アレマニア・アーヘン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレマニア・アーヘン
原語表記 Aachener Turn und Sportverein
Alemannia 1900 e.V.
愛称 Kartoffelkäfer(potato beetles)
クラブカラー 黒と黄
創設年 1900年
所属リーグ レギオナルリーガ
所属ディビジョン 西部
ホームタウン アーヘン
ホームスタジアム ティフォリ
収容人数 32,960
代表者 ドイツの旗 アルフレート・ナッフツハイム
監督 ドイツの旗 ペーテル・ヒュバラ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

アレマニア・アーヘンAachener Turn und Sportverein Alemannia 1900 e.V.)は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州アーヘンに本拠地を置くサッカークラブ。

概要[編集]

1900年に創設されたFCアレマニア・アーヘンFC Alemannia Aachen)が現チームの起源となる。ブンデスリーガ発足後は、1968-69シーズンに準優勝を果たした。しかし、翌年に突然失速して2部リーグに降格してしまった。その後、リーグの制度変更があったものの、ほぼ20年間2部リーグに在籍した。1990年にさらに降格したが、1999年に2部へ復帰した。

国内のカップ戦(DFBポカール)では、3度の準優勝を果たしている。近年でも、2004年に、ブンデスリーガ2部のチームでありながら決勝戦に進出した。決勝でヴェルダー・ブレーメンに2対3で敗れたものの、この活躍はサポーターを大いに喜ばせることになった。

04-05シーズンはDFBポカール準優勝で得られたUEFAカップ出場資格を引っ提げ(優勝したヴェルダー・ブレーメンがUEFAチャンピオンズリーグの出場資格を既に得ていたため)2部所属のチームとして唯一UEFAカップのベスト32まで勝ち抜く快挙を成し遂げ、このシーズンでの1部復帰こそ逃したもののクラブが上昇気流に乗りつつあることを示した。そして05-06シーズン、4月16日に36年ぶりの1部復帰を決めた。

06-07シーズンはホーム・ティヴォリで昨シーズン王者バイエルン・ミュンヘンを撃破するなどの見せ場を作るも終盤に失速、17位に終わり目標の残留は叶わなかった。2007年6月、元ドイツ代表DFで前浦和レッズ監督のギド・ブッフバルトが監督に就任したが、成績が中位に甘んじた事等が経営陣の不興を買い、わずか半年で解任された。

その後2012-13シーズンに3部降格し、折からの不況の影響も重なり経営難となり2012年11月23日破産に追い込まれ、翌2013-14シーズンはレギオナルリーガ(4部)への降格処分となった。

チーム愛称の「Kartoffelkäfer」は昆虫コロラドハムシ(英名: Colorado potato beetle)のことで、ユニフォームの色がコロラドハムシと同じ黒と黄であることに由来する。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

なし

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

  • 2000-2001 ブンデスリーガ2部 10位
  • 2001-2002 ブンデスリーガ2部 14位
  • 2002-2003 ブンデスリーガ2部 6位
  • 2003-2004 ブンデスリーガ2部 6位
  • 2004-2005 ブンデスリーガ2部 6位
  • 2005-2006 ブンデスリーガ2部 2位 昇格
  • 2006-2007 ブンデスリーガ1部 17位 降格
  • 2007-2008 ブンデスリーガ2部 7位
  • 2008-2009 ブンデスリーガ2部 4位
  • 2009-2010 ブンデスリーガ2部 13位
  • 2010-2011 ブンデスリーガ2部 10位
  • 2011-2012 ブンデスリーガ2部 17位 降格
  • 2012-2013 ブンデスリーガ3部 18位 破産により降格処分

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

外部リンク[編集]