立花道雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
立花 道雪 / 戸次 鑑連
No image available.svg
※肖像画は福岡県柳川市の
福厳寺に所蔵されている
時代 戦国時代から安土桃山時代
生誕 永正10年3月17日1513年4月22日
死没 天正13年9月11日1585年11月2日
改名 八幡丸、孫次郎(幼名)、戸次親守、親廉、戸次鑑連、麟伯軒道雪(号)
別名 鬼道雪、雷神(渾名)、紀伊入道・丹後入道(通称)
神号 梅岳靈神
戒名 福厳院殿前丹州太守梅嶽道雪大居士
墓所 福岡県新宮町梅岳寺
福岡県柳川市福厳寺
官位 伯耆守左衛門大夫紀伊守丹後守
主君 大友義鑑宗麟
氏族 藤原北家秀郷流大友氏族(戸次氏立花氏
父母 父:戸次親家、母:由布惟常の女
継母:臼杵長景の女・養孝院
兄弟 姉(清田鑑綱正室)、姉(安東家忠正室)、戸次鑑連(道雪)
異母弟:戸次鑑方戸次親行(子に立花次郎兵衛統春
異母妹:片賀瀬戸次氏第三代当主戸次親方正室、戸次親繁正室(臼杵鑑速養女)、利光鑑教正室、戸次親行正室
正室入田氏
継室問註所鑑豊統景の祖父)の女・仁志
側室宗像正氏の女・色姫
実女:戸次政千代(入田氏との生れたが12歳で早世している)、立花誾千代立花宗茂正室)
養子立花宗茂戸次鎮連立花道清安武茂庵
養女戸次親延の娘小野鎮幸)室、安武鎮則の娘米多比鎮久)室、高橋紹運の娘立花成家)室、由布惟明の娘大鳥居信岩)室

立花 道雪/戸次 鑑連(たちばな どうせつ/べっき あきつら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将豊後戦国大名大友氏家臣臼杵鑑速吉弘鑑理らと共に大友家の三宿老に数えられた[1]

大友義鑑大友義鎮の2代に渡って大友家に仕えた宿将で、北九州各地を転戦した。自らは半身不随であったが、その勇猛は諸国に知られて恐れられた。本人は立花姓を名乗っておらず、戸次鑑連または戸次道雪で通している。

生涯[編集]

少年期・家督相続[編集]

永正10年(1513年)3月17日、大友家の一族である豊後入田郷藤北(大分県豊後大野市鎧岳城主・戸次親家の子として生まれる[2]。幼名は八幡丸(はちまんまる)[2]

幼くして母を失い、父も病床にあったために代わりに継母(父の後妻で臼杵鑑速の姉)によって育てられた。元服前の14歳の時、病弱な父に「我が父上の名代として出陣致す」と自ら志願し、武功の老臣3人の補佐を付けて、2000人の兵を授けられて初陣した[2]。この時は大内領豊後馬ヶ岳城(現在の福岡県行橋市)を攻め、道雪は金の指揮旗を振って奮戦し、兵力で3000ほど勝る大内軍に勝利して凱旋した[2]。その直後の大永6年(1526年)、父・親家の死にともない、元服して戸次氏の家督を相続し、親守(ちかもり)、親廉(ちかかど)を名乗った。家督相続後は大友義鑑に仕え、のちにその偏諱を賜って鑑連に改名する。

半身不随の闘将[編集]

道雪は若い頃に半身不随になったとされる。時期に関しては正確には不詳であるが、『大友興廃記』では道雪が故郷の藤北で炎天下の日、大木の下で涼んで昼寝をしていたが、その時に急な夕立で雷が落ちかかった。枕元に立てかけていた千鳥の太刀を抜き合わせ、雷を斬って涼んでいたところを飛び退いた。これより以降、道雪の足は不具になり、出陣も駕でなければかなわなくなった。されど勇力に勝っていたので、常の者・達者な人より優れていた。さて千鳥の太刀だが、雷に当たった印があった。これより千鳥を雷斬と号するようになった、とある[2][3]

こうして障害者となった道雪であるが、家臣に手輿を担がせて自らは輿に座り、2尺7寸(約82センチ)ばかりの刀と鉄砲1挺、それに腕貫をつけた長さ3尺(約1メートル)の手棒を常に側に置いた[3]。手輿の周りには長い刀を持った100人ばかりの定衆と名付けた若者が、徒歩で固めていた[3][4]。戦いが始まると、その若者に輿を担がせ、敵が間近になると手棒で手輿の縁を叩いて自ら「えいとう、えいとう」と大声で音頭をとり、敵陣に突っ込ませた[4]

二階崩れの変[編集]

天文19年(1550年)2月、大友義鑑が嫡男義鎮を廃嫡にし、3男・塩市丸を後継者としようとしたことから、反発した義鎮派の家臣が義鑑を襲撃するという二階崩れの変が発生、数日後に義鑑は変で受けた傷がもとになって死去する。この際、鑑連は義鎮を支持し、彼の家督相続に力を尽くした。また、鑑連は二階崩れの変の直後に阿蘇氏を頼って肥後に逐電した塩市丸派の入田親誠を追討するために、7月に肥後に侵攻している。

天文22年(1553年)、41歳となった鑑連は異母弟・鑑方の子・鎮連を養子に迎え、戸次氏の家督を譲って隠居している。しかし、天文23年(1554年)には肥後に侵攻して菊池義武を滅ぼし、相良氏への護送の最中に義武を豊後直入郡自害させた[5]。このように隠居とは名ばかりであったようである。

毛利家との戦い[編集]

以後も大友氏の重臣として活躍し、特に筑前侵攻を企図する毛利氏との抗争に力を費やしている。弘治3年(1557年)には毛利元就と通じた秋月文種を自害に追い込み[5]、同年に義鎮の異母弟・大内義長が元就に討たれると、旧大内領の確保にも努めたほか、永禄4年(1561年)には豊前に出陣して毛利元就と戦っている(第二次門司城の戦い)。こうした功績から永禄4年(1561年)に義鎮の補佐役である加判衆に任じられている。また、永禄5年(1562年)、義鎮が宗麟として出家したのにならって自身も剃髪し、麟伯軒道雪と号している[1]

道雪を中心とする大友勢の毛利氏との戦いは永禄6年(1563年)、室町幕府第13代将軍・足利義輝の仲介により、一度大友家と毛利家の間で休戦が成立するまで続いており、またこの休戦の際は宗麟に対して7か条に及ぶ断固反対の立場を貫いている。

毛利家との戦いは永禄10年(1567年)1月にかつて道雪が討った秋月文種の子種実が毛利氏の援助を得てひそかに筑前に入り、秋月氏再興の兵を起こした。また、この秋月種実の動きに大友氏の重臣・高橋鑑種が6月に入って筑前宝満城、岩屋城に拠って呼応し、更に筑後国衆・筑紫広門も叛旗を翻した。こうした動きに対して7月、宗麟は道雪に命じて高橋氏、秋月氏討伐を開始することになる。道雪は出陣すると岩屋城を攻略し、また斎藤鎮実が筑紫広門を降伏させるなど有利に戦いを進めた。しかし、8月に入って高橋氏の宝満城に抑えの兵を残し、秋月氏討伐を企図したものの、秋月勢の頑強な抵抗を受け、たびたび自ら陣頭に立って戦う羽目になったほか、9月に発生した休松の戦いでは種実が大友軍の臼杵鑑速吉弘鑑理を夜襲により、冷静にこれに対処し、敗北の臼杵・吉弘軍を収容した後に、撤退を指揮したが、異母弟の戸次鑑方や従兄弟の戸次鎮方を失った。こうした大友方の苦戦を目の当たりにした筑前国衆からは9月以降、原田隆種宗像氏貞などの離反者が相次ぐことになった。特に筑前の大友方の重要拠点である立花山城主・立花鑑載が毛利元就の調略に応じて叛旗を翻したことで立花山城が毛利方の手に落ち、肥前の龍造寺隆信も大友氏との対決姿勢を強め、筑前戦線は崩壊の危機に立たされた。道雪はこうした危機的な状況の中、立花山城を奪還することで戦局を好転させようとし、永禄11年(1568年)の春から立花山城を包囲する。3ヶ月にわたる攻城戦の結果、7月になって立花山城は陥落、立花鑑載が自害した。これにより、孤立を深めた秋月氏、宗像氏は降伏している。これにより筑前戦線は小康状態となったが、永禄12年(1569年)4月に立花山城を奪還すべく吉川元春小早川隆景率いる毛利勢が筑前に来襲し、5月に立花山城が陥落したことにより、道雪と大友勢の苦戦は続くことになる。道雪は再び立花山城を攻めることになり、5月中旬に発生した多々良浜の戦いでは道雪自ら陣頭に立って先に鉄砲八百挺一度に放ちかけて、馬を乗出し敵の中へ縦横に突て廻りける「長尾懸かり」という戦法で毛利方の主力である小早川勢を撃破したが、一方で戦線は膠着することになった。

こうした中、主君・宗麟は吉岡長増の献策を容れ、大内一族である大内輝弘を周防に送り込んで大内氏再興を図らせた。大内旧臣を糾合した輝弘は毛利方の周防における重要拠点である高嶺城を脅かし(大内輝弘の乱)、また山中幸盛が尼子氏再興の為、尼子勝久を奉じて隠岐より出雲へ侵攻したことにより、毛利氏は戦線を維持できなくなり永禄12年(1569年)11月になって撤退し、10年以上に渡った毛利氏と大友氏の筑前争奪戦はようやく終わりを告げた。

北九州各地の転戦[編集]

元亀元年(1570年)、龍造寺隆信との今山合戦にも従軍した。

こうして道雪は大友方の主将として戦い抜いた功績により、元亀2年(1571年)、立花家の名跡を継承し、立花山城主となっている。なお、この時から道雪は城督として筑前の軍権を握ることになり、加判衆を辞任している。

天正3年(1575年)、宗麟の命令で戸次氏の家督を継いでいた甥鎮連の子統連に立花氏の家督を譲るように迫られたが、道雪は拒絶して重臣の薦野増時を養子に迎えようとした。しかし、増時が養子となることを辞退したため、道雪はただ1人の愛娘である誾千代家督を譲り、立花山城主としている。天正9年(1581年)、同じ大友氏の家臣であり、道雪と同じく高橋氏の名跡を継いでいた高橋紹運の子・統虎婿養子に迎え、家督を譲っている。

大友家の大黒柱と最期[編集]

天正6年(1578年)、宗麟は島津氏討伐を企図し始める。道雪はこの方針に反対していたが、宗麟は日向侵攻を強行した。この際、道雪は従軍していなかった[6]。この日向侵攻により発生した耳川の戦いで大友勢は大敗を喫し、宗麟の参謀役であった角隈石宗や重臣の吉弘鎮信斎藤鎮実佐伯惟教田北鎮周など多数の有力武将を失っている。これにより、大友家の勢力は大いに衰えることになった。この大敗を知った際、道雪は宗麟とその嫡子の義統、そしてこの合戦を指揮した重臣を痛烈に批判した[6]

以後、大友家は島津家に対して守勢に回ることになる。この不利な情勢下で道雪は家臣の離反が相次ぐ大友家に忠誠を尽くし、高橋紹運とともに島津家と戦い続けることになった。天正7年(1579年)には宗像氏麻生氏原田氏の反乱を鎮圧した[5]。天正8年(1580年)には豊後南郡衆の裏切りを憂慮して9か条の檄文を出している[5]

天正12年(1584年)の沖田畷の戦いで龍造寺隆信が討ち死にしたことにより、島津方の圧力が強まる中、筑後を守るべく戦っていたが、天正13年(1585年)、筑後猫尾城など筑後諸城を攻落した後の6月、柳川城攻めの最中に高良山の陣中にて病を得た[7]。高良大社(現在の福岡県久留米市)で病気平癒の祈願が行なわれ、行動を共にしていた高橋紹運も必死に看病した[7]。しかし9月11日に病死した[6][8]。享年73[8]

遺言[編集]

道雪は「我が死んだならば、屍に甲冑を着せ、高良山の好己の岳に、柳川の方に向けて埋めよ。これに背けば、我が魂魄は必ず祟りをなすであろう」と遺言したという(『常山紀談』)。この遺言を知った養嗣子の宗茂は「遺言はそうあっても、死骸をただ一人棄て置く事は、人のそしりを受けよう。立花に帰し入るべきだ」と命じた[9]。すると道雪の重臣・由布惟信が「遺言は重く背きがたい。我はここで切腹し、お供つかまつる」と言い、他の重臣も我も我もと殉死を願い出た[9]。これに対して原尻宮内少輔が「各々方が名誉を好んでそうする事が、果たして統虎(宗茂)公のために良い事か。統虎公のためにこそ、腹を召されよ」と叫び、惟信は「最もである。祟りがあるならば、この由布一族が罰を受けよう」と述べて、立花軍は道雪の亡骸を伴って帰還したという[9]

辞世の句[編集]

「異方(ことかた)に、心引くなよ、豊国(とよくに)の、鉄(かね)の弓末(ゆずえ)に、世はなりぬとも」

人物像[編集]

道雪は前述しているように『大友興廃記』などによれば若い頃に落雷を受けて半身不随になり、以後輿の上で指揮をとっていたとされる。また、落雷を受けた際に雷の中にいた雷神を斬っており、この時に雷神を斬った刀「千鳥」を「雷切」と改名し、傍らに置いていたとされる。またこの逸話から、「鬼道雪」「雷神」と呼ばれ畏怖されていたともされる。しかし、秋月氏との合戦では「自ら太刀を振るい、武者7人を斬り倒した」という記録もあり、この年代の資料にも輿に乗っていたという記述は無い為、「若い頃に落雷によって下半身不随になった」というのは創作ではないかとも言われ、真偽はわかっていない。

道雪の法号の由来は「道に落ちた雪は消えるまで場所を変えない。武士も一度主君を得たならば、死ぬまで節を曲げず、尽くし抜くのが、武士の本懐である」というものである[9][1]。このため現在、道雪は「義」に厚い武人として評価されている。

武略[編集]

道雪は半身不随ながら武勇では並ぶ者無しの名将で、その噂を聞いた甲斐武田信玄が対面したいと希望したという逸話もある。

小早川隆景率いる毛利軍と戦った際、道雪は将兵の中から弓が得意な兵を800人選抜した。そして毛利軍との戦いの際、毛利兵に雨霰と矢を射込ませたが、この際に矢に「参らせ戸次伯耆守」と朱記させていた。これを目にした毛利兵は次第に恐怖感、焦燥漢を募らせ、毛利軍は撤退に追い込まれたという[10][11][12]

毛利軍との戦いで勝利を重ねた道雪は、毛利家の興亡を焦点にしている軍記物である『陰徳太平記』で「道雪は大友家に肩を比ぶる者なきのみか、隣国にも亦類少き士大将にて、智謀尭捷兼達し、堅を砕き、利を破り、奇正応変に過ちなく」と賞賛されている。現代語にするなら「道雪はいかなる状況でも的確な判断を行ない、臨機応変に対処できる、戦国屈指の名将だ」と褒め称えているのである[11][13]

宗麟への諫言[編集]

ある時、宗麟が凶暴な猿を手元に置き、これが家臣に飛び掛るのが面白くて何度もけしかけた事があった。これには家臣も辟易し、大変困り果てた。これを聞いた道雪は、他の家臣と同じように宗麟の前へ出向いた。案の定、宗麟が猿をけしかけてきたので、道雪はこれを鉄扇で叩き殺してしまった。驚く宗麟に「人を弄べば徳を失い、物を弄べば志を失う」と諫言したので、宗麟は大変反省した[14]

現在の大分市鶴崎に無形民俗文化財鶴崎踊りがあるが、この踊りの起源は道雪である。宗麟がまだ義鎮と呼ばれた若い頃、酒と女に溺れて国政を顧みず、忠勤の者を賞さずに罪ある者を罰そうとさえしなかった。道雪は危機感を持ち、宗麟に拝謁を申し出たが、宗麟は道雪が諫言しに来たと悟って会おうとしなかった。そこで京都から美人の踊り子を詠んで昼も夜も構わずに自分の屋敷で躍らせた。女好きの宗麟は堅物の道雪の行為に驚きながらも興味を持ち、自ら道雪の屋敷にやってきた。そこで道雪はようやく宗麟に拝謁する事ができ、「たとえ折檻を受けても、主人の過ちを正すのが臣たる者の勤めである。我が身を恐れて自分さえよければ、他人はどうでもよいというのは卑怯である。自分の命は露ほども惜しくは無い。それより主人が世間の外聞を失う事が無念である」と述べて諫言した(『立花道雪覚書』)。宗麟はこの道雪の諫言を聞き入れて襟を正し、以後も宗麟の行状に問題があれば道雪が諫言して改める事が続いた[15][16]。ちなみに鶴崎踊りはこの時の踊りが大分に残ったものである[17][14][13]

家臣への対応[編集]

道雪は障害者となったためか、他人への配慮を欠かさなかった事でも知られる。『常山紀談』では道雪の言葉として「武士に弱い者はいない。もし弱い者がいれば、その人が悪いのではなく、大将が励まさない罪による。我が配下の武士は言うに及ばず。下部に至っても武功の無い者はいない。他の家にあって後れをとる武士があらば、我が方に来て仕えるがよい。見違えるような優れ者にしてやろう」とある[8]

このような考えのもと、道雪の家臣に対する逸話は非常に多い。武功の無い武士がいると「運不運が武功にはあるもの。そなたが弱い者でない事は、我が見定めている。明日の戦いに出る際、そそのかされて抜け駆けなどして討死してはならぬ。それは不忠というものぞ。身を全うしてこの道雪の行く末を見よ。お前たちを打ち連れているからこそ、かくのように年老いても敵の真ん中に出られ、怯んだ様子も見せないのだ」と言ってその武士と酒を酌み交わし、ある時は武具を与えたりもした[4]。このように配慮を欠かさないから、道雪の配下は次の戦いでは他に遅れまいとして勇み、その武者振りがいいと「あの者を見よ。この道雪の睨んだ目に狂いは無かった」と周囲にもわかるように賞賛・激励した。このため士卒は道雪のために命を惜しまずに働いた[18]。このような配慮のためか、ある合戦で道雪の軍は苦戦した。そのため「我を敵の中に担ぎ入れよ。命が欲しければ、その後で逃げよ」と道雪が下知した。すると家臣らは奮起し、敵に対して何度も槍を交えて、遂に追い返したという[18][4]

客を招いての酒の席で部下が粗相をした際、「今、私の部下が失礼をしたがこの者は戦場では何人分もの働きをする。特に槍の扱いなどは当家一であろう」と客に話し部下に恥をかかせなかった。他にもある家臣が道雪の侍女に密通して問題になったが、肝心の道雪は「若いのだから当たり前だ。色恋に迷ったからと言って誅殺するには及ばぬ。人の上に立って、君と仰がれる者が、ちょっとしたことで人を殺せば、人は君に背くもととなる。国の大法を犯したのとは違う」と述べて笑った。この言葉を聞いた家臣は、後に道雪を守りながら戦死したと伝わる[4][1]

重臣であった薦野増時は恩賞として道雪の隣に墓所を置き、死後も道雪の傍にあることを望んで許されていた。関ヶ原の戦いの戦後処理として立花氏の改易に伴い、黒田家臣となった増時ではあったが、この許しを得ていたことを生涯忘れず、死後に道雪と同じく梅岳寺に葬られた。

軍律に関しては非常に厳しく、筑前川原崎で蒲池氏と対陣中に越年することになった時、一部の家臣が無断で陣地を離れて我が家へ戻った事を知った道雪は、直ちに追っ手を差し向け、その時追っ手に家へ帰った家臣のみならず、その親をも殺すよう命じた。家老たちが親までも殺すことはないだろうと諫めても「大事な戦場の持ち場から逃げ帰ってくる息子を追い返さない限り、その親も同罪だ」と言って取り合わなかったという。

家臣団[編集]

太字」、「」の入っている人物は道雪(鑑連)から偏諱を賜った人物である。


戸次の二王[編集]

内田鎮次森下備中(森下釣雲の父)

立花双璧[編集]

由布惟信、小野鎮幸

立花四天王[編集]

由布惟信、十時連貞安東家忠高野大膳、小野鎮幸(家忠隱居の後は入れ替え)

豊後戸次家時代には安東家忠、十時惟忠(十時右近太夫)、由布惟明(由布大炊介)、高野大膳で「戸次四天王」と称された。

道雪七家老[編集]

由布惟信、由布家續、安東家忠、安東家榮十時連秀森下釣雲堀祥

立花城重臣一覧[編集]

―― 天正10年(1582年)11月、道雪、統虎の立花氏名跡継承の祝宴を立花城に催した際の列席者(豊前覚書)

左列:安武方清、小野鎮幸、立花鎮実、米多比鎮久、立花鑑貞、戸次越中守、戸次勘右衛門、立花統春、丹半左衛門、森下中務、戸次六郎、田尻与左衛門、小野成幸城戸清種

右列:小田部新介、由布惟信、薦野増時、小田統家、由布惟明、十時連秀、堀千々代、高木玄勝、原尻左馬助

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 楠戸義昭『戦国名将・智将・梟将の至言』P163
  2. ^ a b c d e 楠戸義昭『戦国名将・智将・梟将の至言』P160
  3. ^ a b c 楠戸義昭『戦国名将・智将・梟将の至言』P161
  4. ^ a b c d e 楠戸義昭『戦国名将・智将・梟将の至言』P162
  5. ^ a b c d 阿部猛『戦国人名事典』P492
  6. ^ a b c 楠戸義昭『戦国名将・智将・梟将の至言』P165
  7. ^ a b 楠戸義昭『戦国武将名言録』P392
  8. ^ a b c 川口素生『戦国名軍師列伝』P52
  9. ^ a b c d 楠戸義昭『戦国武将名言録』P393
  10. ^ 川口素生『戦国名軍師列伝』P47
  11. ^ a b 川口素生『戦国名軍師列伝』P48
  12. ^ 川口素生『戦国軍師人名事典』P203
  13. ^ a b 川口素生『戦国軍師人名事典』P204
  14. ^ a b 楠戸義昭『戦国武将名言録』P205
  15. ^ 川口素生『戦国名軍師列伝』P50
  16. ^ 楠戸義昭『戦国名将・智将・梟将の至言』P164
  17. ^ 楠戸義昭『戦国武将名言録』P204
  18. ^ a b 楠戸義昭『戦国武将名言録』P203

参考文献[編集]

書籍
史料

関連作品[編集]

外部リンク[編集]

先代:
戸次親家
豊後戸次氏当主
戸次鑑連(道雪)
次代:
戸次鎮連
先代:
立花鑑載
筑前立花氏当主
1570年 - 1575年
次代:
立花誾千代