ミーディン国立競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミーディン国立競技場
Khán đài B - Sân vận động Quốc gia Mỹ Đình.jpg
施設情報
所在地 ベトナムの旗 ハノイ
起工 2002年
開場 2003年
所有者 ベトナム政府
運用者 ベトナムサッカー連盟
建設費 5300万米ドル
使用チーム、大会
サッカーベトナム代表
東南アジア競技大会(2003年)
AFCアジアカップ2007
収容能力
40,000

ミーディン国立競技場ベトナム語: Sân vận động Quốc gia Mỹ Đình)は、ベトナムハノイのリム地区にある競技場。

概要[編集]

2003年9月に開催された東南アジア競技大会に合わせて建設された。こけら落としはU-23ベトナム代表VS上海申花(中国)。サッカーベトナム代表の主要スタジアムになっている[1]。2007年に行われたAFCアジアカップの会場の一つ。2009年アジアインドアゲームズのメイン会場にもなった。国立スポーツコンプレックスの中心的施設で、ベトナムにおける最大規模のスポーツ競技場である。収容人数は40,192人。

脚注[編集]

  1. ^ Sân vận động quốc gia Mỹ Đình sẵn sàng phục vụ SEA Games” (Vietnamese). Tuổi Trẻ online (2003年9月2日). 2012年1月13日閲覧。

座標: 北緯21度1分14秒 東経105度45分49.7秒 / 北緯21.02056度 東経105.763806度 / 21.02056; 105.763806