パブロ・ギニャス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パブロ・ギニャス Football pictogram.svg
Treino inter.jpg
名前
本名 パブロ・オラシオ・ギニャス
Pablo Horacio Guiñazú
愛称 El Negro
ラテン文字 Pablo Guiñazú
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1978年8月26日(35歳)
出身地 アルゼンチンの旗 コルドバ州ヘネラル・カブレラ
身長 191cm
体重 88kg
選手情報
在籍チーム パラグアイの旗 クラブ・リベルタ
ポジション MF
背番号 5
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2000
2000-2001
2001-2003
2003
2004
2004-2007
2007-2012
2013-
アルゼンチンの旗 ニューウェルズ・オールドボーイズ
イタリアの旗 ペルージャ
アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
アルゼンチンの旗 ニューウェルズ・オールドボーイズ
ロシアの旗 サトゥルン・ラメンスコーエ
パラグアイの旗 リベルタ
ブラジルの旗 インテルナシオナル
パラグアイの旗 リベルタ
119 (5)
14 (0)
55 (0)
19 (0)
24 (1)
73 (2)
161 (1)
0 (0)
代表歴2
2003- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 14 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年1月15日現在。
2. 2012年1月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パブロ・オラシオ・ギニャスPablo Horacio Guiñazú, 1978年8月26日- )は、アルゼンチンコルドバ州ヘネラル・カブレラスペイン語版出身の同国代表サッカー選手

経歴[編集]

ニューウェルズ・オールドボーイズでプロキャリアを始め、イタリアペルージャ・カルチョに移籍するまでの間に100試合以上に出場した。2001年、アルゼンチンへ戻りCAインデペンディエンテと契約し、2002アペルトゥーラ優勝に貢献した。2004年、古巣のニューウェルズ・オールドボーイズを経てロシアサトゥルン・ラメンスコーエに移籍。サトゥルンで1シーズン過ごした後、パラグアイクラブ・リベルタと契約するために南米に戻り、2006年にリーグ優勝をした。

2007年、ブラジルSCインテルナシオナルに入団。インテルナシオナルでは5年の間にレギュラーとしてコパ・リベルタドーレスを始め数々のタイトル獲得に貢献。2009年にプレミオ・クラッキ・ド・ブラジレイロンボーラ・ジ・プラッタのベストイレブンに選ばれ、さらに2011年はスーペルクラシコ・デ・ラス・アメリカスに向けアルゼンチン代表アレハンドロ・サベージャ監督から約8年ぶりに招集され、34歳という年齢もあって驚きをもって伝えられた[1][2]。この充実した時を過ごしている状況にギニャスは体は34だが、頭はまだ23だと語った[3]

2013年1月4日、個人的な理由や家族の問題から契約を終了し、リベルタに復帰した[4]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ
アルゼンチンの旗 CAインデペンディエンテ
パラグアイの旗 クラブ・リベルタ
ブラジルの旗 SCインテルナシオナル
個人

脚注[編集]

  1. ^ "Matías Rodríguez y Pablo Guiñazú, las sorpresas argentinas de Sabella"
  2. ^ "Argentina: Pablo Guiñazú o el premio a la paciencia"
  3. ^ "Aos 34 anos, Guiñazu não pensa em parar: “Tenho cabeça de 23”"
  4. ^ "Guiñazu pede rescisão de contrato e deixa o Inter para voltar ao Libertad"

外部リンク[編集]