盛田剛平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
盛田 剛平 Football pictogram.svg
名前
愛称 ゴウヘイ、モリツァ
カタカナ モリタ コウヘイ
ラテン文字 MORITA Kohei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1976年7月13日(37歳)
出身地 愛知県名古屋市
身長 189cm
体重 86kg
選手情報
在籍チーム ヴァンフォーレ甲府
ポジション DF/FW
利き足 左足
ユース

1989-1991
1992-1994
1995-1998
名古屋市立鳴子小学校
名古屋市立日比野中学校
桐蔭学園高等学校
駒澤大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000
2001
2001
2002-2004
2004-2011
2012-
浦和レッドダイヤモンズ
セレッソ大阪
川崎フロンターレ
大宮アルディージャ
サンフレッチェ広島
ヴァンフォーレ甲府
23 (0)
6 (0)
7 (1)
63 (6)
105 (4)
35 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月27日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

盛田 剛平(もりた こうへい、1976年7月13日 - )は、愛知県名古屋市出身のプロサッカー選手。ポジションはディフェンダー駒澤大学卒業Jリーグヴァンフォーレ甲府所属。

来歴[編集]

小学校2年次からサッカーを始める。高校は桐蔭学園に越境入学[注 1]李国秀から指導を受けた。高校1年次には恵まれた体格と左利きから左サイドバックをしていたが、高校2年のときにFWにコンバートされる[1]

その後、駒澤大学に入学[注 2]すると1年次から主力として活躍、1995年および1997年の全日本大学サッカー選手権大会優勝に貢献、大学3年次にはユニバーシアード代表、大学ナンバー1ストライカーとして注目された。大学3年次にあるJリーグチームからオファーを受けるも、教員資格取得のため中退せず、4年間通う。その後、地元の名古屋浦和磐田横浜MV川崎清水の6クラブが獲得に動く[1]

1999年、浦和に鳴り物入りで入団。原博実監督によってレギュラーに抜擢されるもなかなか結果を出せなかった。その後2001年セレッソ大阪、同年途中から川崎フロンターレと移籍するも、FWとして結果が残せずレギュラーに定着しなかった。2002年から大宮アルディージャに移籍、清雲栄純監督の薦めで左サイドのアタッカーにコンバートされ一時はレギュラーを獲得した[1][2]

2004年シーズン途中に、チアゴの怪我により高さのあるFWを必要としていたサンフレッチェ広島期限付き移籍する。一時はレギュラーとして活躍し、翌2005年に広島に完全移籍する。同年、チームは佐藤寿人ガウボンを獲得、前田俊介の台頭により、出場機会が激減しベンチ外の日々が続いた。 同年末、契約時にDFへのコンバートを志願する[注 3]。クラブ側も以前からその構想があったこともあり彼の提案を受け入れ契約延長した。これがハマり、望月一頼に監督が代わってから重用され始め、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督になってからは当初ベンチメンバーであったが、ダリオ・ダバツの負傷により出場機会を得ると信用を得てレギュラーになる。2008年以降槙野智章森脇良太の台頭によりレギュラーから外れているが、高さのある貴重なDFとして重宝された[1][2]

2010年シーズン開幕直前に右足第五中足骨を骨折[3]、手術するも回復せず同年8月に再手術をし、結果キャリア初となる試合出場ゼロに終わる[4]。2011年、槙野の移籍および水本裕貴の負傷離脱に伴い一時はレギュラーに復帰していた[5]。同年末、広島から構想外およびフロント入りを打診されていたが引退せず現役にこだわった[6]

2012年、J2・ヴァンフォーレ甲府に完全移籍した[6]。この年は25試合に出場し、津田琢磨とのコンビで24試合連続無敗記録の達成を支えた。 2013年は先発出場の機会が減少し10試合の出場にとどまり、2013年12月4日にチームから同年限りでの契約満了が発表された。だが同月27日、甲府のチーム事情もあり、甲府と再契約を結んだと発表された[7]。再契約後は再びFWで起用されるケースもあり、3月15日の第3節・新潟戦で3年ぶりのゴールを挙げた[8]

人物[編集]

プレースタイル[編集]

元々は身体能力の高いセンターフォワードとして名を馳せ、2003年ごろは左サイドアタッカー、2006年以降はセンターバックとしてプレーしている[1]

DFとして、体格を生かしたハイボールの競り合いには圧倒的な強さを誇り、堅実な守備をこなす[2][5]。また足元の技術にも長け、長い脚を活かしたボールキープや左足からの正確なロングフィードも得意とし、CBからの緻密なボールの繋ぎを要求されるペトロヴィッチ監督のサッカーにも早期に順応した。試合をリードしている状況で守備固めに入ることから「クローザー」とも称される[5][9]

盛田をFWからDFへのコンバートに導いた小野剛曰く、「目の前のテーブルにご馳走があったら、盛田は自分よりもまずみんなに食べないかと薦めるタイプ。 そしてそれは性格的にDFに向いている。」[10]ミハイロ・ペトロヴィッチはFW時代の盛田のプレーを知らないこともあり、「FWをやっていたとは信じられない。彼は生まれながらのディフェンダーだ。」とコメントしている[5]

ラーメン好き[編集]

ラーメンが大好物であり、全国を旅行してのラーメン食べ歩きを趣味とする。広島移籍後は、広島の携帯公式サイトにおいて、「盛田ラーメン道 for mobile」という連載企画を行うほど。

食べ歩き趣味が高じて自身で調理することにも興味を持つようになり、2006年にはJリーグキャリアサポートセンターが実施しているインターンシップ体験において、ラーメン店「谷やんラーメン」(東京都台東区)にてインターンシップを行った。過去にインターンシップで飲食店で働いた選手は多くいるが、厨房に入って調理を行ったのは盛田が初めてだった[11]

広島のオフィシャル季刊誌『assist』においては、盛田おすすめのラーメン店や、オリジナルラーメン作りのレポートを紹介する「盛田ラーメン道」という企画を連載中。2008年には同企画の一環として、自らが考案・調理したラーメンをファン感謝デーにおいてサポーターにも振舞った。2008年シーズンに先駆けて発売された『週刊サッカーマガジン』の選手名鑑で、目標にJ1昇格の次に「出店」と書かれており、ファン感謝デーでそれが達成された翌2009年版の名鑑では「出店第二弾」となっている。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1995 駒大 - - - 1 1 1 1
1996 - - - 2 1 2 1
1997 12 - - - 2 2 2 2
1998 - - - 2 2 2 2
1999 浦和 15 J1 19 0 0 0 1 0 20 0
2000 J2 4 0 1 0 4 6 9 6
2001 C大阪 18 J1 6 0 1 0 - 7 0
川崎 9 J2 7 1 0 0 6 1 13 2
2002 大宮 12 32 4 - 3 1 35 5
2003 28 2 - 3 0 31 2
2004 14 3 0 - - 3 0
広島 19 J1 14 1 2 1 1 0 17 2
2005 3 0 3 0 1 0 7 0
2006 19 0 4 2 2 0 25 2
2007 17 0 7 0 5 0 29 0
2008 J2 16 1 - 1 0 17 1
2009 J1 21 1 6 0 1 1 28 2
2010 0 0 0 0 0 0 0 0
2011 15 1 1 0 0 0 16 1
2012 甲府 J2 25 0 - 0 0 25 0
2013 J1 10 0 5 0 0 0 15 0
2014
通算 日本 J1 124 3 29 3 11 1 164 7
日本 J2 115 8 1 0 17 8 133 16
日本 - - 7 6 7 6
総通算 239 11 30 3 35 15 314 29

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2010 広島 19 0 0
通算 AFC 0 0

出場歴・タイトル[編集]

クラブチーム
代表歴

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2年先輩に山田卓也加賀見健介、1年先輩に森岡隆三広長優志三上和良、同級生に米山篤志一木太郎、1年後輩に戸田和幸小林慶行内田潤
  2. ^ 2年先輩に山田卓也、1年先輩に三上和良と斉藤雅人、同級生に米山篤志、1年後輩に小林慶行と内田潤、3年後輩に桜井繁小林久晃
  3. ^ 盛田曰く、「FWとしては限界を感じた。現役を長く続けるためコンバートを決断した。」

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「あのころ僕は」盛田剛平インタビュー、サンフレッチェ広島季刊紙『ASSIST』2008年秋号
  2. ^ a b c 盛田剛平インタビュー、『紫熊倶楽部』2009年2月号
  3. ^ 盛田剛平選手の負傷について”. サンフレッチェ広島公式 (2010年3月5日). 2011年1月26日閲覧。
  4. ^ 盛田、焦らずリハビリ 骨折・離脱から11ヵ月 - ウェイバックマシン(2011年1月30日アーカイブ分) - 中国新聞(2011年1月26日)
  5. ^ a b c d 広島・ペトロヴィッチ監督が盛田剛平に信頼を寄せる理由”. Jマガ (2011年7月22日). 2011年8月7日閲覧。
  6. ^ a b 盛田がJ2甲府に完全移籍”. 中国新聞 (2012年1月5日). 2012年1月5日閲覧。
  7. ^ 盛田 剛平選手 再契約のお知らせ”. ヴァンフォーレ甲府 (2013年12月27日). 2013年12月27日閲覧。
  8. ^ “戦力外通告→再契約の37歳FW盛田が先制弾も川又同点ヘッド、甲府vs新潟はドロー”. ゲキサカ (講談社). (2014年3月15日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?134621-134621-fl 2014年3月16日閲覧。 
  9. ^ 盛田、堅実「クローザー」 試合終盤、守りの切り札”. 中国新聞 (2009年9月5日). 2009年12月9日閲覧。
  10. ^ 「人生を賭けた戦い」盛田剛平インタビュー、サンフレッチェ広島季刊紙『ASSIST』2006年夏号
  11. ^ 2006年 インターンシップ”. J's GOALフォトニュース (2006年1月7日). 2009年9月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]