菊原志郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
菊原 志郎 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キクハラ シロウ
ラテン文字 KIKUHARA Shiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1969年7月7日(45歳)
出身地 神奈川県
身長 167cm
体重 62kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1990[1] 日本の旗 日本 5(0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

菊原 志郎(きくはら しろう、1969年7月7日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。中央大学卒業。

来歴[編集]

読売サッカークラブ(現・東京ヴェルディ)の下部組織で育ち、1986年2月1日日本サッカーリーグ第15節フジタ工業戦において16歳7ヶ月の若さでデビューを果たした。これは当時の最年少出場記録であった。その後レギュラーの座を掴み、ラモス瑠偉らと共に中盤を支え同クラブの黄金時代を築き上げた。またこの活躍が認められ1990年には日本代表に選出された。

読売時代は天才ドリブラー、テクニシャン等数々の異名をとったが、Jリーグ開幕前後は、層の厚いチームにあったため出場機会に恵まれず、日本代表にも招集されることはなかった。

1994年、Jリーグ登録選手の出場機会提供を目的とした「レンタル移籍」制度の第1号として1年間浦和レッズに移籍。浦和には実弟の菊原伸郎(現・埼玉大学准教授兼サッカー部監督)が在籍していた。

当時の浦和は最下位で、弱小チームのレッテルを貼られており、浦和入団時の会見でチームの印象を聞かれた菊原は、「読売と比べればまだまだ(レベルが低い)」とコメントしている。

だが、結局怪我に泣かされ、その後目立った活躍はできずに引退した。

引退後は指導者として古巣ヴェルディの下部組織でコーチ、監督を務めた。2007年にはヴェルディトップチームのコーチを務める。

2012年現在、JFAアカデミー福島男子U-14の監督を務めている。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1985 読売 16 JSL1部 7 0 0 0 0 0 7 0
1986-87 0 0 1 0 1 0 2 0
1987-88 8 3 0 0 1 0 9 3
1988-89 18 3 3 1 2 0 23 4
1989-90 21 3 4 1 4 1 29 5
1990-91 19 3 2 0 2 0 23 3
1991-92 16 1 4 0 2 0 22 1
1992 V川崎 - J - 8 1 2 0 10 1
1993 - 6 0 6 0 2 0 14 0
1994 浦和 - 8 0 0 0 3 0 11 0
1995 - 1 0 - 0 0 1 0
1996 V川崎 - 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 J 15 0 14 1 7 0 36 1
日本 JSL1部 89 13 14 2 12 1 115 16
総通算 104 13 28 3 19 1 151 17

その他の公式戦

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 5試合 0得点(1990)[1]


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1990 5 0 0 0 5 0
1991 0 0 1 0 1 0
通算 5 0 1 0 6 0

指導歴[編集]

  • 1997年 読売日本サッカークラブジュニア コーチ
  • 1998年 ヴェルディジュニアユース コーチ 監督
  • 1999年 ヴェルディユース コーチ
  • 2000年 ヴェルディユース 監督
  • 2001年-2006年 ヴェルディユース コーチ
  • 2007年-2008年 東京ヴェルディ コーチ

関連項目[編集]

出典[編集]