アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレックス Football pictogram.svg
Alex Rodrigo Dias da Costa.jpg
名前
本名 アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ
愛称 タンク
ラテン文字 ALEX Rodrigo Dias Da Costa
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1982年6月17日(31歳)
出身地 ニテロイ
身長 188cm
体重 92kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 パリ・サンジェルマン
ポジション DF
背番号 13
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004
2004-2012
2004-2007
2012-
ブラジルの旗 サントスFC
イングランドの旗 チェルシーFC
オランダの旗 PSVアイントホーフェン (loan)
フランスの旗 パリ・サンジェルマン
57 (12)
86 (7)
83 (11)
66 (6)
代表歴2
2004- ブラジルの旗 ブラジル 17 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年4月19日現在。
2. 2012年1月13日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタAlex Rodrigo Dias da Costa, 1982年6月17日 - )は、ブラジル出身のサッカー選手フランスリーグアンパリ・サンジェルマンFC所属。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

2002年サントスでデビュー。当時のサントスには現在ブラジル代表の中心メンバーであるジエゴエラーノロビーニョが在籍していた。2002-03シーズンはDFながら9得点を挙げる活躍を見せている。

2004年チェルシーに移籍したがプレミアリーグの就労条件をクリアできず、一度もプレーすることなくオランダPSVにレンタル移籍した。PSVでは守備の要だけでなく、攻撃の基点ともなりうる存在でチームの中心となり、リーグ3連覇とチャンピオンズリーグ上位進出に貢献している。2007年に就労ビザが発行され、晴れてチェルシーに復帰した。ただし、チェルシー加入後はジョン・テリーリカルド・カルヴァーリョに次ぐ3番手であり出場機会が減少。加入2年目には本人も移籍願望を口に出したため、冬の移籍が決定的かと思われたが、カルバーリョの長期離脱によりレギュラーを確保。残留し、シーズン終盤までスタメンとしてプレーした。しかし、2009-10シーズンはカルヴァーリョが復帰したため、再び控えに回った。

2011-12シーズンのアンドレ・ヴィラス・ボアス監督就任以降は出場機会が少なくなり、ニコラ・アネルカとともにトランスファーリクエストを提出。QPRユヴェントスなどが獲得に動いたが、2012年1月27日にチェルシー時代の恩師であるカルロ・アンチェロッティが率いるパリ・サンジェルマンに2年半の契約で移籍決定。移籍金は推定500万ユーロ(約5億円)。2月12日OGCニース戦でデビューし、2月20日モンペリエHSC戦で直接フリーキックを決め移籍後初ゴールを記録した。移籍後はCBのレギュラーに定着し、15試合に出場した。

ブラジル代表では2008年ドゥンガ監督就任後から重用されるようになった。

所属クラブ[編集]

オランダの旗 PSVアイントホーフェン 2004-2007 (loan)

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ブラジルの旗 サントスFC
オランダの旗 PSVアイントホーフェン
イングランドの旗 チェルシーFC
フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC

代表[編集]

外部リンク[編集]