フアン・シルヴェイラ・ドス・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン Football pictogram.svg
Juan silveira dos santos.jpg
名前
カタカナ フアン・シウヴェイラ・ドス・サントス
ラテン文字 Juan Silveira dos Santos
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1979年2月1日(35歳)
出身地 リオデジャネイロ
身長 182cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 SCインテルナシオナル
ポジション CB, RSB
背番号 4
利き足 右足
代表歴2
2001- ブラジルの旗 ブラジル 81 (8)
2. 2010年6月28日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj
南アフリカW杯、チリ戦でのゴールシーン

フアン・シウヴェイラ・ドス・サントスJuan Silveira dos Santos, IPA: [xwɐ̃ siwˈvɛiɾɐ dusˈsɐ̃tus], 1979年2月1日 - )はブラジルリオデジャネイロ州リオ・デ・ジャネイロ出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー(センターバック)。ブラジル代表である。通称フアン(Juan)。名前 Juan はスペイン語で、ポルトガル語では Joãoと記しジョアンと読むのが通例だが、この選手の場合はフアンと読むのが適切。[要出典]

経歴[編集]

2007年夏、移籍金630万ユーロでASローマへ移籍した。2007-08シーズン、出場すれば素晴らしいパフォーマンスを披露し、フィリップ・メクセスとともにすばらしいディフェンスを構築した。しかしながら怪我が多く、復帰しては怪我を繰り返している。2008-09シーズンも終盤戦に長期欠場し、出場は21試合にとどまった。

2002 FIFAワールドカップ日韓大会南米予選ではクリスと共に活躍するも、本大会ではメンバーから漏れた。2006 FIFAワールドカップドイツ大会南米予選ではルシオやクリスと熾烈な定位置争いを演じ、本大会ではレギュラーとして出場。監督がドゥンガにかわってからも、セレソンではレギュラーを守っており、ドゥンガ監督からの信頼、評価は高い。2009年のコンフェデレーションズカップではルシオとコンビを組みグループリーグ3試合に出場したものの、第3戦のイタリア戦で肉離れを起こし離脱した[1]2010 FIFAワールドカップでもレギュラーとして出場し、決勝トーナメント1回戦のチリ戦ではコーナーキックから先制点を挙げた。

2012年7月、ローマとの契約を解除し、SCインテルナシオナルに移籍[2]

フィジカル勝負には課題が残るが、マークが固く、カバーリングにも優れている頭脳派のディフェンダー。バイヤー・レバークーゼンでのロッキ・ジュニオール、ブラジル代表でのルシオとのコンビには一日の長があった。

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

フラメンゴ
ローマ

代表[編集]

所属クラブ[編集]

出典・脚注[編集]