド・ルイ・ドゥ
Stadion von Monaco.jpg
施設情報
所在地 モナコフォンヴェイユ区
開場 1939 (初代)
1985年5月11日 (現在)
使用チーム、大会
ASモナコ
UEFAスーパーカップ
IAAFダイヤモンドリーグ
収容能力
18,500 (全個席)

スタッド・ルイ・ドゥStade Louis II)はモナコフォンヴェイユ区にある、サッカー陸上競技の競技施設である。モナコにある唯一のスタジアムでフランスリーグの強豪ASモナコのホームスタジアムである。モナコ大公ルイ2世にちなんで名づけられた。

右はスタジアムの遠景である。周辺のマンションと混ざり合って何処にスタジアムがあるのか分かり難いかもしれないが、外見がまるで普通のビルのようにしか見えないのもこのスタジアムの特徴である。ビルの屋上にスタジアムが乗っかっている、と言う表現が正しいかもしれない。スタジアムの下に当たるビルには、スポーツジム、体育館、プールがあり、更に地下は駐車場になっている。このスタジアムはモナコ唯一のスタジアムであると同時に、モナコ唯一のスポーツコンプレックスでもある。モナコの西端に位置し隣接するカステラン通りとポール通りを挟んだ対面はフランスとなる。

2005年IAAFワールドアスレチックファイナル開催時のスタッド・ルイ・ドゥ

現在のスタジアムは2代目で、同じ位置に1939年にモナコのホームスタジアムとして建設されたのが初代。1980年代に入ると施設の老朽化により改修が検討され始め、1985年に完成したのが、現在のルイ2世スタジアムである。1987年にスタッド・ルイ・ドゥを会場とする陸上競技大会・ヘラクレスが創設された。同年9月17日に第1回大会が行われて以来ヘラクレスは年に1度開催されている[1]。ヘラクレスは1998年から2002年まではIAAFゴールデンリーグの1大会として開催され、2003年から2005年の3年間はIAAFワールドアスレチックファイナルの舞台となった[2]。ヘラクレスは2010年以降IAAFダイヤモンドリーグの1大会として実施されている。

収容人数は18,500人で、これはモナコ国籍保有者(約32,000人)の半分程度に当たる。

脚注[編集]

  1. ^ LES GRANDES DATES DE L'ATHLETISME A MONACO de 1900 à 2008 Fédération Monégasque d’athlétisme. 2011年7月30日閲覧
  2. ^ Andras Szabo (2005-09-19). The 2005 World Athletics Final was the best ever – Monaco in numbers IAAF. 2011年7月30日閲覧

外部リンク[編集]