高田昌明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高田 昌明 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タカダ マサアキ
ラテン文字 TAKADA Masaaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1973年7月26日(41歳)
出身地 千葉県習志野市
身長 182cm
体重 77kg
選手情報
ポジション DFMF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高田 昌明(たかだ まさあき、1973年7月26日 - )は千葉県習志野市出身のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはDF(センターバック)、MF(守備的MF)。

略歴[編集]

市立船橋高校3年次の全国高校サッカー選手権でベスト4進出に貢献。抜群の身体能力を買われて飛び級でバルセロナ五輪予選日本代表に選出、1992年1月のアジア最終予選に出場した。高校在学中の五輪選抜は初の出来事で当時の話題をさらった。卒業後、横浜フリューゲルスに入団。Jリーグ草創期のフリューゲルスを支える。当時の監督、加茂周がめざすゾーンプレスをダブルボランチの相方山口素弘と体現。エドゥモネール前園真聖らタレントと共に活躍した。1993年、第73回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝メンバー。

1994年にはアトランタ五輪代表候補に選出され、前回バルセロナ五輪予選経験者として当初は主将を務め守備の中心選手として期待されていたが、規定により前回予選出場者の参加を認められなくなった為、この年を最後に代表からは外れている。

後にヴィッセル神戸佐川急便東京フリエFC(後の佐川東京SC)横浜FCソニー仙台FCと渡り歩き2006年静岡FC東海社会人リーグ1部)の選手兼監督に就任した。その年(2006年)の天皇杯には静岡県代表として出場。J2の水戸ホーリーホック等を破り4回戦まで勝ち上がるも、浦和レッドダイヤモンズの厚い壁に阻まれ敗退となった。

以降、各方面の指導者として活躍、2013年は、自身がチーフコーチを務めるVivace FC (静岡県のジュニアサッカーチーム)を全国少年サッカー大会静岡県大会優勝、全国大会初出場へ導く。

2014年よりJ3のY.S.C.C.横浜コーチに就任。

妻は、『オールナイトフジリターンズ』で神田うのと共にメイン司会を務めた川上理英子

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1992 横浜F - J - 9 0
1993 横浜F - J 33 2 4 0 5 1 42 3
1994 横浜F - J 26 0 1 0 0 0 27 0
1995 横浜F - J 17 1 - 0 0 17 1
1996 横浜F - J 1 0 0 0 0 0 1 0
1997 神戸 J 0 0 1 0 0 0 1 0
1998 東京フリエ ? -
1999 横浜FC JFL 23 0 - 0 0 23 0
2000 横浜FC JFL 22 1 - 2 0 24 1
2001 横浜FC J2 20 0 1 0 0 0 21 0
2002 ソニー仙台 JFL 16 1 - 1 0 17 1
2003 ソニー仙台 JFL 27 0 - 1 0 28 0
2004 ソニー仙台 JFL 21 4 - 3 0 24 4
2005 ソニー仙台 JFL -
2006 静岡FC 東海1部 - 3 0
通算 日本 J1 77 3 15 0
日本 J2 20 0 1 0 0 0 21 0
日本 JFL -
日本 ? -
日本 東海1部 - 3 0
総通算

その他の公式戦

指導歴[編集]

  • 2006年 静岡FC:選手兼監督
  • 2007年 NECトーキン:ヘッドコーチ
  • 2008年 -2009年 静岡FC:監督
  • 2009年 -2014年 Vivace FC:チーフコーチ
  • 2009年 -ハワイ808sc:テクニカルアドバイザー
  • 2013年 -遠藤塾:サポートコーチ
  • 2014年 - YSCC横浜:コーチ

外部リンク[編集]