松平忠昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
松平 忠昌
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 慶長2年12月14日1598年1月21日
死没 正保2年8月1日1645年9月20日
改名 虎松、虎之助
戒名 隆芳院殿郭翁貞真大居士
墓所 福井県吉田郡永平寺町 永平寺曹洞宗
官位 伊予守正四位下参議
上総姉ヶ崎藩1万石→常陸下妻藩3万石→信濃松代藩12万石→越後高田藩25万石→越前福井藩50万石
氏族 越前松平氏
父母 父:結城秀康
母:・清涼院(岡山。秀康家臣中川一茂の娘)
養母:英勝院(徳川家康側室)
兄弟 忠直(同母兄)、忠昌直政直基直良喜佐姫長州藩毛利秀就正室)
正室:紀州藩浅野幸長の娘・花姫
継室:従一位准大臣広橋兼賢(公家)の娘・道姫(光通母)
側室:白石氏(幾久。昌勝母)、浦上氏(昌親母)
昌勝(長男)、光通(次男)、長松(早世)、徳松(早世)、昌親(五男)
万姫(出雲松江藩松平綱隆正室)
国姫(越前丸岡藩本多重昭正室、後に従四位上左近衛中将飛鳥井雅直(公家)室)
千姫(長州藩毛利綱広正室・高寿院)、布里姫(下総大輪藩土井利直継室)

松平 忠昌(まつだいら ただまさ)は、江戸時代前期の大名越前福井藩(北ノ庄藩)第3代藩主[1]。初代藩主結城秀康の次男で、第2代藩主松平忠直の同母弟。

生涯[編集]

1598年1月21日慶長2年12月14日)、大坂に生まれる。幼名は虎松、虎之助。5歳の頃より秀康から永見吉次(毛受忠左衛門、のち永見志摩)らの家臣を附属された。慶長12年(1607年)、祖父の徳川家康、叔父の徳川秀忠に謁見し、秀忠の側近くで養育された。叔父にあたる徳川頼房と同じく、慶長12年(1607年)に家康側室の英勝院猶子となり、同年11月、上総姉ヶ崎藩1万石を与えられる。

武勇に優れた血気盛んな性格で、大坂冬の陣の際は徳川秀忠の側で随行した。翌年の慶長20年(1615年)が近づく頃、徳川幕府と大坂の豊臣氏との最終対決が近づく気配を感じると、「年齢が若いために出陣許可が下りない」可能性を考慮し、直前の正月に急いで元服を済ませ、大人として扱われることを望んだ。望み通り、秀忠より偏諱(「忠」の字)を賜って忠昌と名乗って元服し出陣の許可を得ると、直後の夏の陣では他の兄弟と共に、兄の忠直軍の一角を占めて出陣した。夏の陣の際は、大坂八町の一番乗りの功績を挙げる。忠昌の手勢が挙げた首級は57、うち自身で挙げた首級が2と記録されている。この際に使用した片鎌槍は、その後福井藩の大名行列のシンボルとなった。大坂冬の陣と夏の陣の間の慶長20年(1615年)年1月12日、従四位下侍従に叙任、伊予守と称する。

この大坂の役の活躍により、常陸下妻藩主であった頼房の水戸転封の跡に、下妻藩3万石へ加増移封された。さらに翌年の元和2年(1616年)には松平忠輝改易の跡、信濃松代藩12万石へ、元和4年1618年には越後高田藩25万石へと加増移封されている。[2]

元和9年(1623年)、2代将軍秀忠と仲が悪く、素行にも粗暴な一面があったなどとされる兄・忠直が「不行跡」を理由に配流処分となった。その後幕命により、弟である忠昌が藩領のうち、越前北ノ荘(福井)50万石及び越前松平家附家老本多富正を筆頭とする「武辺者の家臣105騎」(幕府の命により忠直家臣団より幕府が選抜した)[3]を継承し、高田から随従の300騎を併せて新たに福井藩の家臣団を形成し、藩領を相続した。当初、甥で忠直の嫡子・仙千代(後の松平光長)の行く末を思いやった忠昌は相続を固辞したが、幕府は仙千代に対しては別に領地を与えるとしたため、忠昌は本家を相続することとなった。のち仙千代には新たに越後高田に26万石が与えられた。[4][5][6]寛永3年(1626年)8月19日に正四位下参議となる。

寛永11年(1634年)第3代将軍徳川家光が大軍を率いて上洛した際、忠昌も上洛した。同年、領地朱印状を拝領し、それによれば同年8月時点での所領は50万5,280石である。のち、寛永14年(1637年)、弟の直良の越前木本藩から越前勝山藩への移転に伴い、幕府より木本藩2万5,000石の旧領のうち2万石を加増される[7]。正保元年(1644年)には、同じく直良が勝山3万5,000石から越前大野藩5万石へ移った後の勝山3万5,000石を幕府より「預領」として預けられた。

寛永14年(1637年)の島原の乱には出兵の命は下らず、見舞いと称する藩士12人を派遣した。寛永20年(1643年)異国船改めのため三国湊に番所を建てる。正保2年(1645年)8月1日、江戸の霊岸島の中屋敷にて死亡した。葬儀の後、家臣7名が殉死(追腹)している。法名は隆芳院殿郭翁貞真大居士。墓地は永平寺[8]。また子の光通が開基となった大安禅寺にも、藩祖で父の結城秀康らと並んで墓がある。

忠昌の死後、福井藩は家督相続問題などから次第に所領を減封されていった。

藩政[編集]

福井藩以前[編集]

福井藩相続以前の領地は激しく移転を繰り返し、それぞれの土地での藩政の話題は少ない。松代藩を統治した際、それまでこの地を治める藩は「川中島藩」と呼ばれていたが、忠昌が居城を松代城と定めて以降、この地を治める藩は「松代藩」と呼ばれるようになった。越後高田藩時代は地元の神社仏閣を保護したことが伝わり、特に米山薬師を崇拝していたと伝わる。

福井藩[編集]

50万石を領する大大名となった忠昌は、北ノ庄の「北」が敗に通じるということで、福井城中の井戸から由来し、街の地名を「福居」と改めたとされている(さらにこれは、元禄時代に「福井」となった)。福井に入った忠昌は直後より法令を公布し、宗門改を行うなど、領内や家臣団の規律を定めて統率を強化した。新田開発、交通網の整備にも力を入れた。忠昌の治世は洪水・疫病・地震など何度も災厄に見舞われ、治世は多難を極めたが、忠昌と家臣団は見事な手腕を見せて藩政を安定化させ、それらを乗り切った。

また、大安寺温泉付近で新規の温泉場の開発を行おうとした形跡がみられ、該当地域の温泉管理を行う住民に、租税免除を発している。[9][10]この大安寺温泉は、忠昌が湯治利用したと伝わっている。

家臣[編集]

忠昌が越前松平宗家を相続した際、幕府附家老の本多富正は将軍から直々に「忠昌を支えてこれまで通り藩政を補佐するように」と命じられる。藩には幕府に選ばれた有能な家臣の多くが残されていたため、忠昌は滞りなく藩政をスタートさせることができた。主な家臣を評する『越州御代規録』に残る言葉に「頼むへし本多丹波(本多富正)に壱岐(杉田三正)如来鬼か志摩(永見吉次)なる伊勢(狛孝澄)海老のつら」とある。しかし、高田藩時代に附家老であった稲葉正成春日局の夫)は福井藩に参加せず出奔し、幕府により蟄居を命じられている。

忠昌は武勇に優れていたために武を好み、槍術師・剣術師・柔術師・弓術者・砲術師・軍学者などを多数召抱えた。大谷吉継の孫大谷重政真田昌輝の子真田信正長沢松平家松平正世など、改易・絶家となった大名の子孫も召抱えている。

また、刀鍛冶を保護したことでも知られている。高田城主時代には助宗(島田助宗?)という刀鍛冶を御用鍛冶として保護したらしく、元和9年(1623年)に鍛えさせ、米山薬師に奉納した太刀が現存する[11]。福井藩には以前、お抱えの刀鍛冶として越前康継がいたが、幕府に招かれて江戸で作刀するようになっていた。忠昌は松代藩主時代からお抱えの山城守国清を引き続き採用し、国清は名刀の数々を生み出している。康継は幕府から「葵紋」を彫ることを許されていたが、国清は朝廷から「菊紋」を彫ることを許されていた。

江戸屋敷[編集]

松平忠昌上屋敷(龍ノ口屋敷)模型

忠昌は家督相続後、結城秀康から忠直に受け継がれた麹町屋敷(東京都麹町)は相続していない。これは当時、忠直の息子の仙千代(のちの光長)やその他妻妾らが住んでいたため、それらを気遣ってのこと[12]ともされるが、そもそも当時既に越後高田25万石という立派な大名であった忠昌は、江戸城大手門至近の龍ノ口(現在の東京都大手町)に立派な屋敷を構えていて、移転の必要がなかったためでもある[13]。この上屋敷は現在その遺構建築物は残っていないが、壮麗な建物は模型復元され、江戸東京博物館に常設展示されている。[14]また、江戸を代表する大名屋敷として、出光美術館蔵の「江戸名所図屏風」[15]に松平伊予守上屋敷が、国立歴史民俗博物館蔵の「江戸図屏風」[16]には他の大藩の壮麗な屋敷と共に松平伊予守上屋敷と推測同定される屋敷が描かれている。

寛永11年(1634年)龍ノ口上屋敷とは別に、中屋敷として江戸霊岸島中央区新川2丁目)に浜屋敷地を賜った。三方を堀に囲まれたこの浜屋敷の跡地は「越前堀」と呼ばれ、現在跡地にある越前堀児童公園に、発掘された石垣が保存されている。忠昌の終焉の地は、この中屋敷である。下屋敷は本所中之郷(墨田区吾妻橋一丁目 現在は墨田区役所)にあった。[17]

その他・逸話等[編集]

  • 京都府の妙心寺の塔柱寺院として、忠昌開基の慧照院(元和9年(1623年)創建)が現存している。
  • 忠昌着用とされる甲冑が現存している。紺色でまとめられた落ち着いたデザインで、忠昌使用の采配や軍扇とともに、京都市の井伊美術館[18]に所蔵されている。
  • 大坂の夏の陣の際、越前家当主忠直の弟である少年大名忠昌も、大坂城に一番乗りで突入した越前軍の一員として、槍を片手に騎馬にて参加していた。もはや落城必至の大坂城であったが、その時忠昌に、大坂方の剣術(念流)の達人と伝わる「左太夫」なる侍が襲いかかった。太刀で襲い掛かられた馬上の忠昌は咄嗟に避け、それでも鎧の脛当を斬られたが、その瞬間に従者(馬丁)が切り捨てられていた。馬から飛び降りて逃げようとした忠昌を救うべく、歩行頭の安藤治太夫ら家臣3人が左太夫に斬りかかったが、左太夫は瞬間、安藤の首を切り裂くなどして3人をことごとく斬り捨て、忠昌に襲いかかった。これをさらに防ごうとした小人頭は右親指を切り落とされ、とうとう左太夫は忠昌を追い詰めて組み伏せた。忠昌の危機に、越前家中の者5、6名が駆けつけて忠昌を救出した。のち笠持の高瀬某が左太夫の腕を切り、左太夫は数人がかりでやっと討ち取られた、という話が伝わる。本来これは「藩主・家中のあまり立派ではない、むしろ隠したい逸話」のはずであるが、福井藩はこれを隠さず、素直に藩の記録に残している。
  • 武人的豪放な性格であり、また、結構な酒豪であったとも伝わる。正保2年(1645年)4月5日、忠昌の江戸屋敷の向かいに屋敷を持っていた、まだ若く普段から品行方正で知られた加賀藩世子の前田光高が、自邸での茶会の最中に突然死するという事件があった。光高死去の翌日、将軍徳川家光は忠昌に使者を遣わし、普段から大酒飲みで知られた忠昌の健康を心配し、御身は大切な体であることなので酒を慎むようにと伝えた。すると忠昌は短冊にさらさらと一遍の狂歌を書いて、家光への返事とした。「向い(の屋敷)なる加賀の筑前(前田筑前守光高)下戸なれば 三十一で昨日死にけり」 この返事を受け取った家光は、忠昌だからしょうがない、とそのままとなった。[19]
  • 人形浄瑠璃歌舞伎の作者として著名な近松門左衛門の両親は忠昌の家臣筋である、との説がある。[20]

偏諱を与えた人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式には福井藩第3代に数える忠昌以降を(相続時の混乱から)別系統(別藩)と捉える学説・主張もあり、それに従えばその系統の初代となる。
  2. ^ 高田藩主であった酒井忠勝が松代藩に移封。
  3. ^ 福井藩により編纂された雑記録(正式な藩史ではない)『国事叢記』によると「忠昌の北ノ荘入部に際し、松平忠直旧臣に対して越後への同行、北ノ荘への出仕、他家への退転は自由にさせ、約500名の家臣のうちの105名が忠昌に出仕し、大部分の家臣は光長に随って越後高田藩臣となった。また老臣のうち、本多飛騨守は大名になり、小栗美作守・岡島壱岐守・本多七左衛門は光長に同行し、大名とする幕命を断った本多伊豆守のみ忠昌に出仕した。」とされ、忠昌の寛大さを示すとともに、幕府の選抜に漏れた家臣らは光長に同行したとも推測される。また、この叢記の記述中の「大部分の家臣」に関しては、忠昌相続時に他の兄弟(直政、直基、直良)もそれぞれに越前国内に藩を成立させたが、それらを含む諸藩に再仕官した家臣らもおり、選抜に漏れた残りの全てが高田藩に再仕官したわけではないという、史実との少々の相違に留意。例として、直良の立藩に従った津田信益や、幕臣となった島田成重がいる。
  4. ^ 「貞享年中之書上ニハ継中納言之遺跡与申儀無之、賜越前国与計認有之候間此度も継遺跡と申儀ハ相除可被指出候事」(『越系余筆』井上翼章・文化3(1806)年 松平文庫蔵)とあって、父・松平忠直旧跡を相続した光長であったが、寛政12年(1800年)に福井松平氏に対して幕府は同系図の修正を命じ、幕府の指示・見解に沿う形で福井松平氏では越前家の歴代より光長を排除する作為を系図に加えている。
  5. ^ 津山松平氏家譜 元和9年(1623年)2月10日条に、松平光長が「家督を承け祖父以来のノ遺跡一円領知スヘキノ旨を命セラル」(「越前支流美作津山松平」『徳川諸家系譜』第四)とあり、同年7月幕府国目付が北荘へ来着し、台命を伝達した奉書中に「忠直仕置等万事不相届故を以て越前国仙千代丸ニ被仰付」(同家譜 元和9年7月29日条徳川家光黒印状)とあり、忠直から光長への北ノ荘藩の継承があったと津山藩は主張していることが窺い知れる。『福井県史 通史編3・近世一』では「光長は明らかに父の遺跡を継いだといわねばならない」、「細川忠利は『越前御国替に罷り成り』(寛永元年五月晦日付披露状『細川家史料』)といい、秋田藩の重臣梅津政景も『越前ノ若子様ハ越後へ廿五万石ニ而御国替の由』(『梅津政景日記』寛永元年六月五日条)といっており、当時の大名などもそのように認識していたのである」としているが、いずれも後世の幕府の公式な見解とは異なる。
  6. ^ 「寛永元年(1624年)甲子四月十五日以特命続秀康、賜封之内五十万石余」(「福井松平家系図」『福井市史 資料編4・近世二』)と記され、松平忠昌の高田からの移動は忠直配流の翌年、1624年であったことがわかる。
  7. ^ 残り5,000石は直良が持ち、勝山藩に併合した。
  8. ^ 殉死した家臣7名は忠昌の墓所の周辺に、忠昌を守護するように各々の墓が建てられている。ただし、そこに葬られたのは各々の頭部のみで、胴体以下は各々の菩提寺に葬られた。殉死7名の子孫は「先祖の功績」として、その後も福井藩で厚遇された。
  9. ^ 源泉温度が低いため、もう少し掘ってみようとしたらしい。この計画は失敗している。
  10. ^ 「温泉と税」―江戸時代の大安寺温泉―|NETWORK租税史料|税務大学校|国税庁
  11. ^ 上越市 みんなのひろば > ふるさと事典 > 太刀 銘助宗(たち めいすけむね)
  12. ^ 現実問題として、彼らの移転先がなかったせいでもある。
  13. ^ 現実問題として、龍ノ口屋敷のほうが参勤・登城等に至便でもある。
  14. ^ この屋敷は次代光通の頃に大火で消失した。
  15. ^ 風俗画と肉筆浮世絵 - 収蔵品の紹介 - 出光美術館
  16. ^ 洛中洛外図屏風(歴博甲本)
  17. ^ すみだあれこれ/すみだの大名屋敷  福井藩松平家下屋敷
  18. ^ 井伊美術館
  19. ^ 家光の危惧が的中したか、忠昌は同年8月初頭に死亡している。
  20. ^ 父は忠昌の家臣のち五男昌親(吉江藩)の家臣。母親は忠昌の侍医の娘。詳しくは近松門左衛門の項目参照。

関連項目[編集]