キッカー (新聞)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キッカーKicker-Sportmagazin)は、ドイツで週2回発売されるタブロイド版のスポーツ新聞。正式名称はキッカー・シュポルトマガツィーン。

概要[編集]

1920年にコンスタンツで創刊された「キッカー」が起源である。その後、別のスポーツ新聞として「シュポルトマガツィーン」が創刊されていたが、両者が1968年に合同し、現在の「キッカー・シュポルトマガツィーン」が成立した(日本では「キッカー」という略称が普及している)。1997年よりインターネットを通じた記事配信にも着手した。

50ページ弱の記事は、その多くがサッカーの関連記事となっている。サッカードイツ代表についてはもちろん、ブンデスリーガ1~3部の詳細な動向、データが示されているほか、レギオナルリーガ(4部)についても記事が充実しており、オーバーリーガ(5部)についても主要なニュースが記されている。海外リーグ戦の順位表もあり、約20か国の動向をつかむことができる。

国内外の順位表には、クラブ名の脇に、前期リーグ戦優勝を示す(M)、カップ戦優勝を示す(P)、昇格クラブを示す(N)、降格クラブを示す(A)の記号がつけられる。(M)(P)ともにつけられているクラブは二冠である。

選手の評価[編集]

ブンデスリーガ等では毎節全試合において出場選手に対しての採点を発表し、高評価を受けた選手からベストイレブンも選出する。内容に応じて1から6まで0.5点単位での点数評価がつく。数字が低い方が高評価で、1が最高評価、6が最低評価である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]