阮咸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阮 咸(げん かん、生卒年不詳)は、竹林の七賢の一人。は仲容。三国時代および西晋の文人。陳留郡尉氏県河南省開封市)の人。

また、伝説によりこの人が伝えたとされる4弦のリュート属撥弦楽器もその名を冠して「阮咸」と呼ばれる。

生涯[編集]

魏の武都太守・阮熙の子であり、步兵校尉・阮籍の従子に当たる。阮瞻阮孚の父である。竹林の七賢中では、存命中の事跡が非常に少なく、『世説新語』『晋書』及び宋代類書中に見えるのみである。

その年齢は王戎に比較してやや年長であり、竹林の七賢中で二番目に年少である。若くして叔父の阮籍と共に飲酒宴遊した。散騎侍郎に任じられたが、西晋の時代、山濤が阮咸を吏部郎に推挙した時、武帝(司馬炎)は、その虚浮の談を尊び、飲酒の度が過ぎることを理由に用いなかった。

阮咸は、その人となりが放誕で、礼法に拘らず、当時の儒士に誹謗された。

また、琵琶を善くし、音律に精通していた。そこから、阮咸が亀玆伝来の琵琶を改造した、という説が生まれ、後世にはまた、その琵琶を阮咸と呼んだ。略称は阮。

後に、荀勗に憎まれて、始平太守に出されたので、後人は彼を阮始平と称した。後に長寿によって没した。

伝記資料[編集]

  • 『晋書』巻49「阮籍伝」

参考文献[編集]

楽器としての阮咸[編集]

近代の阮咸(小阮、全長約70cm)。

楽器の阮咸は、歴史学においては正倉院に伝わっているもの[1]がよく知られている。唐代の作で、琵琶とは構造が異なって胴と棹が分かれており、胴の形状が円形なのが特徴である。弦は4弦。秦制と漢制を併せて作られているので、秦琵琶、秦漢子の別称がある。

楽器の系統としては明清楽に使われる楽器として日本に伝えられた月琴と強いつながりがあり、「同じ楽器」と見做される場合もある。 月琴は棹が極めて短いのが特徴であるが、阮咸は長い棹を持つ。円形の他に八角形の胴体のものもある。

一時廃れたが近代になってから復元され、琵琶などと同様「近代化」として改造された。アンサンブルで使用する必要性から小阮、中阮(元来のサイズ)、大阮、更に低音阮の4種類に分岐した[2]。ソロの楽曲も多数創作されている。

外部リンク[編集]

  1. ^ 桑木阮咸 東京国立博物館 画像検索
  2. ^ 中国民族楽器紹介 阮(ruan)