ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルシオ Football pictogram.svg
Lúcio - Inter Mailand (4).jpg
名前
本名 ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ
Lucimar Da Silva Ferreira
愛称 ルシオ
ラテン文字 LUCIO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 1978年5月8日(36歳)
出身地 ブラジリア
身長 188cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 SEパルメイラス
ポジション DF
背番号 33
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2000
2000-2004
2004-2009
2009-2012
2012
2013
2014-
ブラジルの旗 インテルナシオナル
ドイツの旗 レバークーゼン
ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
イタリアの旗 インテル・ミラノ
イタリアの旗 ユヴェントス
ブラジルの旗 サンパウロ
ブラジルの旗 パルメイラス
51 (5)
92 (15)
144 (7)
96 (3)
1 (0)
10 (1)
代表歴2
2000-[1] ブラジルの旗 ブラジル 105 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月17日現在。
2. 2011年9月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラLucimar Da Silva Ferreira, 1978年5月8日 - )は、ブラジルブラジリア出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。通称ルシオ(Lúcio)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

SCインテルナシオナルで頭角を現し、2000年ドイツバイヤー・レバークーゼンへの移籍を果たす。その後の活躍は目覚しく、2001-02シーズンのチームの大躍進にもアグレッシブな守備や積極的な攻撃で大いに貢献する。レアル・マドリード相手に敗退し準優勝だったUEFAチャンピオンズリーグ決勝でも、ベルント・シュナイダーフリーキックから同点ゴールを決めている。レバークーゼンでは強烈なシュート力を活かし、直接ゴールを狙える長距離のフリーキックを任されることもあり、実際に得点を決めた事もある。

2002-03シーズン以降レバークーゼンは成績を落とし、ルシオには国内外のビッグクラブへの移籍話が尽きなかったが、2004年7月1日にドイツの名門バイエルン・ミュンヘンへ移籍した。バイエルンでは監督や戦術の変更が何度もあったが、レギュラーとしてDFラインを支え続けた。バイエルンでは副キャプテンを任され、時にはキャプテンマークを着けることもあった。2008-09シーズンの終盤には怪我人が出た影響から、右サイドバックで起用された[2]。バイエルンではブンデスリーガで145試合に出場し、2冠を3回達成した。2009年FIFAコンフェデレーションズカップを戦っている最中にバイエルンから突然戦力外通告を受け[3]7月16日イタリアインテルに3年契約で移籍した[4]

2012年7月4日、インテルとの契約を解消して最大のライバルであるユヴェントスFCに2年契約で移籍が決定した。しかし、出番に恵まれず、12月17日に契約解除し[5]、母国のサンパウロFCに移籍[6]

代表[編集]

2000年シドニーオリンピックに出場。日韓W杯予選時、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の戦術と噛み合わないとの批判も受けたが、結局は本大会までレギュラーを守った。本大会でも3バックの右としてラインを統率し、ブラジル5度目の優勝に大きく貢献した。準々決勝、イングランド戦では、エミール・ヘスキーからのロングボールをゴール前で対処ミスし、マイケル・オーウェンに先制点を献上したが、その後のプレーは素晴らしく、ブラジルが逆転した後も集中力は途切れなかった。決勝のドイツ戦では、相手をフェイントで交わしてシュートまで持ち込んだ。ドゥンガ監督に代表のキャプテンに指名され、FIFAコンフェデレーションズカップ2009決勝のアメリカ戦で決勝点を挙げるなど、優勝に貢献した。なお、ルシオは敬虔なクリスチャンとして知られ、このコンフェデレーションズカップには自費で神父を帯同させた[3]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

インテルでプレーするルシオ
クラブ
ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
イタリアの旗 インテル
イタリアの旗 ユヴェントス
代表

脚注[編集]

  1. ^ “Lucimar da Silva Ferreira "Lucio" - Century of International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/lucio-intl.html 
  2. ^ fcbayern.com (2009年5月14日). “ハインケス、チームスピリットを重視”. 2009年7月16日閲覧。
  3. ^ a b footballista、ソルメディア、2010年6月24日号、38-39頁
  4. ^ uefa.com (2009年7月16日). “ルシオがバイエルンからインテルへ”. 2009年7月16日閲覧。
  5. ^ Goal.com (2012年12月17日). “ルシオ、ユーヴェとの契約解消で合意”. 2012年12月17日閲覧。
  6. ^ Goal.com (2012年12月19日). “ルシオの新天地はサンパウロに”. 2012年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]