ジャウマ・フェイトサ・ジアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャウミーニャ Football pictogram.svg
名前
本名 ジャウマ・フェイトサ・ジアス
愛称 ジャウミーニャ
カタカナ ジャウミーニャ
ラテン文字 DJALMINHA
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1970年12月9日(43歳)
出身地 サンパウロ州, サントス
身長 178cm
体重 69kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1996-2002 ブラジルの旗 ブラジル 14 (5)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジャウミーニャ(Djalminha)ことジャウマ・フェイトサ・ジアス(Djalma Feitosa Dias、1970年12月9日 - )は、ブラジルサントス出身の元サッカー選手ブラジル代表であった。ポジションは攻撃的ミッドフィールダーフットサルの様なトリッキーなドリブルを得意とし、ヒールリフトを実戦で成功させた数少ない選手の一人。[要出典]

経歴[編集]

クラブ[編集]

父親のジャウマ・ディアス(Djalma Dias)もサッカー選手であった。ジャウミーニャというニックネームは小さなジャウマという意味である。地元にあるサントスFCの下部組織でプレーしていたが、その後リオデジャネイロにあるCRフラメンゴの下部組織に移ってプロデビューした。グアラニFC、日本の清水エスパルスSEパルメイラスでもプレーし、SEパルメイラスに在籍していた1996年にはリーグ最優秀選手賞であるボーラ・ジ・オーロを獲得した。

1997年7月、スペイン・リーガ・エスパニョーラデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。1997-98シーズンから1999-2000シーズンまでの3シーズンで87試合に出場して26得点を挙げ、1999-2000シーズンにはリーグ優勝を果たした。しかし、2000年にアトレティコ・マドリードからポジションが被るフアン・カルロス・バレロンが加入したために出場機会が減少し、2001-02シーズンにはコパ・デル・レイを制したが、リーグ戦では18試合の出場にとどまった。2002年5月には練習中にハビエル・イルレタ監督と揉め事を起こした[1]。これが引き金となり、2002-03シーズンはオーストリア・ブンデスリーガFKオーストリア・ウィーンにレンタル移籍した[2]。2003年夏にはデポルティーボに復帰したが、2003-04シーズンは11試合しか出場できなかった。2004年にはメキシコのクラブ・アメリカに短期間だけ在籍し、34歳で現役引退した。

代表[編集]

同時期のブラジル代表には同じ左利きの司令塔リバウドがおり、ジャウミーニャの出場機会は14試合にとどまった。1997年にはコパ・アメリカ1997に出場して優勝している。

現役引退後[編集]

現役引退後はインドアサッカー選手としてプレーしている。2006年にはインドアサッカーブラジル代表としてインドアサッカー・ワールドカップで優勝し、大会最優秀選手に輝いた。2008年にはデポルティーボ・ラ・コルーニャのインドアサッカーチームに加入し、サッカーチーム時代もチームメイトであったドナトフランヌールッディーン・ナイベトジャック・ソンゴォなどとともにプレーした[3]

所属クラブ[編集]

1994.9-1994.12 →日本の旗 清水エスパルスレンタル移籍
2002-2003 →オーストリアの旗 FKオーストリア・ウィーンレンタル移籍

タイトル[編集]

サッカー[編集]

クラブ[編集]

  • ブラジルの旗 CRフラメンゴ
コパ・ド・ブラジル: 1990
リオデジャネイロ州選手権: 1991
ブラジル全国選手権: 1992
  • ブラジルの旗 SEパルメイラス
サンパウロ州選手権: 1996
  • スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ
リーガ・エスパニョーラ: 1999–2000
コパ・デル・レイ: 2001–02
スーペルコパ・デ・エスパーニャ: 2000, 2002
  • オーストリアの旗 FKオーストリア・ウィーン
ブンデスリーガ: 2002–03

代表[編集]

  • ブラジルの旗 ブラジル代表
コパ・アメリカ : 1997

個人[編集]

  • ブラジルの旗 SEパルメイラス
ボーラ・ジ・オーロ (1) : 1996

インドアサッカー[編集]

クラブ[編集]

  • スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ
スペイン・インドアサッカーリーグ : 2007–08
スペイン・インドアサッカーカップ : 2007–08
  • ブラジルの旗 CRフラメンゴ
ブラジル・インドアサッカーリーグ : 2009[4]

代表[編集]

  • ブラジルの旗 ブラジル代表
インドアサッカー・ワールドカップ : 2006

個人[編集]

  • インドアサッカー・ワールドカップ 最優秀選手: 2006
  • ブラジル・インドアサッカーリーグ 得点王 : 2009[4]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1990 CRフラメンゴ 10 1
1991 CRフラメンゴ 4 1
1992 CRフラメンゴ 7 0
1993 グアラニFC 32 10
1994 グアラニFC 30 21
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1994 清水エスパルス - J 11 4
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1995 グアラニFC 41 17
1996 SEパルメイラス 48 15
1997 SEパルメイラス 28 12
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
1997-98 デポルティーボ プリメーラ 26 8
1998-99 デポルティーボ プリメーラ 30 8
1999-00 デポルティーボ プリメーラ 31 10
2000-01 デポルティーボ プリメーラ 21 9
2001-02 デポルティーボ プリメーラ 18 1
オーストリア リーグ戦 リーグ杯 オーストリア杯 期間通算
2002-03 オーストリア・ウィーン ブンデス 9 2
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2003-04 デポルティーボ プリメーラ 11 2
メキシコ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2004-05 クラブ・アメリカ プリメーラ 5 1
通算 ブラジル
日本 J 11 4
スペイン プリメーラ
オーストリア ブンデス
メキシコ プリメーラ
総通算

代表での年別出場試合数[編集]

[5]


ブラジル代表 国際Aマッチ
出場 得点
1996 3 1
1997 7 3
1998 0 0
1999 0 0
2000 2 0
2001 0 0
2002 2 1
通算 14 5

脚注[編集]

  1. ^ Djalminha da un cabezazo a Irureta y se gana el despido El mundo、2002年5月2日(スペイン語)
  2. ^ Wien capture Brazilian duo”. Uefa.com (2002年8月31日). 2011年6月7日閲覧。
  3. ^ Real Madrid and Deportivo draw 14–14 in a match decided in the last minute Liga Futbol Indoor.es(スペイン語)
  4. ^ a b Djalma y Emerson, campeones de Brasil de fútbol indoor (Djalma and Emerson, Brazilian Indoor soccer champions) (スペイン語)
  5. ^ Player Djalminha”. National Football Teams. 2011年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]