誠仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
誠仁親王
Prince Sanehito.jpg
誠仁親王像(泉涌寺蔵)
続柄 正親町天皇第5皇子
称号 陽光院(院号)
陽光太上天皇(追尊)
出生 天文21年4月23日1552年5月16日
死去 天正14年7月24日1586年9月7日
配偶者 勧修寺晴子(妃)
  藤原氏(典侍)
子女 和仁親王 ほか
父親 正親町天皇
母親 万里小路房子
テンプレートを表示


誠仁親王(さねひとしんのう、天文21年4月23日1552年5月16日) - 天正14年7月24日1586年9月7日))は、安土桃山時代皇族。院号は陽光院。追尊として陽光太上天皇が贈られた。

系譜[編集]

正親町天皇の第五皇子。母は内大臣万里小路秀房の娘、准三宮藤原(万里小路)房子。妃は勧修寺晴右の娘晴子

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
102 後花園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
103 後土御門天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
104 後柏原天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
105 後奈良天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
106 正親町天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誠仁親王
(陽光院)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
107 後陽成天皇
 
良恕法親王
 
八条宮(桂宮)
智仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
智忠親王
 
広幡忠幸
広幡家始祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

略歴[編集]

永禄11年(1568年)12月に親王宣下され元服、天正12年(1584年)1月三品に叙せられる。織田信長と親密な関係であり、信長は誠仁親王との関係を通して朝廷との関係を優位にしようとしていた。

誠仁親王は信長から献上された二条新御所(二条城の前身)で正親町天皇に代わって、織田家中の者より「主上」「今上皇帝」と称されていた。

本能寺の変の際も当然二条新御所にいたが、突然織田信忠が移動してきた。明智光秀軍に二条新御所が包囲されるが、明智光秀と織田信忠との話し合いがまとまり、誠仁親王は御所へ移動することができたため難を逃れた。

立太子から譲位する間際に病没し、その遺子である和仁親王(後陽成天皇)を正親町天皇猶子として譲位した。後陽成天皇は後に病没した父(誠仁親王)へ陽光太上天皇の尊号を贈った。なお、子である邦慶親王は織田信長の、智仁親王羽柴秀吉猶子となっている(なお、誠仁親王が信長の猶子となったという説があるが、これは誠仁親王も邦慶親王もいずれも「五宮」と呼ばれていたことから来た誤伝である)。

陵墓・霊廟[編集]

親王の墓所は太上天皇号が追尊されたため「陵」を名乗っている。御陵は月輪陵といい、京都東山泉涌寺山内にある。