クーデンホーフ光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クーデンホーフ=カレルギー光子

クーデンホーフ=カレルギー光子Mitsuko Coudenhove-Kalergi, 1874年7月24日 - 1941年8月27日)、旧名:青山 みつ(あおやま みつ) は、オーストリア=ハンガリー帝国の貴族ハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギーの妻で、リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーの母。

日本人でただ1人、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と会話した人物である。

生涯[編集]

クーデンホーフ=カレルギー光子こと青山みつは、東京府牛込骨董品屋を営む青山喜八と妻・津禰(つね)の三女として生まれた。1892年当時のオーストリア=ハンガリー帝国の駐日代理大使として東京に赴任してきたハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギーに見初められ、大使公邸に小間使いとして奉公する。ハインリヒが騎馬で移動中に落馬したのを、みつが手当てしたのがなれ初めだといわれるが定かではない。

1893年、周囲が反対する中、光子はハインリヒと結婚する。長男・ハンス光太郎、次男・リヒャルト栄次郎の2人の子を東京でもうけた。書類が残されており、東京府(当時)に届出された初の正式な国際結婚と言われている。ただ、この頃の国際結婚は外国人にあてがわれた現地妻という認識が強かったため、光子は実家から表向き勘当されている。また、ハインリヒはこの結婚に際し、青山家に対してかなりの犠牲を払ったらしく、後年光子が帰国しなかった理由のひとつがこのあたりにあったようである。

1896年に光子は、夫の祖国であるオーストリア=ハンガリー帝国へとわたる。その際には、明治天皇皇后美子から「異国にいても日本人の誇りを忘れないでください」と激励された。

クーデンホーフ=カレルギー家はボヘミアハンガリーに跨る広大な領地をもつ伯爵家であり、クーデンホーフ=カレルギー一族は極東アジアからきた東洋人で仏教徒の光子を奇異の目で見た。ハインリヒは「光子をヨーロッパ人と同等の扱いをしない者とは決闘をする」と言い、光子の庇護に努めた。その後、三男ゲオルフ[1]ほか4人、合わせて7人の子をもうける。

ハインリヒは子供たちが完全なヨーロッパ人として成長することを望み、日本人の乳母を帰国させ、光子に日本語を話すことを禁じた。光子は多忙な夫以外に心を打ち明けられる人間がいなくなり、強烈なホームシックにかかってしまう。ハインリヒは日本への里帰りを計画するが、長期間幼い子供たちと離れることは難しかった。夫婦仲は良かったが、18ヶ国語を理解し、特に哲学に関しては学者並みの知識を持つ教養豊かな夫と、尋常小学校を卒業した程度の学力しかない妻とでは教養のレベルの差がありすぎ、子供たちのこと以外に夫婦でつながりを持てるものは少なかったが、光子も渡欧後に自分の無学を恥じて、歴史・地理・数学・語学(フランス語・ドイツ語)・礼儀作法などを家庭教師を付けて猛勉強した。

Mitsuko Coudenhove 2.jpg

1905年日露戦争が起こり、日本の国際的地位が高まると、光子への偏見も和らぐが、翌1906年5月14日にはハインリヒが心臓発作を起こし急死した。ハインリヒの遺産は全て光子が相続するように遺言がなされていたものの、一族が財産を巡り訴訟を起こすが、光子はこれに勝訴する。以後、夫の遺産を相続し、伯爵夫人として家政を取り仕切った。そして子供たちの教育のため、財産を処分しウィーンへ居を移す。

1914年に始まる第一次世界大戦では、オーストリア=ハンガリー帝国と日本は敵国として戦うことになり、光子への差別は強まった。また、ハンスとゲオルフの2人の息子が兵士として従軍したり(リヒャルトは肺の病気で徴兵を免れた)、光子自身も赤十字社を通しての食糧供出に奔走するなど多難な時期を送る。

1918年に戦争が終わると、次男リヒャルトが舞台女優イダ・ローラントと結婚すると言い出し、光子と対立する。リヒャルトは家を飛び出し駆け落ちをした。その後、「汎ヨーロッパ主義」を著し、一躍ヨーロッパ論壇の寵児となる。長男ハンスも、裕福なハンガリー系ユダヤ人の一族出身でオーストリア=ハンガリー帝国最初の女性パイロットリリー・シュタインシュナイダーと結婚した。娘のイダ・フリーデリケ・ゲレスは、のち作家として成功した。

東京生まれの上の2人とボヘミア生まれの5人の子を差別したり、夫を失ってからは日本風に厳格に管理しようとしたため、成長した子供たちは光子に反発し、その元を去った。晩年の光子と同居し、未婚のまま光子の死を看取った次女オルガは、光子について「鬼婆のようだった」と語っている。

第一次世界大戦でオーストリア=ハンガリー帝国が崩壊したことに伴い、クーデンホーフ=カレルギー家も過半の財産を失った。光子はさらに、1925年脳溢血により右半身不随となるなど不幸な生活を送った。その後はウィーン郊外で唯一の理解者であった次女・オルガ[2]の介護により静養の日々をすごすようになる。そのころの唯一の楽しみは、ウィーンの日本大使館に出かけて大使館員たちと日本語で世間話をし、日本から送られてくる新聞や本を読むことであった。

1941年8月27日、第二次世界大戦の火の手がヨーロッパを覆う中、光子はオルガに見守られながら息を引き取った。ついに日本に帰ることはなかった。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゲオルフによると、クーデンホーフ=カレルギー家はハインリヒの曾祖母の代からの新興である上、偶然にも祖父と父・ハインリヒが外国人と結婚したため、近隣の貴族と親類関係を結ぶことができなかった。何代にもわたりその土地を治め、他家と血縁を結んでいるのが当然の貴族社会では全く異端であり、宮廷への参内資格もなく「貴族」などといえる家柄でないと語っている。
  2. ^ ちなみに、オルガは母の介護のため婚期を逃し、生涯独身であった。さらに、第二次世界大戦後はドイツ難民として中央ヨーロッパのあちこちを放浪、最後は西ドイツにて生活保護で暮らし孤独のうちに没した。葬儀の世話も、オルガの兄弟は何もせず、住んでいたアパートの住人が手分けして行うありさまであったという。このことは1973年NHKが放送したドキュメンタリー番組『国境のない伝記』、2002年に同じくNHKが放送した『ミツコ、二つの世紀末』でオルガの隣人だった女性が証言している。
  3. ^ 森孝一編『青山二郎の素顔―陶に遊び美を極める』228頁

外部リンク[編集]