従五位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
従五位下から転送)
移動: 案内検索

従五位(じゅごい)とは、日本の位階及び神階における位のひとつ。正五位の下、正六位の上に位する。贈位の場合、贈従五位という。近代以前の日本における位階制度では、従五位下以上の位階を持つ者が貴族とされている。また、華族嫡男が従五位に叙せられることから、華族の嫡男の異称としても用いられた。

江戸時代以前[編集]

律令制下において五位は京官即ち八省における四等官のうち、判官に相当し、地方官にあっては国司鎮守府将軍に相当する位であった。さらに、従五位下以上の位階にある者を「通貴」、従三位以上の者を「貴」とされたことから、五位以上がいわゆる貴族の位階とされた。また、この従五位下の別称を栄爵と別称し、またその位階にある者を大夫といった。また、中国では始皇帝の木に日本の従五位に相当する大夫の位を授けたことから、大夫に相当する従五位を松の位、松爵(しょうしゃく)とも別称するようになった。これらのことから、従五位下に叙せられることを叙爵といった。従五位下以上の位階にあることが平安貴族としての資格であったといえる。 五位にありながら、左右衛門府の尉など六位以下の官職に留まる者を左(右)衛門大夫と称するなど、有位者の地位は特別な意味を持った。

この従五位下にあった主な者としては、代々、国司を務めた藤原氏傍流橘氏高階氏清原氏大江氏などの一門清和源氏桓武平氏などの軍事貴族に至るまで中級貴族層の多くがこの位階に叙せられた。

鎌倉時代初期までは、京都の中級下級貴族と、鎌倉幕府において京都下りの吏僚、或いは源氏一門、有力な名門御家人などがこの位階にあった。室町時代には、足利将軍家守護の初叙位階でもあり、有力な守護代や力ある国人領主などもこの位階にあった。

江戸時代以降は、家門大名のうち傍流にして知行の少ない家、譜代大名、10万石に満たない外様大名、或いは大身旗本はみな従五位下に叙せられ、主に大名・有力旗本、ないし御三家御三卿及び家門筆頭の福井藩家老及び加賀藩の家老本多氏長州藩の支族吉川氏岩国藩として立藩を認められた際に叙せられた。特に加賀藩の本多氏は位階のみの散位であったため、「従五位様」、「従五位殿」と他称された。

明治時代以降[編集]

明治時代以降、華族の嫡男は自動的に従五位に叙せられたことから、華族の嫡男の異称を従五位ともいう。中佐の階級にある者などもこの位に叙せられた。明治以降、大正時代にかけて幕末の志士のうち功ある者や江戸時代以前にて無位無官ながら何らかの分野で業績ある者に贈位される例もみられた。江戸時代中期の和算家安島直円などはその例である。

現在では、死没者に対する栄典として与えられることとなっており、都道府県議会議長経験者、学校長警察署長消防署長消防団長、企業の社長として功を為した人に対して叙位が行われている。

戦国時代叙位者[編集]

維新後贈位者(贈従五位)[編集]

日本国憲法施行後に従五位に叙せられた人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]