エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウレリョ・ゴメス Football pictogram.svg
Heurelho Gomes.jpg
名前
本名 エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメス
Heurelho da Silva Gomes
ラテン文字 Heurelho GOMES
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1981年2月15日(33歳)
出身地 ジョアン・ピニェイロ
身長 191cm
体重 88kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 トッテナム
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004
2004-2008
2008-
2013
ブラジルの旗 クルゼイロ
オランダの旗 PSV
イングランドの旗 トッテナム
ドイツの旗 ホッフェンハイム(loan)
59 (0)
128 (0)
95 (0)
9 (0)
代表歴2
2006- ブラジルの旗 ブラジル 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年5月12日現在。
2. 2011年10月14日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj
PSVでのリーグ優勝(2007-08)パレードの様子

エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメス(Heurelho da Silva Gomes, 1981年2月15日 - )は、ブラジルジョアン・ピニェイロ出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー

来歴[編集]

2002年にブラジルのクルゼイロECでプロキャリアをスタートさせた。ここでの活躍が認められ2004年オランダの名門・PSVアイントホーフェンへと移籍した。移籍後は不動の守護神として、リーグ4連覇やチャンピオンズリーグ(CL)でクラブ史上初となる決勝トーナメント進出などに貢献した[1]

2008年6月26日ポール・ロビンソンの後釜としてイングランドトッテナム・ホットスパーFCへ780万ポンドで移籍。2008-09シーズンは慣れないプレミアリーグで不安定なプレーを見せ、さらにファンから厳しい言葉を投げかけられたこともあったが、2009-10シーズンでは文字通り守護神として好セーブを連発し幾度となくトッテナムのCL出場権獲得に貢献した。

しかし2010-11シーズンは一転して凡ミスを繰り返し、CL出場権とハリー・レドナップ監督の信頼を失った。チャンピオンズリーグではベスト8に躍進したが、2011年4月13日の準々決勝レアル・マドリード戦の2ndレグでクリスティアーノ・ロナウドのシュートを後逸する痛恨のミスを犯してこれが決勝点となり1stレグの結果(0-4)もあわせて敗退した。さらに、4月30日にはCL出場権を争うロンドンのライバルチェルシーFC戦でフランク・ランパードのミドルを同じように後逸して失点し、1-2で敗れた。終盤戦は交通事故による大怪我から復帰したカルロ・クディチーニにポジションを明け渡した。

2011-12シーズンはアストン・ヴィラFCから移籍してきたブラッド・フリーデルに正GKの座を奪われた。さらに、第2GKにはクディチーニが起用されることが多く正GKから一転ベンチにすら入れない第3GKに降格し、シーズン終了までそれが続いた。さらに、2012-13シーズンになるとフランス代表主将でもあるウーゴ・ロリスが加入したため遂に戦力外同然の第4GKにまで転落した。

2013年1月31日ドイツTSG1899ホッフェンハイムへシーズン終了までの期限付きで移籍[2]。安定感に欠けたティム・ヴィーゼに変わりポジションを得たが、4月5日フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦でアンドレアス・ランベルツと接触した際に左手を骨折。そのままシーズン終了となってしまった[3]

代表歴[編集]

所属クラブ[編集]

ドイツの旗 TSG1899ホッフェンハイム (loan) 2013

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

トッテナムでプレーするゴメス


代表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2004-05シーズンはベスト4、2006-07シーズンはベスト8まで勝ち上がった
  2. ^ TSG holt Torhüter Heurelho Gomes von Tottenham Hotspurホッフェンハイム公式HP 2013年1月31日(2月1日閲覧)
  3. ^ 降格圏ホッフェンハイムに痛手、守護神ゴメスが左手骨折で今季絶望SOKKER KING 2013年4月9日

外部リンク[編集]