ダリオ・コンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダリオ・コンカ Football pictogram.svg
Conca.jpg
名前
本名 Darío Leonardo Conca
カタカナ ダリオ・レオナルド・コンカ
ラテン文字 Dario CONCA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1983年5月11日(31歳)
出身地 ブエノスアイレス州, ヘネラル・パチェコ
身長 167cm
体重 58kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 フルミネンセFC
ポジション MF
背番号 15
利き足 左足
ユース
1999–2000 CAティグレ
2000–2002 CAリーベル・プレート
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002–2008 アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート 3 (0)
2004–2006 チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ (Loan) 85 (16)
2006 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル (Loan) 14 (0)
2007 ブラジルの旗 CRヴァスコ・ダ・ガマ (Loan) [1] 30 (6)
2008 ブラジルの旗 フルミネンセFC (Loan) 30 (4)
2009–2011 ブラジルの旗 フルミネンセFC 81 (17)
2011–2013 中華人民共和国の旗 広州恒大 62 (30)
2014 ブラジルの旗 フルミネンセFC
代表歴
2002  アルゼンチン U-20 9 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年9月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダリオ・レオナルド・コンカDarío Leonardo Conca, 1983年5月11日 - )は、アルゼンチン出身のサッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダーカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAフルミネンセFC所属。

経歴[編集]

CAリーベル・プレート[編集]

プリメーラB・ナシオナルCAティグレの下部組織出身であり、15歳だった1999年にトップチームデビューした。その年の後半にCAリーベル・プレートに引き抜かれ、下部組織から順調にトップチームに昇格した。2003年11月23日のチャカリタ・ジュニアーズ戦で、チリ人のマヌエル・ペジェグリーニ監督が率いるトップチームでのデビューを飾った。2004年はレオナルド・アストラーダ (Leonardo Astrada) 監督の判断でチリのウニベルシダ・カトリカにレンタル移籍し、クラウスーラ2005でリーグ優勝して自身初タイトルを獲得した。2006年にはロサリオ・セントラルにレンタル移籍して印象的な活躍を見せ、2007年1月5日にはブラジルのCRヴァスコ・ダ・ガマにレンタル移籍した。1月14日のビジャ・リオECとの親善試合 (4-0) でデビューして初得点も挙げた。

フルミネンセFC[編集]

2008年にはブラジルのフルミネンセFCにレンタル移籍し、レナト・ガウショとともに中心選手のひとりとしてプレーした。同年のコパ・リベルタドーレスでは重要な役割を果たし、チアゴ・ネーヴィスチアゴ・シウヴァワシントンシセロ・サントス (Cícero Santos) らとともに決勝進出に貢献したが、決勝ではエクアドルのLDUキトに2-4で敗れ、初優勝はならなかった。LDUキト戦では12分に同点ゴールを決めている。

2009年、フルミネンセFCと3年契約を結んで完全移籍を果たし、2009年と2010年の2年連続でセリエA最優秀選手に選出された[2][3]。また、ウルグアイのエル・パイス紙によって南米最優秀選手の第15位とブラジルの最優秀選手に選ばれている。2010年にはセリエAで優勝し、フルミネンセFCとの契約を5年間延長した。

2014年、フルミネンセFCへ復帰

広州恒大[編集]

2011年7月2日、中国サッカー・スーパーリーグ広州恒大に移籍した。移籍金は中国史上最高額の1000万ユーロ[4][5]。報道された年俸は1040万ドル(約11億4000万円)であり、世界最高クラスの年俸額の選手となった[6]。7月14日の南昌衝源戦 (5-0) で移籍後初得点を挙げた。2011年シーズンは15試合に出場して9得点を挙げ、広州恒大のリーグ初優勝に貢献した。

タイトル[編集]

クラブ
チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ
ブラジルの旗 フルミネンセFC
中華人民共和国の旗 広州恒大

脚注[編集]

外部リンク[編集]