2010年のJリーグ ディビジョン1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本プロサッカーリーグ  > Jリーグ ディビジョン1  > 2010年のJリーグ ディビジョン1
2010年のスポーツ  > 2010年のサッカー  > 2010年のJリーグ  > 2010年のJリーグ ディビジョン1
Jリーグ ディビジョン1
シーズン 2010
優勝 名古屋グランパス
降格 FC東京
京都サンガF.C.
湘南ベルマーレ
ACL 2011出場 名古屋グランパス
ガンバ大阪
セレッソ大阪
試合数 306
ゴール数 813 (1試合平均2.66)
得点王 前田遼一ジョシュア・ケネディ(17得点)
最大差勝利ホーム試合
清水 5-0 湘南(第30節・11月14日)
最大差勝利アウェー試合
広島 0-5 C大阪(第11節・7月14日)
湘南 1-6 川崎(第23節・9月18日)
最多得点試合
湘南 3-6 清水(第16節・8月1日)
最多観客動員
55,410人 - 浦和 vs 名古屋(第10節・5月5日)
最少観客動員
5,334人 - 広島 vs C大阪(第11節・7月14日)
平均観客動員 18,428人
2009
2011
JapanGrey.png
600px Giallo e Blu (Strisce)2.png
600px Giallo, blu e rosso con stelli blu e bianca.png
600px Blu e Arancione con cigno.png
600px Grigio e Rosso con cervo Nero.png
600px Blu e Arancione con scoiattolo.png
600px Rosso e Blu con T Blu bordata di Bianco.png
600px Rosso Bianco e Nero con losanga rossa.png
600px Azzurro e Nero diagonale.png
600px Bianco Blu e Rosso diagonale con ancora Dorata.png
600px Blu e Verde con onda Bianca.png
600px Arancione e Blu con S Bianca con bordi Rossi.png
600px Celeste con J bianca.png
600px Rosso Arancione e Rosso con Delfino.png
600px Viola e Bianco con Uccelli Rossi.png
600px Nero e Blu (Strisce).png
600px Rosa e Blu con Fiore Rosa.png
600px Bianco e Nero (strisce) con V Rossa.png
600px Viola con tre frecce Bianche.png

この項目では、2010年シーズンのJリーグ ディビジョン1(J1)について述べる。

2010年シーズンのJ1のクラブ[編集]

2010年シーズンのJ1のクラブは以下の18クラブである。このうちベガルタ仙台セレッソ大阪湘南ベルマーレが前シーズンのJ2から昇格した。

  • 大分トリニータのJ2降格により、8年ぶりに九州をホームタウンとするJ1クラブが無くなった。そのため2部制導入後初めてJ1クラブのホームタウンが本州のみになる。2部制導入前を含めても1995年以来15シーズンぶり。
  • 仙台のJ1復帰により、モンテディオ山形とのみちのくダービーマッチが2年ぶり、J1では初めて開催。
  • C大阪のJ1復帰により、ガンバ大阪との大阪ダービーが4年ぶりに開催。
  • 関西をホームタウンとする4チーム(京都サンガF.C.、G大阪、C大阪、ヴィッセル神戸)が全てJ1に揃うのは7年ぶり。またC大阪は同年8月から長居スタジアムキンチョウスタジアムの併用を開始(実質金鳥スタへの移転)
  • ジェフユナイテッド千葉柏レイソルがJ2に降格したため、2部制導入前も含め、J1で初めて千葉県をホームタウンとするクラブが無くなった。
  • 湘南はベルマーレ平塚時代の1999年から11年ぶりにJ1に復帰、現クラブ名に改称してからは初のJ1、Jリーグ史上最長のブランクを経ての参戦となる。
  • 湘南のJ1復帰で神奈川県からは3年ぶりに3クラブがJ1参加。
チーム名 監督 所在
都道府県
ホームスタジアム 前年成績
ベガルタ仙台 日本の旗 手倉森誠 宮城県 ユアテックスタジアム仙台
宮城スタジアム
J2 優勝
モンテディオ山形 日本の旗 小林伸二 山形県 NDソフトスタジアム山形 J1 15位
鹿島アントラーズ ブラジルの旗 オズワルド・オリヴェイラ 茨城県 県立カシマサッカースタジアム J1 優勝
浦和レッズ ドイツの旗 フォルカー・フィンケ 埼玉県 埼玉スタジアム2002
さいたま市駒場スタジアム
J1 6位
大宮アルディージャ 韓国の旗 張外龍 NACK5スタジアム大宮 J1 13位
FC東京 日本の旗 城福浩 東京都 味の素スタジアム J1 5位
川崎フロンターレ 日本の旗 高畠勉 神奈川県 等々力陸上競技場 J1 2位
横浜F・マリノス 日本の旗 木村和司 日産スタジアム
ニッパツ三ツ沢球技場
J1 10位
湘南ベルマーレ 日本の旗 反町康治 平塚競技場 J2 3位
アルビレックス新潟 日本の旗 黒崎久志 新潟県 東北電力ビッグスワンスタジアム J1 8位
清水エスパルス 日本の旗 長谷川健太 静岡県 アウトソーシングスタジアム日本平 J1 7位
ジュビロ磐田 日本の旗 柳下正明 ヤマハスタジアム J1 11位
名古屋グランパス セルビアの旗 ドラガン・ストイコビッチ 愛知県 名古屋市瑞穂公園陸上競技場 J1 9位
京都サンガF.C. 日本の旗 加藤久 京都府 京都市西京極総合運動公園陸上競技場 J1 12位
ガンバ大阪 日本の旗 西野朗 大阪府 万博記念競技場 J1 3位
セレッソ大阪 ブラジルの旗 レヴィー・クルピ 大阪長居スタジアム
キンチョウスタジアム
J2 2位
ヴィッセル神戸 日本の旗 三浦俊也 兵庫県 ホームズスタジアム神戸
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
J1 14位
サンフレッチェ広島 オーストリアの旗セルビアの旗 ミハイロ・ペトロヴィッチ 広島県 広島ビッグアーチ J1 4位

監督交代[編集]

チーム名 前監督 退任日 新監督 就任日 備考
大宮アルディージャ 韓国の旗 張外龍 4月27日[1] 日本の旗 鈴木淳 4月27日[2]
京都サンガF.C. 日本の旗 加藤久 7月27日[3] 日本の旗 秋田豊 7月30日[4] 空位期間はコーチの秋田豊が監督代行
ヴィッセル神戸 日本の旗 三浦俊也 9月12日[5] 日本の旗 和田昌裕 9月12日[5]
FC東京 日本の旗 城福浩 9月19日[6] 日本の旗 大熊清 9月19日[7]

レギュレーションの変更点[編集]

特になし。

スケジュール[編集]

3月6日に開幕し、第12節(5月15・16日)から2010 FIFAワールドカップ開催のため約2か月間中断。第13節(7月17・18日)より再開し、第34節(12月4日)まで306試合が行われた。

なお、鹿島アントラーズ川崎フロンターレガンバ大阪サンフレッチェ広島の4クラブは、AFCチャンピオンズリーグ2010と並行しての参加となる。

リーグ概要[編集]

開幕から10戦無敗、中断前の第12節までをわずか1敗であった清水が首位に立ち、鹿島や名古屋、浦和などが上位を狙う形で、W杯による中断期間を迎えた。

中断明けの第13節から第16節までは前年王者・鹿島が首位に立ったが、第17節で名古屋がシーズン初の首位に立つと、以降首位を維持し、第31節で湘南に勝利し、3試合を残して初優勝が決定。Jリーグが1シーズン制に移行した2005年以降[8]、最終節前に優勝が決まったのは初めてであり、最終勝ち点72、2位との勝ち点差10はいずれも史上最多であった。

W杯後に各主力選手が海外移籍したチームはそれぞれ明暗がくっきりと分かれた。まず上位争いは、ともに後半戦に入って調子を上げたG大阪、J1復帰1年目で香川真司ドイツへ移籍したC大阪の両大阪勢が2位、3位に入り、AFCチャンピオンズリーグ2011出場権を獲得、J1昇格(復帰)初年度のチームがACL出場権を自力で獲得するのは史上初。4連覇を狙った鹿島は、敗戦や失点の数が最少ながら、こちらもドイツへ移籍した内田篤人が退団した影響か、中断明けの第13節川崎戦以降は2連勝が関の山で名古屋の優勝が決まるまでの間は8引き分けと勝ちきれない試合が嵩み4位。但し、天皇杯で優勝してACL出場権を獲得した。

下位戦線では、クラブ史上初となる3年目のJ1に臨んだ京都、11年ぶりのJ1となった昇格1年目の湘南が、開幕から絶不調に陥り、早々と下位2つをこの2チームで埋めることになった。共に4試合を残した第30節にJ2降格が決定。特に湘南の年間3勝、総失点82、リーグ戦21試合連続未勝利、得失点差-51はいずれもJ1史上ワースト。

残り1つの降格枠は山形、大宮、磐田なども交えて混戦となり、最終節に仙台、FC東京、神戸の3チームが可能性を残した。最終節は、16位の神戸が浦和に勝利、14位の仙台が川崎と引き分けて残留したが、イタリアへ旅立った長友佑都を失った15位のFC東京は京都に敗北して16位に転落し、最後まで長友の穴を埋められなかったのに加え、7月28日の第15節から9月25日の第24節まで勝ちが無く、シーズンを通じて連勝が一度も無かったのも致命傷となり11年ぶりのJ2降格が決定した。

順位表[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 名古屋グランパス 72 23 3 8 54 37 +17 ACL2011出場権・優勝
2 ガンバ大阪 62 18 8 8 65 44 +21 ACL2011出場権
3 セレッソ大阪 61 17 10 7 58 32 +26
4 鹿島アントラーズ 60 16 12 6 51 31 +20
5 川崎フロンターレ 54 15 9 10 61 47 +14
6 清水エスパルス 54 15 9 10 60 49 +11
7 サンフレッチェ広島 51 14 9 11 45 38 +7
8 横浜F・マリノス 51 15 6 13 43 39 +4
9 アルビレックス新潟 49 12 13 9 48 45 +3
10 浦和レッズ 48 14 6 14 48 41 +7
11 ジュビロ磐田 44 11 11 12 38 49 -11
12 大宮アルディージャ 42 11 9 14 39 45 -6
13 モンテディオ山形 42 11 9 14 29 42 -13
14 ベガルタ仙台 39 10 9 15 40 46 -6
15 ヴィッセル神戸 38 9 11 14 37 45 -8
16 FC東京 36 8 12 14 36 41 -5 J2自動降格
17 京都サンガF.C. 19 4 7 23 30 60 -30
18 湘南ベルマーレ 16 3 7 24 31 82 -51

得点ランキング[編集]

順位 選手(所属) 得点
1 前田遼一(磐田) 17
ジョシュア・ケネディ(名古屋)
3 エジミウソン(浦和) 16
マルシオ・リシャルデス(新潟)
5 ジュニーニョ(川崎) 14
平井将生(G大阪)
アドリアーノ(C大阪)

前田は前年に続いての得点王。2度目の獲得は中山雅史以来2人目、2年連続は史上初。

観客動員[編集]

順位 チーム 合計 最多 最小 平均 推移
1 浦和レッズ 678,994 55,410 21,625 39,941 -0.90343813616829−9.6%
2 アルビレックス新潟 519,221 41,002 19,152 30,542 -0.91317347365903−8.6%
3 横浜F・マリノス 436,624 43,025 12,184 25,684 0.16443759350773+16.4%
4 FC東京 426,899 30,672 17,477 25,112 -0.97017462525112−2.9%
5 鹿島アントラーズ 356,430 35,251 9,472 20,966 -0.96988481287875−3.0%
6 名古屋グランパス 339,638 34,098 7,991 19,979 0.25433199397288+25.4%
7 川崎フロンターレ 315,550 22,407 7,348 18,562 -0.98487822995702−1.5%
8 清水エスパルス 306,022 38,851 7,117 18,001 0.00367995539448+0.3%
9 ベガルタ仙台 294,644 26,391 12,119 17,332 0.3382750366767+33.8%
10 ガンバ大阪 283,111 20,973 9,093 16,654 -0.94026648599819−5.9%
11 セレッソ大阪 255,439 37,860 8,041 15,026 0.51594027441485+51.5%
12 サンフレッチェ広島 247,550 23,948 5,334 14,562 -0.92615912993703−7.3%
13 ヴィッセル神戸 218,004 19,506 8,707 12,824 -0.98132843587389−1.8%
14 ジュビロ磐田 206,324 31,266 7,030 12,137 -0.89750794941951−10.2%
15 モンテディオ山形 199,069 20,231 7,019 11,710 -0.97130059721301−2.8%
16 湘南ベルマーレ 188,614 14,095 6,032 11,095 0.43661789460054+43.6%
17 大宮アルディージャ 188,088 29,575 7,831 11,064 -0.8071788137448−19.2%
18 京都サンガF.C. 178,673 15,222 6,818 10,510 -0.94463419018515−5.5%
リーグ合計 5,638,894 55,410 5,334 18,428 −2.9%

最終更新:2010年12月4日
出典: Jリーグデータ・入場者数 - Jリーグ公式サイト内
註記:
昨シーズンはJ2でプレー。

出典・脚注[編集]