高嶺ふぶき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかね ふぶき
高嶺 ふぶき
生年月日 1965年12月4日(48歳)
出生地 日本の旗 日本京都市
職業 女優
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 1983年 -
活動内容 1983年宝塚歌劇団入団、雪組配属
1996年:雪組トップスター就任
1997年:宝塚歌劇団退団、以降舞台中心に活動。
公式サイト ☆Snow White☆(オフィシャルブログ)
主な作品
舞台
エリザベート
ハウ・トゥー・サクシード

ドラマ
金色の翼
備考
宝塚歌劇団卒業生

高嶺ふぶき(たかね ふぶき、1965年12月4日 - )は、京都市出身の女優。赤坂マネージメント事務所契約アーティスト。

宝塚歌劇団雪組トップスター。宝塚歌劇団時代の愛称は「ユキ」。

略歴[編集]

1981年宝塚音楽学校に首席で合格。

1983年69期生として宝塚歌劇団に入団。月組公演『春の踊り〜南蛮花更紗〜/ムーンライト・ロマンス』で初舞台。同期生に元星組トップスターの麻路さき、元月組トップスターの久世星佳、元月組組長の出雲綾、元雪組トップ娘役の神奈美帆、元星組男役スターのちあきしん、元花組男役スターの海峡ひろき、元月組男役スターの若央りさ、元花組娘役スターの美月ノアなど。

同年、美月とともに雪組に配属された。二枚目男役スターとして活躍する。1985年、『愛のカレードスコープ』で新人公演初主演。1989年、『ムッシュ・ド・巴里』を最後に新人公演を卒業。新公卒業後は杜けあき一路真輝に続く男役3番手となる。また『ヴァレンチノ』のナターシャや『雪之丞変化』のお初やショーなど、女役も演じた。『華麗なるギャツビー』の併演のショー『ラバーズ・コンチェルト』では芝居での付けヒゲの男役から一転、女役を披露した。

1996年、一路の退団を受けトップスターに就任。相手役は花總まり。『虹のナターシャ/La Jeunesse!』でトップスターお披露目を果たした。翌1997年、『仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ』を最後に退団。美貌の青年貴族、ヴァルモンは自身の当たり役となった。

退団後は女優として舞台を中心に活動している。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

雪組時代[編集]

  • 『春の踊り』/『ムーンライト・ロマンス』(1983年3月-5月)*初舞台
  • 『はばたけ黄金の翼よ』新人公演:ジョバンニ(本役:北斗ひかる)(1985年1月)
  • 『愛のカレードスコープ』新人公演:エスカミリオ(本役:平みち)(1985年7月)*新公初主演
  • 『大江山花伝』新人公演:坂田金時(本役:一路真輝)(1986年3月)
  • 『恋のチェッカー・フラッグ』ルイス(宝塚バウホール、1986年10月-11月)
  • サマルカンドの赤いばら』新人公演:羊飼いの王子(本役:一路真輝)(1987年4月)
  • 『サマルカンドの赤いばら』羊飼いの王子、新人公演:ハッサン(本役:平みち)(東京、1987年7月)*新公主演
  • 『梨花 王城に舞う』新人公演:マルコ・ポーロ(本役:平みち)(1987年10月)*新公主演
  • 風と共に去りぬ』新人公演:アシュレ・ウィルクス(本役:杜けあき、平みち)(1988年1月)
  • 『たまゆらの記』新人公演:首皇子(本役:杜けあき)(1988年7月)
  • 『たまゆらの記』(東京、1988年11月)
  • 『ツーロンの薔薇』アロンゾ(宝塚バウホール、1988年12月)
  • 『ムッシュ・ド・巴里』新人公演:フランソワ・ヴィヨン(本役:杜けあき)(1989年3月)*新公主演
  • 『イルミネーション・ブラック』マック(宝塚バウホール、1989年4月-5月)
  • ニューヨーク公演(1989年10月)
  • 『天守に花匂い立つ』竜岡甲子郎/『ブライト・ディライト・タイム』スーパーセーラー(1990年1月-2月)
  • 『黄昏色のハーフムーン』銀色ウルフ(1990年6月-8月)
  • 『第九回バウ・コンサート 満漢全席』(1990年7月)
  • 『花のもとにて春』遮那王(牛若丸)(宝塚バウホール、1990年8月-9月)
  • 『恋さわぎ』次郎丸(1991年2月-3月)
  • ベルサイユのばらフェルゼン(全国ツアー、1991年4月-5月)
  • 華麗なるギャツビー』 ウルフシェイム(1991年8月-9月)
  • この恋は雲の涯まで』 乾王陵(1992年3月-5月)
  • 『ヴァレンチノ』 ナターシャ・ラムボワ(宝塚バウホール、1992年8月-9月)
  • 忠臣蔵〜花に散り雪に散り〜磯貝十郎左衛門(1992年10月-11月)
  • 『天国と地獄』 ドガー/リュドヴィーク(二役)/『TAKE OFF』旅の少年(1993年5月-6月)
  • 『ブルボンの封印』アドリアン・モーリス/『コート・ダジュール』レイモンド(1993年10月-12月)
  • 『ライト&シャドウ』(シアタードラマシティ、1994年1月)
  • 風と共に去りぬ』 アシュレ・ウィルクス(1994年5月-6月)
  • 『風と共に去りぬ』レット・バトラー&アシュレ・ウィルクス(役替わり)(東京、1994年8月)
  • 雪之丞変化』 お初/『サジタリウス』星人イオ(1994年11月-12月)
  • 『グッバイ・メリーゴーランド』ホワイト・ペガサス(宝塚バウホール、1995年1月)
  • 『JFK』 ロバート・F・ケネディ/『バロック千一夜』(1995年5月-6月)
  • あかねさす紫の花中大兄皇子/天比古(役替わり)/『マ・ベル・エトワール』黒猫(シャノワール)、TOKYO BOY(1995年11月-12月)
  • エリザベートフランツ・ヨーゼフ(1996年2月-3月)
  • 『アリスの招待状』 ジャック(宝塚バウホール、1996年4月-5月)

雪組トップ時代[編集]

  • 虹のナターシャ』三条薫/『La Jeunesse!』(1996年8月-9月)
  • 『晴れた日に永遠が見える』 マーク・ブルックナー(宝塚バウホール、1996年11月)
  • 『グランド・ベル・フォリー』(月組公演に特別出演、1997年)
  • 仮面のロマネスク』 ヴァルモン子爵/『ゴールデンデイズ』(1997年3月-5月) *サヨナラ公演

宝塚歌劇団退団後の主な舞台[編集]

舞台[編集]

  • エリザベートガラコンサート(フランツ・ヨーゼフ)
  • ヴィクター・ヴィクトリア
  • きららの指輪たち
  • 花のうさぎ屋(雪姫)
  • ザ・近松〜恋の手本となりにけり〜(おさん)
  • お気に召すまま(ロザリンド)
  • 上を向いて歩こう(マリー)
  • I do! I do! 結婚物語(アグネス)
  • 石松恋物語(お志乃)
  • ハウ・トゥー・サクシード(ローズマリー)
  • あげまん(暎子)
  • 夢番地一丁目〜富士見荘の秋〜(並木貴子)
  • まさかのChange?!(西園寺麗)
  • 幸福のお礼(奥村美佳子)
  • 長崎ぶらぶら節(梅次)
  • LOVE LETTERS(メリッサ)
  • 佐々木小次郎(出雲の阿国)
  • Thank you!Broadway!〜We Love N.Y〜
  • からくりお楽(おしづ)
  • My Mirage
  • ビギン・ザ・ビギン(霧立登美子)
  • Subjective Holies(菊水竹子)
  • 大川わたり
  • 港町十三番地
  • 奥様の冒険
  • GOOD
  • 孤愁の岸
  • 降りの女
  • 大石内蔵助
  • 夢追い迷?探偵物語
  • シンデレラストーリー
  • OHダディー!
  • Welcome to Jubilee Ⅲ
  • ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている
  • 肝っ玉姐さん奮闘記
  • コースター
  • いろはにそらしど
  • complex(劇団とっても便利
  • 眠れぬ夜の電波ハイジャック~銀座でLAZY MIDNIGHT~
  • 人形佐七捕物帳
  • 誠版スーパーレビュー
  • キャバレー
  • 女優~あなたには、人生を変えるチャンスがあるわ~
  • 信長とボク ボクのママ(劇団とっても便利)
  • 売らいでか! - 亭主売ります -
  • All of Love
  • 蘇州夜曲
  • 八犬伝 - 疾風異聞録 - (劇団ルドビコ)
  • EXTENSION
  • ザ・ナイスガイ
  • エリザベートスペシャルガラコンサート
  • Legendary
  • 赤毛のアン
  • バクマツ
  • DREAM A DREAM
  • セレブレーション100!宝塚
  • 売らいでか! *予定

テレビドラマ[編集]

参考文献[編集]

  • 『歌劇』1997年7月号 p.80-81(宝塚歌劇団)

外部リンク[編集]