信藤健仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
信藤 健仁 Football pictogram.svg
名前
カタカナ シントウ カツヨシ
ラテン文字 SHINTO Katsuyoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1960年9月15日(53歳)
出身地 広島市
身長 180cm[1]
体重 73kg[1]
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1990
1990-1992
1992
1993
1994-1995
マツダSC
三菱自動車
浦和レッドダイヤモンズ
フジタSC
ベルマーレ平塚
0? (?)
0? (?)
0- (-)
0? (?)
016 (0)
代表歴
1987-1990[2] 日本の旗 日本 016 (1)
監督歴
1996
1997-1998
1999
2001-2002
2006-2007
2008-2009
平塚普及コーチ
平塚ヘッドコーチ
東邦チタニウムコーチ
横浜FC監督
中央大学ヘッドコーチ
浦和チームダイレクター
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

信藤 健仁(しんとう かつよし、1960年9月15日 - )は、日本の元サッカー選手DF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。広島県広島市出身。元サッカー日本代表中央大学文学部国文科卒業。JSL時代の登録名は信藤 克義(しんとう かつよし)で、Jリーグ後は信藤 健仁と登録されている。

来歴・人物[編集]

広島のサッカー無名校・広島県立安古市高等学校から1983年、中央大学卒業後、今西和男総監督と二村昭雄監督に誘われ日本サッカーリーグ1部所属のマツダSC(現 サンフレッチェ広島)に入団[3]。その年、チームは最下位となりチームは2部転落してしまう。

翌年ハンス・オフトおよびディド・ハーフナーがコーチに招聘され、双方からプロとして大きな影響を受けた[4]。1985-86年シーズン、チームは再び1部復帰。

そこでの活躍を受けて1987年、石井義信監督下で日本代表に初選出される。翌1988年、横山兼三監督就任と同時にレギュラーに定着。若い井原正巳堀池巧らと共にディフェンスラインを形成し、1989年のワールドカップイタリア大会アジア予選を戦った。また同年6月のインドネシア戦ではゴールも記録、翌1990年のアジア競技大会北京大会では主将も務めた。

また、所属チームでは松田浩と共にセンターバックとして活躍。1986年、サッカー界全体の流れから今西にプロ契約を直談判し、マツダのプロ契約第1号となる[5]。1988年にはチームの天皇杯決勝進出に貢献した。

しかし1987-1988年シーズン、マツダは再び2部転落。1部への移籍を希望[6]し、1990年三菱自動車(現 浦和レッドダイヤモンズ)に移籍。斉藤和夫監督下で守備の要として活躍したが、2年連続下位に沈み、1992年のナビスコ杯直前、チームがトリビソンノを獲得しレギュラーを剥奪された。

1993年、フジタSC(現 湘南ベルマーレ)球団部長だった石井義信と古前田充監督に誘われ、Jリーグ入りを目指すフジタへ移籍。ベルマーレ平塚誕生後の若いチームを引っ張り、1994年昇格後のNICOSシリーズ(セカンドステージ)2位、天皇杯優勝、アジアカップウィナーズカップ優勝に貢献した。1995年、35歳で引退。

翌1996年からベルマーレ平塚サッカー普及コーチ、1997年からベルマーレ平塚ヘッドコーチ。1996年立ち上げられた「Jリーグ選手協会」にも顧問として尽力した。

2001年、代表時代から師弟関係にあった奥寺康彦に誘われ横浜FC監督就任。サッカーファンを仰天させた2-4-4の超々攻撃的システムを掲げ戦う[7]。明確な戦術を提示し積極的に若手を起用、神野卓哉をくさびとする波状攻撃を仕掛け2年間を戦うも、相手チームの徹底したカウンター攻撃に沈み、2002年はJ2最下位という結果に終わり解任された。

また現役引退後からテレビ(WOWOW他)の解説、新聞、サッカー雑誌評論などでも活躍。2006年から中央大学サッカー部のヘッドコーチも務めた。

2008年12月より、浦和レッドダイヤモンズのチームダイレクターに就任。統括責任者としてトップチームの編成等を行うも、2009年途中に、補強失敗による、チームの成績不振によって、一部サポーターから自宅襲撃に合い、体調不良を訴え、精密検査を受診したところ甲状腺の機能に障害が認められ、治療が必要と診断、11月29日に体調不良で休養に入ることを発表した。その後、12月25日にチームダイレクター退任が発表された。 「Talk on Together 2010」内で、「信藤健仁さんの健康状態はどうなのか」という一般からの質問に対し橋本光夫社長から、「健康状態は回復しつつあるが時間がかかる」また、進藤健仁と会談があったことが伝えられ、進藤健仁からのコメントが発表され「謝罪も無く、シーズン中にチームを離れることになって申し訳ない、出来れば回復したらここに来て謝罪したい」と言っているが2012年現在も叶ってはいない。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1983 マツダ JSL1部
1984 マツダ JSL2部
1985 マツダ JSL2部
1986-87 マツダ JSL1部
1987-88 マツダ JSL1部
1988-89 マツダ JSL2部
1989-90 マツダ JSL2部 30 1 2 0
1990-91 三菱 25 JSL1部 21 1 1 0
1991-92 三菱 5 JSL1部 22 1 1 1
1992 浦和 - J - 1 0 0 0 1 0
1993 フジタ 旧J1 12 0 3 0 0 0 15 0
1994 平塚 - J 14 0 0 0 0 0 14 0
1995 平塚 - J 2 0 - 0 0 2 0
通算 日本 J 16 0 1 0 0 0 17 0
日本 JSL1部 100 2
日本 JSL2部
日本 旧JFL 12 0 3 0 0 0 15 0
総通算

その他の公式戦

経歴[編集]

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 16試合 1得点(1987-1990)[2]


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1987 2 0 5 0 7 0
1988 3 0 12 0 15 0
1989 8 1 7 0 15 1
1990 2 0 0 0 2 0
通算 16 1 24 0 40 1

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 ナビスコ杯 天皇杯
2001 J2 横浜FC 9位 44 43 15 1 28 2回戦敗退 4回戦敗退
2002 J2 横浜FC 12位 44 35 8 11 25 - 3回戦敗退
J2通算 - 88 - 23 12 53

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『Jリーグオフィシャルガイド1995・NICOSシリーズ』p96
  2. ^ a b “信藤 健仁”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_sa/katsuyoshi_shinto.html 
  3. ^ 入団同期に小林伸二木村孝洋今川正浩上原洋史、山田隆(山田直輝の実父)ら。
  4. ^ フィジカルトレーニングは、かつて経験したことのないほどの量と厳しさだったと言う。また、ハーフナーは24時間頭の中はサッカーだけだったと言う。
  5. ^ ちなみに同期の今川も同年にプロ契約している。
  6. ^ 英語が堪能な夫人は当時マツダ本社に勤めるキャリアウーマンで、その仕事も犠牲にしなければならなかった。
  7. ^ History of YOKOHAMA FC 2002”. 横浜FC. 2013年9月21日閲覧。

関連項目[編集]