高橋貞二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかはし ていじ
高橋 貞二
本名 高橋 貞次
生年月日 1926年10月20日
没年月日 1959年11月3日(満33歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1946年 - 1959年
主な作品
映画
日本の悲劇』(1953年 木下惠介
『早春』(1956年 小津安二郎
彼岸花』(1958年 小津安二郎)
楢山節考』(1958年 木下惠介)

高橋 貞二(たかはし ていじ、1926年10月20日 - 1959年11月3日)は、日本の男性俳優。本名は高橋貞次。愛称は貞ちゃん。

来歴・人物[編集]

東京府出身。

日本映画学校卒業後、1945年松竹に入社。翌1946年、映画『物交交響楽』でデビュー。佐田啓二中井貴一の父)、鶴田浩二と共に「松竹大船三羽烏」と言われ[1]、松竹映画の主力男優の1人として多くの作品に出演した。

1959年11月3日神奈川県横浜市横浜駅[2]において、自ら運転(飲酒運転)する自動車(メルセデス・ベンツ300Sクーペ)のハンドル操作を誤り横浜市電に激突、自らは死亡、同乗していた友人3人も瀕死の重傷を負う[2]という惨事になり、その短い生涯を終えた。事故に遭ったメルセデスは現存している。

高橋は死亡した年の2月に結婚したばかりであったが、残された妻は1962年池袋のアパートでガス自殺した[2]

墓は東京都港区の青山霊園にあり、妻と共に埋葬されている。

エピソード[編集]

高橋が死亡した日、作家団鬼六(当時のペンネームは黒岩松次郎)も友人の友人が高橋であるという縁から一緒に横浜に飲みに行こうと誘われていた。しかし団には昼に指していた将棋の決着を付けるという先約があったため高橋らを先に行かせ、結果として難を逃れることとなった[2]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 物交交響楽(1946年、松竹
  • 若き日の血は燃えて(1947年、松竹)
  • 弥次喜多凸凹道中(1948年、松竹)
  • 銀座新地図(1948年、松竹)
  • 愛情十字路(1948年、松竹)
  • 初夜ふたゝび(1949年、松竹)
  • 愁海棠(1949年、松竹)
  • まぼろし夫人(1949年、松竹)
  • 春雪(1950年、松竹)
  • 童貞(1950年、松竹)
  • 危険な年齢(1950年、松竹、DVD発売)
  • 母(1950年、松竹)
  • 大学の虎(1950年、松竹、DVD発売)
  • 花のおもかげ(1950年、松竹)
  • 三つの結婚(1950年、松竹)
  • 情熱のルムバ(1950年、松竹、DVD発売)
  • 帰郷(1950年、松竹)
  • 美しい暦(1951年、松竹)
  • 男の哀愁(1951年、松竹、DVD発売)
  • 母恋草(1951年、松竹)
  • わが恋は花の如く(1951年、松竹)
  • 大江戸五人男(1951年、松竹、DVD発売)
  • 母化粧(1951年、松竹)
  • 陽氣な渡り鳥(陽気な渡り鳥)(1952年、松竹、DVD発売)
  • 若人の誓い(1952年、松竹)
  • とんかつ大将(1952年、松竹、DVD発売)
  • 風流活殺剣(1952年、松竹)
  • 紅扇(1952年、松竹)
  • 相惚れトコトン同志(1952年、松竹)
  • 銀座巴里(1952年、松竹)
  • 娘はかく抗議する(1952年、松竹)
  • 湯の町しぐれ(1952年、松竹)
  • 彼を殺すな(1952年、松竹)
  • お嬢さん社長と丁稚課長(1952年、松竹)
  • 明日は月給日(1952年、松竹)
  • 夏子の冒険(1953年、松竹) - 初のカラー映画出演
  • 春の鼓笛(1953年、松竹)
  • まごころ(1953年、松竹)
  • 次男坊(1953年、松竹)
  • 新東京行進曲(1953年、松竹)
  • 愚弟賢兄(1953年、松竹)
  • 日本の悲劇木下惠介監督、1953年、松竹、DVD発売)
  • 弁天横丁(1953年、松竹)
  • きんぴら先生とお嬢さん(1953年、松竹)
  • 美貌と罪(1953年、松竹)
  • 處女雪(1953年、松竹、DVD発売)
  • 東京マダムと大阪夫人(1953年、松竹)
  • 青春三羽烏(野村芳太郎監督、1953年、松竹)
  • 家族会議(1954年、松竹)
  • 濡れ髪権八(1954年、松竹)
  • 裸形家族(1954年、松竹)
  • 陽は沈まず(1954年、松竹)
  • おとこ大学 新婚教育の巻(1954年、松竹)
  • 君に誓いし(1954年、松竹)
  • 忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1954年、松竹、DVD発売)
  • 喧嘩鴉(1954年、松竹)
  • あなたと共に(1955年、松竹)
  • 大学は出たけれど(野村芳太郎監督、1955年、松竹)
  • 哀愁日記(1955年、松竹)
  • 遠い雲(木下惠介監督、1955年、松竹、DVD発売)
  • 絵島生島(1955年、松竹)
  • 修禅寺物語(1955年、松竹)
  • 君美しく(1955年、松竹)
  • 角帽三羽烏(1956年、松竹)
  • 君のうたごえ(1956年、松竹)
  • 早春小津安二郎監督、1956年、松竹、DVD発売)
  • 旅がらす伊太郎(1956年、松竹)
  • 夜間中学(1956年、大映
  • 次男坊故郷へ行く(1956年、松竹)
  • 人妻椿(1956年、松竹)
  • 晴れた日に(1956年、松竹、DVD発売)
  • 朱と緑(1956年、松竹)
  • スタジオ超特急(1956年、松竹)
  • 女優誕生(1956年、松竹)
  • この女に手を出すな(1956年、松竹)
  • 踊る摩天楼(1956年、松竹)
  • 炎の氷河(1957年、松竹)
  • 野武士と女(1957年、松竹)
  • 天使の時間(1957年、松竹)
  • 東京暮色(小津安二郎監督、1957年、松竹、DVD発売)
  • 母と子の窓(1957年、松竹)
  • 抱かれた花嫁(1957年、松竹)
  • 青い花の流れ(1957年、松竹)
  • 逃げだした縁談(1957年、松竹)
  • 花くれないに(1957年、松竹)
  • その手にのるな(1958年、松竹)
  • 楢山節考(木下惠介監督、1958年、松竹、DVD発売)
  • モダン道中 その恋待ったなし(1958年、松竹)
  • 彼岸花(小津安二郎監督、1958年、松竹、DVD発売)
  • 有楽町0番地(1958年、松竹)
  • 花嫁のおのろけ(1958年、松竹、DVD発売)
  • この天の虹(木下惠介監督、1958年、松竹、DVD発売)
  • 愛情行路(1958年)
  • 空かける花嫁(1959年、松竹)
  • 春を待つ人々(1959年、松竹)
  • いたづら(1959年、松竹)
  • ある落日(1959年、松竹)
  • 修羅桜(1959年、松竹)
  • どんと行こうぜ(野村芳太郎監督、1959年、松竹)
  • 妻の勲章(1959年、松竹)
  • 危険旅行(1959年、松竹、DVD発売)
  • 今日もまたかくてありなん(木下惠介監督、1959年、松竹、DVD発売)
  • 三羽烏三代記(1959年、松竹、DVD発売)
  • 大願成就(1959年、松竹) ※遺作

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「松竹大船撮影所覚え書 小津安二郎監督との日々」
  2. ^ a b c d 大崎善生『赦す人』新潮社、2012年、P114-117。

関連項目[編集]