2009年のJリーグ ディビジョン1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本プロサッカーリーグ  > Jリーグ ディビジョン1  > 2009年のJリーグ ディビジョン1
2009年のスポーツ  > 2009年のサッカー  > 2009年のJリーグ  > 2009年のJリーグ ディビジョン1
Jリーグ ディビジョン1
シーズン 2009
優勝 鹿島アントラーズ
降格 柏レイソル
ジェフユナイテッド千葉
大分トリニータ
ACL 2010出場 鹿島アントラーズ
川崎フロンターレ
ガンバ大阪
サンフレッチェ広島
試合数 306
ゴール数 791 (1試合平均2.58)
得点王 前田遼一 (20得点)
最多観客動員
53,783人 - 浦和 vs 鹿島(第34節)
最少観客動員
5,567人 - 京都 - 千葉(第12節)
平均観客動員 18,985人
2008
2010

この項目では、2009年シーズンのJリーグ ディビジョン1(J1)について述べる。

2009年シーズンのJ1のクラブ[編集]

2009年シーズンのJ1のクラブは以下の18クラブである。このうちサンフレッチェ広島モンテディオ山形が前シーズンのJ2からの昇格クラブで、山形は初のJ1昇格である。

レギュレーションの変更点[編集]

  • J1・J2入れ替え戦が廃止され、年間成績16位・17位・18位がJ2へ降格となる。
  • 従来の外国籍選手枠とは別に、AFC加盟国・地域の選手を1人出場できる「アジア枠」を導入した。

スケジュール[編集]

この間、FIFAワールドカップアジア最終予選のために中断。

なお、鹿島、川崎、名古屋、G大阪はAFCチャンピオンズリーグ2009(ACL)と並行しての参加となる。

  • ACLのため、第10節(川崎vsG大阪、名古屋vs鹿島)は7月1日に延期された。

リーグ概要[編集]

2連覇中の鹿島が第3節から第19節にかけて、Jリーグ新記録となる17試合連続無敗(12勝5分)。第19節時点で2位との勝ち点差を10に広げたが、第24節から第28節にかけて5連敗を喫するなど失速、この間に13試合無敗の清水が28節に、外国人ストライカーが好調を維持していた川崎が29節から31節にかけて首位に立った。さらに前半戦は中位に位置していたG大阪・広島・FC東京も台頭し上位陣は例年通りの混戦に発展した。

最終盤になって、優勝争いは鹿島・川崎・G大阪に絞られた。鹿島は川崎が当時最下位だった大分に敗れたため第32節に首位に復帰すると33節でG大阪との大一番を制し、最終節には埼玉で浦和を下して優勝を決め、Jリーグ史上初となる三連覇を達成した。AFCチャンピオンズリーグ2010出場権を獲得したのは鹿島・川崎・G大阪であった。

一方、前年のリーグ4位、Jリーグカップ優勝の大分は、第4節から第17節まで、引き分け制導入後のJリーグワースト記録となる14連敗を喫し、大差の最下位に低迷。シーズン後半になって、10試合連続無敗を記録したが、4試合を残して降格が確定した。

千葉は、開幕から苦戦し、第19節にアレックス・ミラー監督を解任したが、監督交代後の12戦連続未勝利を喫して、3試合を残して、前身の古河電気工業サッカー部時代も含め、創設44年目にして初の2部降格が確定。最終的には大分にも抜かれ、最下位となった。

柏は、第33節で大宮戦に引き分けて、降格が確定した。

昇格1年目の山形は、磐田との開幕戦で6-2の大差で勝利。以後も堅実な守備とカウンターを武器に着実に勝ち点を積み重ね、最終順位は15位で残留を決めた。

同じくJ2からの昇格チームである、広島は、シーズン終盤まで優勝争いに絡み、4位でシーズンを終えた。さらに天皇杯でG大阪が優勝したため繰り上がりでACL出場を決めた。ちなみに昇格1年目チームの降格が無かったのは、2005年シーズン以来4年ぶりであるが、2005年は参加クラブ数が2004年までの16から18に拡大したための措置に伴い、降格そのものが無かったため、2009年が事実上1ステージ制移行後初めて、昇格1年目チームの降格の無いシーズンとなった。

静岡市日本平スタジアム命名権の締結により「アウトソーシングスタジアム日本平」に変更

順位表[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 鹿島アントラーズ 66 20 6 8 51 30 +21 ACL2010出場権・優勝
2 川崎フロンターレ 64 19 7 8 64 40 +24 ACL2010出場権
3 ガンバ大阪 60 18 6 10 62 44 +18
4 サンフレッチェ広島 56 15 11 8 53 43 +9 ACL2010出場権(繰り上げ)
5 FC東京 53 16 5 13 46 38 +8
6 浦和レッズ 52 16 4 14 43 43 0
7 清水エスパルス 51 13 12 9 44 41 +3
8 アルビレックス新潟 50 13 11 10 42 31 +11
9 名古屋グランパス 50 14 8 12 46 42 +4
10 横浜F・マリノス 46 11 13 10 43 37 +6
11 ジュビロ磐田 41 11 8 15 50 60 -10
12 京都サンガF.C. 41 11 8 15 35 47 -12
13 大宮アルディージャ 39 9 12 13 40 47 -7
14 ヴィッセル神戸 39 10 9 15 40 48 -8
15 モンテディオ山形 39 10 9 15 32 40 -8
16 柏レイソル 34 7 13 14 41 57 -16 J2自動降格
17 大分トリニータ 30 8 6 20 26 45 -19
18 ジェフユナイテッド千葉 27 5 12 17 32 56 -24

得点ランキング[編集]

順位 選手(所属) 得点
1 前田遼一(磐田) 20
2 エジミウソン(浦和) 17
ジュニーニョ(川崎)
4 石川直宏(FC東京) 15
佐藤寿人(広島)

日本人選手が得点王を獲得するのは、2002年高原直泰以来7年ぶり。

出典・脚注[編集]