大王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大王

地位
  • 大王(だいおう)は偉大なる国王に与えられる綽名。アレクサンダー大王(アレクサンドロス3世)、アルフレッド大王、カメハメハ大王(カメハメハ1世)、フリードリヒ大王(フリードリヒ2世)など。同様に偉大なる皇帝に与えられる綽名は「大帝」となるが、原語は大王も大帝も、例えば英語であれば「the Great」である。和訳する際に国王なら大王、皇帝なら大帝と、意訳して使い分けられている。
  • 古代インド君主号である、『マハラジャ』の漢訳語。古代インドの君主号・爵位に『ラージャ』があり、しばしば王と訳される。マハーラージャはそれよりさらに上位の君主号である事から、大王が訳語として用いられた。タイ王国ではこの語が訛って『マハーラート』として伝わり、こちらも大王と訳される事がある。
  • 大王(おおきみ)は、日本における天皇、皇子、皇女に対する尊称。治天下大王(あめのしたしろしめすおおきみ)。他の表記として「王」「皇」「大王」「大皇」が見られる。
  • 〜大王(だいおう)は中国語圏で、その分野の圧倒的なシェアを持つ企業、及び企業主に対するあだ名。日本語の「〜長者」、「〜」と同じ。
その他

関連項目[編集]