アンジュヴィオレ広島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンジュヴィオレ広島
愛称 アンジュ
クラブカラー     
創設年 2012年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン チャレンジリーグ
ホームタウン 広島県広島市
運営法人 NPO法人 広島横川スポーツ・カルチャークラブ
代表者 岸田文雄
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

アンジュヴィオレ広島(アンジュヴィオレひろしま、ANGE VIOLET HIROSHIMA[注 1])は、広島県広島市をホームタウンとする女子サッカーチームである。

概要[編集]

地域発展の為に広島市西区横川地区三篠地区の有志を中心として設立した[1]特定非営利活動法人(NPO法人)「広島横川スポーツ・カルチャークラブ」が、広島県初の日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)加入を目指して2012年1月に設立した女子サッカーチームで、同法人により運営されている。チーム名は公募によるもので、フランス語天使を意味する"ange"[注 2]と、チームカラーでもあるを意味する"violet"[注 3]を組み合わせた"ANGE VIOLET"(アンジュヴィオレ)とした[1]

設立の経緯から横川地区・三篠地区との関わりが深く、屋外練習は主に三篠小学校中広中学校で行っているほか、アカデミー(下部組織)を三篠学区子ども会育成協議会等との共催によるサッカースクール (U-18、U-15、U-12)という形で設置している[2]

沿革[編集]

前史[編集]

2010年6月、広島市西区横川において、地域振興のための任意団体「横川をもっと元気にする会」が発足。この会において、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・サンフレッチェ広島のホームスタジアムである広島ビッグアーチ(エディオンスタジアム広島)へのシャトルバスが横川駅前から発着していることから、横川とサンフレッチェを盛り上げるために「サッカータウンプロジェクト」がスタートした。このプロジェクトにおいて、当時広島にはなでしこリーグを目指すチームがなく広島のサッカー強豪校に在籍していても卒業後には県外へ移らざるを得ないことに着目し、横川地域において女子サッカーを下支えするべく、女子サッカーチームの創設に動き出すことになる[3]

2011年7月11日、約10団体27人で構成される「広島横川FCレディース(仮称)を発足させる会」が設立され[4]、同年9月10日[5]に運営母体となるNPO法人「広島横川スポーツ・カルチャークラブ」が設立された(NPO法人としての設立登記・認証日は12月22日[6])。理事長には衆議院議員の岸田文雄が就任した。同年10月以降、チーム名の公募[7]、セレクションの開催などを経て、2012年1月に「アンジュヴィオレ広島」が発足した[1]

2012年(広島県リーグ)[編集]

2012年、初の公式戦となる広島県女子サッカーリーグAリーグに参戦。7試合でわずか1失点、全試合複数得点と他チームを圧倒し、全勝でリーグを制す。その後、中国女子サッカーリーグチャレンジ戦(トーナメント戦)に進み、優勝。同年の中国女子リーグ9位のレオーネ山口レディースが入れ替え戦を辞退(自動降格)したため、翌シーズンからの中国女子リーグ昇格が決定した[8]

第34回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の広島県予選会を兼ねた第28回広島県女子サッカー選手権大会では、広島大河FCレディースを下してトーナメントを制した(第27回中国女子サッカー選手権大会出場決定)ものの、中国地区予選出場チーム(シードチーム)との対戦となった決勝で広島文教女子大附属高にPK戦の末破れて準優勝となり、初出場初優勝とは成らなかった。また、広島県代表として臨んだ第27回中国女子サッカー選手権では、初戦でこの年優勝(皇后杯出場)した岡山県代表・作陽高に破れ、飛び級でのチャレンジリーグ昇格を逃した。

2013年(中国リーグ)[編集]

中国リーグ参戦となる2013年はシーズン当初は新加入10人を加えた24名体制で臨んだ[9]。初戦こそ徳山大学に1-0の辛勝だったものの、全9試合すべて完封勝ちを収めて優勝。第29回中国女子サッカー選手権大会(兼第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会中国地区予選)への出場を決めると共に、日本女子サッカーリーグ理事会の審査を経て2013チャレンジリーグ入れ替え戦予選大会への出場が決定した[10]

シードとなった第29回広島県女子サッカー選手権大会では決勝で広島文教女子大附属高に雪辱を果たし、同大会初優勝。中国リーグ覇者として出場した第28回中国女子サッカー選手権大会でも決勝で作陽高に雪辱し優勝、皇后杯初出場を決めた。皇后杯本戦では、初戦で静岡産業大学磐田ボニータに逆転負けを喫し、敗退となった。

時之栖スポーツセンター裾野グラウンド(静岡県裾野市)で行われたチャレンジリーグ入れ替え戦予選大会Aブロックではノルディーア北海道北海道)、益城ルネサンス熊本FC九州)に連勝してチャレンジリーグ昇格チーム決定戦に進出[注 4]。抽選の結果、ホーム(コカ・コーラウエスト広島スタジアム)での一発勝負となった昇格チーム決定戦ではASハリマ アルビオン関西)と対戦し、アディショナルタイムで追いつくも延長の末破れ、自動昇格は成らず。しかし、アウェー(伊佐市陸上競技場)での一発勝負となった入れ替え戦ではジュ ブリーレ 鹿児島(チャレンジリーグ15位)に3-0で勝利し、チャレンジリーグ昇格を果たした。

なお、シーズン終盤の10月に愛媛FCレディースからDF小西菜月が移籍加入している[11]。また、メンバーのFW齋原みず稀が、U-16サッカー日本女子代表候補に選出される[12]。などのトピックもあった。

2014年(チャレンジリーグ)[編集]

チーム発足時から監督を務めた森下聖二が「一身上の都合」により監督を辞任[13]。後任が固まらなかったことから、コーチの福山かおりが監督代行として指揮を執ることになった[14]

戦力面では、長野レディースからDF山下真弓、プラセル神戸からFW塩谷真里が移籍加入。大卒新人としてDF山下胡桃神奈川大)、GK亀田恵徳山大)、DF北川佳奈北陸大)、MF水野佑里中京大)、MF魚住有沙日ノ本短大)の5名が加入[14]、シーズン途中でFW立石早絵とDF松田郁美が新加入した。一方で、前シーズンの主将であるDF竹石結貴や、チーム最年少のFW久保柚季(元日本代表FW久保竜彦の娘)を含む9名の選手が退団することが発表され、チーム発足時からは陣容が大きく入れ替わることとなった[14]

選手[編集]

No. 名前 Pos. 生年月日 前所属 特記事項
01 上谷久美子 GK 1989年10月24日(25歳) 吉島レディース
02 明神由佳 DF 1987年2月14日(27歳) Vellatrix
03 金城奈苗 DF 1990年10月15日(24歳) 徳山大学
04 倉本あや DF 1990年10月31日(24歳) 大阪体育大学
05 山縣尚実 DF 1990年6月15日(24歳) 日本体育大学
06 武田裕季 MF 1989年10月12日(25歳) 伊賀フットボールクラブくノ一 元U-20日本代表候補[15]
07 田中彩子 MF 1984年5月22日(30歳) スペランツァFC大阪高槻 主将
08 横山絵美 MF 1986年1月22日(28歳) 大河FCレディース
09 塩谷真里 FW 1988年4月16日(26歳) プラセル神戸 新加入
10 葛馬史奈 FW 1994年3月8日(20歳) 藤枝順心高校
11 齋原みず稀 FW 1997年12月2日(17歳) レヴァリーズ広島FCマリット U-17日本女子代表[12]
13 所侑加 MF 1994年11月26日(20歳) 山陽女学園高等部
14 赤木裕衣 MF 1986年7月27日(28歳) 益城ルネサンス熊本FC
15 小西菜月 DF 1991年4月13日(23歳) 愛媛FCレディース
16 魚住有沙 MF 1993年12月9日(21歳) 姫路日ノ本短期大学 新加入
17 市川苑佳 MF 1994年2月12日(20歳) 藤枝順心高校
18 山下胡桃 DF 1990年8月28日(24歳) 神奈川大学 新加入
19 山下真弓 DF 1987年7月16日(27歳) AC長野パルセイロレディース 新加入
20 北川佳奈 DF 1991年5月4日(23歳) 北陸大学 新加入
21 亀田恵 GK 1991年10月2日(23歳) 徳山大学 新加入
22 水野祐里 MF 1991年10月7日(23歳) 中京大学 新加入
23 立石早絵 FW 1993年4月20日(21歳) オリエントFCアクア 新加入
24 松田郁美 DF 1995年5月31日(19歳) 広島文教女子大学附属高校 新加入

スタッフ[編集]

2014年2月14日現在[14]

役職 氏名 備考
GM 日本の旗 奥村優之
コーチ兼監督代行 日本の旗福山かおり 2013年3月就任発表[9]
GKコーチ 日本の旗 沖本辰也

歴代監督[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) 灰色 灰色 灰色
GK(1st) 黄色 黄色 黄色
GK(2nd) 暗めの深緑 深緑 深緑
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

サプライヤーはMIZUNO

チームカラー[編集]

チームカラーは    紫。

ユニフォームスポンサー[編集]

食協
車検の速太郎
パンツ 長沼商事株式会社
メリィハウス


成績[編集]

リーグ チーム数 試合 勝点 得点 失点 順位 皇后杯 監督 備考
2012 (35) 広島県A 8 7 21 7 0 0 42 1 +41 優勝 中国予選敗退 日本の旗 森下聖二 中国リーグ昇格
2013 (12) 中国 10 9 27 9 0 0 59 0 +59 優勝 1回戦敗退 チャレンジリーグ昇格
2014 (26) チャレンジ 16 22 日本の旗 福山かおり

タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

カップ戦[編集]

  • 広島県女子サッカー選手権大会:優勝1回
    • 2013年
  • 中国女子サッカー選手権大会:優勝1回
    • 2013年
  • YMFGもみじレディースサッカー大会:優勝1回[16]
    • 2013年
  • フジタ杯女子サッカー大会:優勝1回[17]
    • 2013年
  • SPIELENフェスティバル:優勝1回[18]
    • 2013年

その他の事項[編集]

  • 横川商店街内に、コカ・コーラウエストの協力でアンジュヴィオレ広島オリジナルラッピングを施した自動販売機があり、売上の一部が支援になる[19]。広島横川スポーツ・カルチャークラブ事務所前他、横川町近辺で数箇所、コカコーラウエスト広島スタジアム(広島県総合グランドメインスタジアム)等に設置されている[注 5]

関連項目[編集]

サッカー
女子サッカーリーグ
サッカークラブ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 漢字仮名交表記にはスペースが入らないが、ラテン文字表記にはスペースが入る。
  2. ^ フランス語発音: [ɑ̃ʒ] アーンジュ
  3. ^ フランス語発音: [vjɔlε] ヴィヨレ
  4. ^ 本来であれば予選大会通過時点で入れ替え戦出場となっていたが、同年のチャレンジリーグ最下位のHOYOスカラブFCが退会(入れ替え戦不参加)となったため、1チームが自動昇格、1チームが入れ替え戦出場にレギュレーションが変更になっていた。
  5. ^ コカコーラウエストは、アンジュヴィオレ以外にも同社エリア内(近畿・中国・九州)のJリーグクラブをはじめとするプロスポーツチームに対して同様の支援を行っている[20]

出典[編集]

  1. ^ a b c クラブ紹介”. アンジュヴィオレ広島公式サイト. 2014年2月8日閲覧。
  2. ^ アンジュヴィオレ広島女子サッカースクール”. アンジュヴィオレ広島. 2014年2月10日閲覧。
  3. ^ サンフレッチェ ラジオ・サポーターズクラブ”. 広島エフエム放送 (2011年9月27日). 2014年2月8日閲覧。
  4. ^ “横川発 なでしこの夢 女子サッカーチーム 住民ら「発足させる会」”. 中国新聞. (2011年7月30日) 
  5. ^ 特定非営利活動法人広島横川スポーツ・カルチャークラブ H23事業報告書等 (PDF)
  6. ^ 特定非営利活動法人広島横川スポーツ・カルチャークラブ”. NPO法人情報. 広島市市民局市民活動推進課まちづくり調整係. 2014年2月8日閲覧。
  7. ^ 小林康秀 (2011年10月7日). “横川サッカーチーム名公募【小林】”. RCCニュース6公式ブログ. 中国放送. 2014年2月8日閲覧。
  8. ^ 2012 中国女子サッカーリーグチャレンジ戦 (PDF)”. 岡山県サッカー協会 (2012年11月6日). 2012年11月17日閲覧。
  9. ^ a b 3月3日 三篠神社必勝祈願〜三井ガーデンホテル広島にて選手発表記者会見を行います。”. アンジュヴィオレ広島 (2013年2月28日). 2013年3月3日閲覧。
  10. ^ 2013チャレンジリーグ入れ替え戦予選大会出場チーム決定および2013チャレンジリーグ入れ替え戦詳細”. 日本女子サッカーリーグ (2013年9月26日). 2013年10月1日閲覧。
  11. ^ 小西選手、新加入のお知らせ(愛媛FC→アンジュヴィオレ広島)”. アンジュヴィオレ広島 (2013年10月1日). 2013年10月20日閲覧。
  12. ^ a b U-16日本女子代表候補トレーニングキャンプ(12/6~8@鹿児島)メンバー”. 日本サッカー協会 (2013年12月3日). 2013年12月8日閲覧。
  13. ^ 森下聖二監督辞任について”. アンジュヴィオレ広島 (2013年12月25日). 2013年12月31日閲覧。
  14. ^ a b c d 2014年度新入団選手発表&退団選手発表”. アンジュヴィオレ広島 (2014年2月4日). 2014年2月8日閲覧。
  15. ^ アンジュヴィオレ広島facebook 2013年1月11日”. アンジュヴィオレ広島 (2013年1月11日). 2013年1月15日閲覧。
  16. ^ 第23回もみじレディースサッカー大会”. 試合速報 SportsOnline. 2013年4月25日閲覧。
  17. ^ 第29回フジタ杯女子サッカー大会”. 試合速報 SportsOnline. 2013年2月3日閲覧。
  18. ^ 第14回SPIELENフェスティバル開催要綱 (PDF)”. FCヴィトーリア. 2013年4月4日閲覧。
  19. ^ スポンサー/応援団体・企業”. アンジュヴィオレ広島公式サイト. 2014年2月10日閲覧。
  20. ^ CSR推進活動 (PDF) - コカコーラウエスト アニュアルレビュー2012

外部リンク[編集]

公式サイト