勧修寺晴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

勧修寺 晴子(かじゅうじ はるこ、天文22年(1553年) - 元和6年2月18日1620年3月21日))は、正親町天皇の第五皇子誠仁親王女房。父は勧修寺晴右で、母は従三位粟屋元子勧修寺晴豊万里小路充房正親町三条公仲室らの姉妹。子に後陽成天皇空性法親王良恕法親王八条宮智仁親王永邵女王など6男3女がいる。母の実家、粟屋氏甲斐源氏安田氏の一族で、安田義定の子孫である。当時は同族で若狭守護だった武田氏の最有力家臣であり武家の名門の家柄。

永禄10年(1567年)誠仁親王に女房として仕え、「阿茶局」と称したが、実質においては妃に近い存在であった。天正14年(1586年)11月彼女の産んだ後陽成天皇が即位すると、「国母」として遇されて他の女房と一線を画され、同年11月20日に准三宮となった。慶長5年12月29日(1601年1月23日)院号宣下により女院となり新上東門院と号した。元和6年2月18日、68歳で崩御した。墓は京都泉湧寺月輪陵域にある。