クラウディオ・タファレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラウディオ・タファレル Football pictogram.svg
ClaudioTaffarel.JPG
名前
本名 クラウディオ・アンドレ・メルゲン・タファレル
ラテン文字 Cláudio André Mergen TAFFAREL
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1966年5月8日(48歳)
出身地 サンタロサ
身長 182cm
体重 80kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1990 ブラジルの旗 インテルナシオナウ 252 (0)
1990-1993 イタリアの旗 パルマ 79 (0)
1993-1994 イタリアの旗 レッジャーナ 31 (0)
1995-1998 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 191 (0)
1998-2001 トルコの旗 ガラタサライ 129 (0)
2001-2003 イタリアの旗 パルマ 8 (0)
代表歴2
1988-1998[1] ブラジルの旗 ブラジル 104 (0)
監督歴
2004-2005 トルコの旗 ガラタサライ (ゴールキーパーコーチ)
2011- トルコの旗 ガラタサライ (ゴールキーパーコーチ)
2014- ブラジルの旗 ブラジル (ゴールキーパーコーチ)
2014- トルコの旗 ガラタサライ (暫定)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月21日現在。
2. 2014年11月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
オリンピック
男子 サッカー
1988 サッカー競技

クラウディオ・タファレルCláudio André Mergen Taffarel1966年5月8日 - )は、ブラジル・サンタロサ出身の元サッカー選手。現役時のポジションはGKブラジル代表GKとして最多出場記録を持つ。

経歴[編集]

1984年SCインテルナシオナルでデビュー。1988年7月7日オーストラリア戦で代表デビューを果たすと、1990年イタリアW杯でベスト16に終わったものの活躍を見せ、パルマへ移籍。イタリアでプレーする初のブラジル人ゴールキーパーだった[2]。当時ブラジル人ゴールキーパーで欧州で活躍する選手はなく、キーパーが欧州で活躍するのは無理だという説を覆した。コッパ・イタリアなどのタイトル獲得に貢献した。

その後1993年から2シーズンをACレッジャーナでプレー。翌年にはアトレチコ・ミネイロへ移籍したが、1998年にはガラタサライSKへ移籍。代表からしばらく遠ざかっていたがトルコでの活躍を買われ、同年のフランスW杯では出場を果たし、準優勝に貢献した。

1994年アメリカW杯ではPK戦にもつれこんだイタリアとの決勝戦を制して優勝した。決勝戦から1年後の同日に行われたコパ・アメリカの準々決勝・アルゼンチン戦でもPK戦に勝利した。1998年フランスW杯でも準決勝のオランダ戦ではPKを止め、勝利に貢献した。

2001年にはパルマへ復帰。2003年に現役を引退。ワールドカップ通算18試合出場はゴールキーパーとしての出場最多記録である。

現役引退後は古巣ガラタサライのゴールキーパーコーチに就任。2014年11月、チェーザレ・プランデッリの解任を受け、ガラタサライの暫定監督に就任した[3]


選手経歴[編集]

関連項目[編集]

  • ガルヴァオン・ブエノ - ブラジルの有名なスポーツ実況アナウンサー。1994年と1998年のワールドカップに際して、ブラジルゴールが脅かされそうになった局面で“Sai que é sua, Taffarel!”「(ゴールから)出ろ、お前の(ボール)だぞ、タファレル!」という台詞を決まり文句にしていた。

脚注[編集]