橋内優也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
橋内 優也 Football pictogram.svg
名前
愛称 ハシ おっさん
カタカナ ハシウチ ユウヤ
ラテン文字 HASHIUCHI Yuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1987年7月13日(26歳)
出身地 滋賀県栗東市
身長 175cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 徳島ヴォルティス
ポジション DF
背番号 26
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2009
2009
2010-
サンフレッチェ広島
ガイナーレ鳥取
徳島ヴォルティス
4 (0)
10 (4)
42 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月18日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

橋内 優也(はしうち ゆうや、1987年7月13日 - )は、日本プロサッカー選手滋賀県栗東市出身。ポジションはディフェンダーJリーグ徳島ヴォルティス所属。東海大学付属第五高等学校卒業

人物[編集]

50m走は5秒台、垂直跳びで75cm以上飛べる、高い身体能力を持ち合わせた選手。基本ポジションはセンターバックや右サイドバックだが、FWとしても起用された事がある。[1]

性格が非常にいいため、チームメイトに慕われており、若手時代はJサテライトリーグでキャプテンも務めた[2]

元サッカー選手の橋内竜真は実弟。

来歴[編集]

中学時代までは地元滋賀県でサッカーをしていたが、高校は福岡県東海大学付属第五高等学校に越境入学。同期に藤田直之、実弟の竜真も同校出身。高校時代から持ち前の身体能力を活かしてDFだけでなくFWとしても活躍。2年時の2004年にサンフレッチェ広島ユースと対戦、同チームで最も才能を評価されていた前田俊介をマンマークしたプレーぶりが評価され、広島に入団するきっかけとなった[1]

2006年、サンフレッチェ広島に入団、同期は柏木陽介槙野智章趙佑鎮。同シーズン4月から暫定で監督を務めた望月一頼は、橋内をプレス要員としてFWで起用。同年5月3日J1対大宮アルディージャ戦にてFWとして出場、広島のシーズン初勝利に貢献した[3]

監督がミハイロ・ペトロヴィッチに交代した以降は右CBあるいは右アウトサイドとしてプレーしたが、怪我がちで出場機会に恵まれなかった。2008年末、移籍を前提に他チームに練習参加していたがまとまらなかった。翌2009年、引き続き広島に在籍、同年6月3日に若手主体となったナビスコ杯対大分トリニータ戦にてプロ初得点を決める。[2]

2009年9月より、JFLガイナーレ鳥取期限付き移籍[4]。センターバックとしてすぐにレギュラーを掴み、DFながら10試合で4得点を挙げる活躍を見せたものの、チームのJ2昇格には貢献できなかった。

2010年より、徳島ヴォルティスへ期限付き移籍。2011年より、同チームへ完全移籍。

エピソード[編集]

  • なだぎ武Twitterで「顔が自分に似ているらしいサッカー選手」として、橋内を挙げたことがある。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2006 広島 26 J1 1 0 2 0 0 0 3 0
2007 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 J2 2 0 - 0 0 2 0
2009 J1 1 0 1 1 0 0 2 1
2009 鳥取 JFL 10 4 - -[5] 10 4
2010 徳島 J2 6 0 - 0 0 6 0
2011 11 0 - 1 0 12 0
2012 3 25 3 - 0 0 25 3
2013 26 13 1 - 0 0 13 1
2014 J1
通算 日本 J1 2 0 3 1 0 0 5 1
日本 J2 57 4 - 1 0 58 4
日本 JFL 10 4 - 0 0 10 4
総通算 69 8 3 1 1 0 73 9

その他公式戦

代表・選抜歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 中国新聞 (2006年2月20日). “サンフレ情報 2006新戦力 DF橋内優也”. 2009年9月1日閲覧。
  2. ^ a b 中国新聞 (2009年6月3日). “4年目橋内、プロ初得点”. 2009年9月1日閲覧。
  3. ^ 中国新聞 (2006年5月3日). “16発耐えて今季初勝利”. 2009年9月1日閲覧。
  4. ^ J's GOAL (2009年8月31日). “橋内優也選手、ガイナーレ鳥取への期限付き移籍のお知らせ”. 2009年9月1日閲覧。
  5. ^ 広島在籍時に選手登録されていたため、鳥取では出場できなかった。

関連項目[編集]