ジェオヴァニ・ファリア・ダ・シウヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェオヴァニ Football pictogram.svg
名前
本名 ジェオヴァニ・ファリア・ダ・シウヴァ
ポルトガル語 Geovani Faria da Silva
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1964年4月6日(50歳)
出身地 エスピリトサント州 ヴィトーリア
身長 172cm
体重 68kg
選手情報
ポジション ミッドフィルダー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1983
1983-1989
1989-1991
1991
1992-1993
1993-1994
1995-1996
1997
1998
1999
2000
2001
2001-2002
デスポルチーバ・カピシャーバ
CRヴァスコ・ダ・ガマ
ボローニャ
カールスルーエ
CRヴァスコ・ダ・ガマ
ティグレス
CRヴァスコ・ダ・ガマ
デスポルチーバ・カピシャーバ
リニャレス
セラ
デスポルチーバ・カピシャーバ
リオ・ブランコ
チュピ
代表歴
1985-1991 ブラジルの旗 ブラジル 23 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェオヴァニ・ファリア・ダ・シウヴァ(Geovani Faria da Silva1964年4月6日 - )はブラジルエスピリトサント州 ヴィトーリア出身の元同国代表サッカー選手である。単にジェオヴァニ又は、ジェオヴァニ・シウヴァと呼ばれる。現在はエスピリトサント州州議会議員を務める。

略歴[編集]

1981年、16歳でデスポルチーバ・カピシャーバからキャリアを始めたジェオヴァニは、1983年に移籍したヴァスコ・ダ・ガマロマーリオロベルト・ディナミッチらと共にプレー、頭角を現す。

同年、メキシコで開催されたワールドユース選手権に出場。決勝で宿敵アルゼンチンを下すゴールを決めるなど優勝に貢献、MVPと得点王をダブル受賞した。

主将としてチームを牽引した1988年ソウルオリンピックでは銀メダルを獲得した。また、1989年にはコパ・アメリカに優勝するなど、1985年5月から1991年9月まで通算23試合に出場したが、ワールドカップメンバーには選ばれなかった。

1989年からの2年間はヨーロッパに渡りイタリアドイツでもプレーしている。その後はブラジルに帰還、キャリアの晩年、2部、3部のクラブでもプレーし2002年に現役引退した。

2006年に地元エスピリトサント州州議会議員に当選。

2008年2月17日にブラジルのグロボテレビでジェオヴァニの足跡を振り返るスペシャルプログラムが放送された。そのインタビューで2006年に発症した多発性神経炎(Polyneuropathy)についても、「杖の助けは必要だが、順調に回復している。」と語った。友人のロマーリオ、ロベルト・ディナミッチ、エジムンドといったヴァスコの同僚たちも「早い回復を願っている」といったメッセージを送っている。

タイトル[編集]

  • ソウルオリンピック : 銀メダル
  • FIFAワールドユース選手権 : 優勝、MVP、得点王
  • リオデジャネイロ州リーグ(Campeonato Carioca) : 1983、1987、1988、1992、1993
  • エスピリトサント州リーグ(Campeonato Capixaba) : 1981、1998、1999、2000

外部リンク[編集]

FIFA.com – Player Statistics (英語)