松平重昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
松平 重昌
時代 江戸時代
生誕 寛保3年8月22日1743年10月9日
死没 宝暦8年3月18日1758年4月25日
別名 幼名:於義丸、小五郎
戒名 源隆院俊誉慈愍哲雄
墓所 東京都品川区南品川海晏寺
官位 従四位上、権少将、越前守
越前福井藩主
氏族 越前松平氏
父母 父:徳川宗尹、母:一条兼香の娘
養父:松平宗矩
兄弟 松平重昌松平重富徳川治済
黒田治之
なし(尾張藩徳川宗勝六女、品姫と婚約。正式婚儀前に早世。)
実子なし、養嗣子:松平重富

松平 重昌(まつだいら しげまさ)は、越前国福井藩の第11代藩主[1]

略歴[編集]

一橋徳川家の当主・徳川宗尹の長男として江戸の一橋家藩邸に生まれる。誕生日は8月23日とも22日とも。

延享4年(1747年6月12日、伯父(宗尹の長兄)で江戸幕府第9代将軍となっていた徳川家重の命により、福井藩主・松平宗矩の養嗣子とされる。寛延2年(1749年10月21日に宗矩が没したため、同年12月7日に跡を継いで福井藩主となる。宝暦5年(1755年6月13日元服し、将軍・家重から偏諱を賜り重昌[2]と名乗り、従四位上権少将・越前守に叙任される。

宝暦8年(1758年)3月18日に16歳で夭折し、跡は養嗣子で実弟の松平重富が継いだ。

藩政[編集]

若年で相続し、若くして死去したため、治世時の業績は直裁ではなく、おおよそ家臣らの手によるものである。相続前に幕府からの預所が全て幕府直轄となった。地域を天候不順が襲い、領民の逃散が多く、藩は困窮する領民に米を貸し出している。洪水や津波、凶作などの天候不順に見舞われている。

宝暦6年中には「他国商為替銀貸付会所」を設立している。

宝暦6年(1756年)1月22日、飛騨郡代支配下の天領の丹生郡本保村にて本保騒動が起こり、26日には鯖江藩と共同で鎮圧のために出兵している。大きな騒動は収まったが、その後も越前国内は不穏な動きが相次いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 一般には福井藩第3代と数える松平忠昌以降を別系統(別藩)と捉える学説・主張もあり、それに従えば第9代となる。
  2. ^ 「昌」の字は初代藩主・忠昌とその長男・昌勝、五男・昌親(第5・7代藩主)および昌勝の子息たち(6代綱昌、9代宗昌、8代昌邦(吉邦)ほか)などが用いたことのある越前松平家(福井藩主家)の通字