カハ・カラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カハ・カラーゼ Football pictogram.svg
Kakhaber Kaladze.jpg
名前
本名 カハベル・カラーゼ
愛称 カラ
ラテン文字 Kakha Kaladze
グルジア語 კახაბერ კალაძე
基本情報
国籍 グルジアの旗 グルジア
生年月日 1978年2月27日(36歳)
出身地 サムトレディア
身長 186cm
体重 76kg
選手情報
ポジション DF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1998
1998-2000.12
2001.1-2010
2010-2012
グルジアの旗 ディナモ・トビリシ
ウクライナの旗 ディナモ・キエフ
イタリアの旗 ACミラン
イタリアの旗 ジェノアCFC
82 (1)
63 (6)
194 (12)
53 (1)
代表歴2
1996-2011 グルジアの旗 グルジア 84 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年5月13日現在。
2. 2011年10月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カハベル・カラーゼKakhaber "Kakha" Kaladzeკახაბერ კალაძე1978年2月27日 - )は、グルジアサムトレディア出身の元同国代表サッカー選手、政治家。サッカーでのポジションはDF

経歴[編集]

サッカー選手として[編集]

11歳の時に父カルロのチームLokomotiv Samtrediaに入団。当初のポジションはFWだった。1993年に独立したばかりのグルジアディナモ・トビリシに入団、1994年にプロデビュー。次第に頭角を現し、1997年にウクライナの強豪クラブであるディナモ・キエフへ移籍。アンドレイ・シェフチェンコらとともにUEFAチャンピオンズリーグでの躍進に貢献する。ディナモ・トビリシディナモ・キエフ在籍中は全てリーグ優勝。

その後、2001年1月10日にグルジア国籍をもつ選手としては初めてセリエAACミランへ移籍。'05-'06シーズンまで再びシェフチェンコとともにプレーした。

2010年8月31日ジェノアCFCに移籍。

祖国グルジアでは最優秀選手賞を5回受賞。同国では最高記録である。

2008年12月2日にグルジア人モデルAnuka Areshidze(Anuki)とミラノで結婚。

グルジア代表には1996年3月27日の親善試合・キプロス戦でデビューし、11年後の2007年2月6日ラトビア戦で代表初ゴールを記録。50試合でのキャプテンを務めた。2009年9月5日イタリア戦では、自身の2つのオウンゴールにより2-0で敗北するという失態を犯した。2011年12月12日に代表引退を表明した。

2012年5月12日、現役引退を表明。

政治家として[編集]

サッカー選手引退後は母国グルジアで政治家に転身し[1]、議会選挙に小選挙区より当選。所属政党「グルジアの夢」も同選挙で勝利し、同年10月8日、次期首相就任が確実なビジナ・イヴァニシヴィリ党首より次期内閣における副首相に指名された[2]

弟誘拐事件[編集]

2001年に実の弟で医大生のレバン・カラーゼが心臓病の治療を受けていたトビリシの病院前で誘拐されるという事件が発生。カハ・カラーゼ自身もウインター・ブレイクを利用して調査するも発見には至らなかった。2005年に白骨死体となって発見という報道がなされたがDNA鑑定の結果から別人と判明した。2006年1月7日に無縁墓地で発見された遺体のDNA鑑定の結果、レバンと判明し、2月17日に政府より発表された。 その状況の中、2月18日のカリアリ・カルチョ戦、2月21日CLバイエルン・ミュンヘン戦(アウェイ戦)に出場し、チームに貢献した。試合後、試合が行われたミュンヘンからベルルスコーニ会長のプライベートジェット機にて、レバンの葬儀の為にグルジアに帰国。 犯人は4人組の男で既に逮捕されている。カラーゼはグルジア政府、警察の対応の悪さに落胆し、同国代表でのプレーを拒否。ウクライナ代表でプレーする特例をFIFAに求めたことがある。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Goal.com (2012年5月13日). “カラーゼが引退表明、政治家を目指す”. 2012年7月15日閲覧。
  2. ^ “元ACミラン選手を副首相に=次期内閣を発表-グルジア野党”. 時事通信. (2012年10月8日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012100800384 2012年10月8日閲覧。