スタッド・ピエール=モーロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタッド・ピエール=モーロワ
Stade Pierre-Mauroy
Grand Stade Lille Métropole LOSC first match.JPG
施設情報
所在地 Villeneuve d'Ascq, France
起工 2009年
開場 2012年
所有者 リール都市共同体
グラウンド 天然芝
建設費 2億8200万ユーロ
旧称
グラン・スタッド・リール・メトロポール
Grand Stade Lille Métropole
使用チーム、大会
LilleLOSCリール・メトロポール(2012-)
デ杯決勝(2014年)
ユーロバスケット決勝(2015年)
UEFA EURO 2016
収容能力
50,186人

スタッド・ピエール=モーロワStade Pierre-Mauroy)は、フランスノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県ヴィルヌーヴ=ダスクリール都市共同体)にある多目的スタジアム。同地域に拠点を置くサッカーチーム、LOSCリール・メトロポールの新ホームスタジアムである。
2013年6月21日、リール・メトロポール都市共同体議会は、リールの元市長で、元首相であったピエール・モーロワ氏の死没(2013年6月7日)にちなみ、この政治家の名誉を讃え、スタジアム名の改称を決議した[1]。リール市民からは多くの反対があり、署名活動も行われるほど物議を醸したものの、結局決議の取り下げは果たされなかった。リールのサッカーファンの間では、今後も旧称が使われていくという。

概要[編集]

2009年に着工、2012年7月に完成。収容人数は最大50,186人。サッカーの他、ラグビーテニスなどのスポーツ、コンサートにも使用される。内部にはホテル、レストランも設置され、最終的な建築費は6億1800万ユーロ(うちスタジアムの費用として2億8200万ユーロ)。

歴史[編集]

LOSCはリール市内のグリモンプレ・ジョリを使用していたが、老朽化したため(結局2005年に改築を断念し2010年に取り壊し)、2004-2005シーズンからリーグでは暫定的にスタジアム・ノール・リール・メトロポールを使用していた。しかしながら、この仮スタジアムも手狭であり、欧州サッカー連盟(UEFA)の指定するスタジアム基準に達していないため、ヴィルヌーヴ=ダスクに新スタジアムを建設することになった。

2008年、開閉式屋根と移動方式のグラウンドを備えた5万人収納の多目的スタジアムが正式に採用され、翌年に着工。当初は2012年7月に完成予定であったが、実際には8月17日に行われたリーグ・アンの第2節にてこけら落としとなった。

UEFA EURO 2016の試合会場にも内定している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]