アフロディシアスのアレクサンドロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフロディシアスのアレクサンドロス『運命について』(Pros tous Autokratoras)の最初の段落。1658年に発行された不明な版

アフロディシアスのアレクサンドロス (古希: Ἀλέξανδρος ὁ Ἀφροδισιεύς; 200年頃活動)は逍遥学派の哲学者で、古代ギリシアでは最も有名なアリストテレス註解者。カリアアフロディシアス出身で、3世紀初頭のアテナイに住んで教師をして、逍遥学派の学頭となった。彼はアリストテレスの作品の註釈を多く書いたが、中でも『分析論前書』、『トピカ』、『気象論』、『感覚と感覚されるものについて』、『形而上学』に対する注釈書が現存している。いくつかの独自の論考も現存しており、『運命について』ではストア派の決定論の教義に反論している。また、アリストテレスに対する注釈書とは別に『魂について』を書いてもいる。アフロディシアスのアレクサンドロスのアリストテレスに対する注釈書が非常に有用で傑出していたために、彼は「注釈者」(稀:ὁ ἐξηγητής)と呼ばれた。

生涯と事績[編集]

アレクサンドロスはカリアアフロディシアス出身で[1]、2世紀終わりごろにアテナイに移住した。彼は二人のストア派の教師[2]とおそらく一人の逍遥学派の教師、つまり哲学者ソシゲネス[3]ヘルミノス[4]、そしておそらくミュティレネのアリストテレス[5]の弟子となった。アテナイにおいて彼は逍遥学派の学頭となり、逍遥学派の哲学を教えた。アレクサンドロスがセプティミウス・セウェルス帝およびカラカラ帝に著書『運命について』を自らのアテナイにおける地位に対する謝意とともに献じたのは198年から209年の間であると考えられている。近年公刊されたアフロディシアスの碑文により、彼がアテナイに存在する学派の学頭であったことが確実となり、彼の全名が「ティトス・アウレリオス・アレクサンドロス」であることもわかった[1]。彼の全名から、おそらく彼の祖父かあるいは別の先祖がアシア属州総督時代のアントニウス・ピウスによってローマ市民権を与えられたのだと考えられている。碑文では彼自身と同じくアレクサンドロスという名前で哲学者であった彼の父が讃えられている。さらにこのことから、彼の著作のうちいくつかは彼の父に帰されるのではないかという疑いがもっともらしいものとなっている[6]

註解[編集]

アンドレア・ブリオスコ『アリストテレスとアフロディシアスのアレクサンドロス』、16世紀のプラケット、ボーデ博物館

アレクサンドロスはアリストテレスの作品の註釈をいくつか作成したが、その中で彼は折衷主義的傾向から逃れることとアリストテレスの教説を純粋な形で取り戻すことを模索した[7]。彼の註釈書のうちで現存するのは、『分析論前書』(第1巻)、『トピカ』『気象論』、『感覚と感覚されるものについて』、『形而上学』(1-5巻)に対するものである[8]。『詭弁論駁論』に対する注釈もあるがこれは偽書だと考えられている、というのはこれが『形而上学』の後半9巻の註釈だからである[9]。散逸した註釈には『命題論』、『分析論後書』、『天体論』、『生成消滅論』、『霊魂論』、『記憶と想起について』に対するものがあった[9]。アレクサンドロスが三日月形の求積に関する注釈書を書き、これが円積問題に相当するとキリキアのシンプリキオスが言及している[10]。2007年4月にイメージング解析によってアルキメデスのパリンプセストからアリストテレスの『範疇論』の古い注釈書が発見され、古典学者ロバート・シャープルズはアレクサンドロスがこの注釈書の著者である可能性が最も高いと主張した[11]

独自の論考[編集]

注釈書ではないアレクサンドロスの独自の論考もいくつか現存している。次の作品がそうである: 『魂について』、『問題と解決』、『倫理的諸問題』、『運命について』、『混合と成長について』[8]。彼に帰せられているもののうち以下の三作品は偽書とされる: 『医学問題集』、『自然学的諸問題』、『熱について』[8]。アレクサンドロスのその他の作品の中にはアラビア語訳で保存されているものがある: 『宇宙の諸原理について』[12]、『神意について』、『運動に関するガレノス論駁』[13]

『魂について』(: De anima)はアリストテレスの『霊魂論』の注釈書ではないもののアリストテレスの流れにそって書かれた霊魂に関する論考である[14]。アレクサンドロスは、人間の未発達な理性は物質的(nous hulikos)であり肉体と不可分だと強く主張した[7]。彼は魂が不朽だという説に対して強く反論したのである[7]。彼は、その作用によって人間の中の潜在的な知性が活動するところの活動する知性(nous poietikos)をとみなした[7]。第二の著書は『「魂について」補遺』(Mantissa)として知られている。本書は25に分かれたシリーズになっており、そのうち最初の5巻で心理学を扱っている[15]。残りの20巻は自然学倫理学の問題を扱っており、その中で最も大きく取り上げられているのは視覚と光の問題で、最後の四巻では運命神意について扱っている[15]。本書は現在残っているような形ではアレクサンドロスが書いたものではないかもしれないが、それでも多くの部分は彼に帰されている[16]

『問題と解決』(羅:Quaestiones)は三巻からなり、『自然的な問いの問題と解決』と題されてはいるが扱われているのは必ずしも自然的でも問題になるようなことでもない[17]。この三巻の書には全部で69の項目が設けられており、そのうち24項目で自然学を、17項目で心理学を、11項目で論理学形而上学を、6項目で運命と神意の問題を扱っている[17]。このうち全てをアレクサンドロスが書いたというわけではないと考えられており、いくつかは彼の弟子による練習問題の可能性があるが、他のいくつかはアレクサンドロス自身による解答であると考えられている[18]

『倫理的諸問題』は伝統的には『問題と解決』の第4巻として扱われてきた[17]。本書はアリストテレスに基づいた倫理的問題に関する議論という形をとっており、アレクサンドロスの講義の中で生まれた質問・問題に対する回答を含んでいる[19]。本書はアレクサンドロス自身が書いたのではなく、むしろ彼の弟子がアレクサンドロスの参加した議論に基づいて書いたのだと考えられている[19]

『運命について』はストア派決定論的教義に反駁した論考である[7]。『運命について』でアレクサンドロスは三つのこと- 必然性(ギリシア語: ἀνάγκη)、ストア派が神・自然とみなしたものの一部である運命づけられた出来事の予言、あらかじめ定められている(ギリシア語: προκαταβεβλημένος)つまり過去によってあらかじめ運命づけられている(ギリシア語: προηγουμένος)原因の結果という意味での運命論―を否定した。彼は我々が今日自由意思と呼んでいる倫理的能力を擁護した[20]

『混合と成長について』では物体の混合という話題を取り扱っている[21]。本書はストア派自然学の議論(あるいは論争)を拡張したものであると同時に当時のアリストテレス思想を解説したものでもある[21]

『宇宙の諸原理について』はアラビア語で保存されてきた作品である。この論考は現存するギリシア語の文献では言及されていないがイスラーム世界では高い知名度を保っており、数多くの写本が残っている[22]。本書の主な目的はアリストテレスの宇宙論・形而上学の概説を行うことだが、論争的な雰囲気が強く、逍遥学派内の敵対する説に対して向けられていた可能性がある[23]。アレクサンドロスはアリストテレスの哲学体系内の溝を埋めることと矛盾を解決することに関心があったが、物理的世界と倫理的世界の両方を統一した図を示すことにも関心があった[24]。本書で扱われている話題は普遍的な天上界と生滅を繰り返す地上との関係、それに天上の運動の性質である[24]。彼の主要な典拠は『自然学』(第7巻)『形而上学』 (第12巻)、偽アリストテレスの『宇宙論』である[24]

『神意について』はアラビア語訳で二種類が現存している[25]。この論考においてアレクサンドロスは、神の摂理は世界のあらゆる面に及んでいるというストア派の見解に反論している; この説は神を無価値なものに貶めると彼は考えていたのである[25]。代わりに、摂理とは天から発して地上に至った力であって、地上のものを、それぞれの生物に直接かかわることなく生じさせたり滅したりする能力があると彼は考えた[25]

影響[編集]

6世紀までにはアレクサンドロスのアリストテレスに対する注釈は非常に有用なものとみなされ彼は「注釈者」(ギリシア語: ὁ ἐξηγητής)と呼ばれるようになった[26]。彼の著書はアラビア語に訳されてアラブ人の間でも高く評価され[7]モーシェ・ベン・マイモーンにも大いに引用された。

1210年にパリの宗教会議で断罪宣告が下されたが、これはおそらく他でもないアレクサンドロスの著作を対象としたものであった[27]

ルネサンス初期には彼の魂の非不滅性の教説がピエトロ・ポンポナッツィ(彼はトマス主義者やアヴェロエス主義者と敵対していた)[7]や彼の跡を継いだチェーザレ・クレモニーニに採用された。彼らはアレクサンドロス主義者として知られる。

アレクサンドロスの暗帯と呼ばれる光学現象は彼に因んで名づけられた。

近代における公刊[編集]

アレクサンドロスの著作のうちいくつかが1495年ー1498年にアリストテレス著作集の一部としてアルド印刷所で印刷された; 彼の『運命について』(: De Fato)および『霊魂について』(伊:De Anima)は1534年にヴェネツィアでテミスティオスの著作とともに印刷された。前の作品はグロティウスおよびシュルテスによってラテン語訳され、ヨハン・カスパール・フォン・オレリの校訂を受けて1824年にチューリヒで出版された。そして彼の『形而上学』に対する注釈はヘルマン・ボニッツによって1847年にベルリンで出版された[7]。1989年には『アリストテレス「形而上学」について』の最初の部分がAncient commentators projectの一環として公刊された。それ以降、彼の他の作品が英訳されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b A. Chaniotis, 'Epigraphic evidence for the philosopher Alexander of Aphrodisias', in Bulletin of the Institute of Classical Studies, ISSN 0076-0730, v.47 (2004) pp. 79-81
  2. ^ J.P. Lynch, Aristotle's School, Berkeley, 1972, p. 215. ペリパトス派のソシゲネスを参照。
  3. ^ See Alexander's Comm. in Arist. Meteor., p. 143.13 Hayduck (ὁ διδάσκαλος ἡμῶν Σωσιγένης), Themistius, Paraphr. in Arist. de Anima, p. 61.23 Heinze, Ps.-Ammonius, Comm. in Arist. Anal. Pr. p. 39.24 Wallies, and Philoponus, Comm. in Arist. Anal. Pr., p. 126.20-23 Wallies.
  4. ^ Simplicius, Comm. in Arist. de Caelo, p. 430.32 Heiberg, quoting Alexander: Ἑρμίνου δέ...ἤκουσα, καθὰ ἦν καὶ ἐν τοῖς Ἀσπασίου φερόμενον, "I heard from Herminus, as was said among Aspasius' students..."
  5. ^ Pierre Thillet, in his 1984 Budé edition of On Fate, has argued against Moraux's identification (Der Aristotelismus im I. und II. Jahrhundert n. Chr., vol. 2, 1984) of Aristotle of Mytilene as Alexander's teacher, pointing out that the text that has been taken to mean this (On Fate, mantissa, p. 110.4 Bruns, Ἤκουσα...παρὰ Ἀριστοτέλους) could refer instead to Alexander's learning from the texts of Aristotle the Stagirite. See R.W. Sharples, Classical Review, n.s., 36 (1986), p. 33. Cyril of Alexandria, Against Julian 2.38, may name Aristocles of Messene, but the text edited by Burguière and Évieux (Sources Chrétiennes 322, 1985) reads Ἀλέξανδρος ὁ Ἀριστοτέλους μαθητὴς.
  6. ^ R. Sharples, 'Implications of the new Alexander of Aphrodisias inscription', in Bulletin of the Institute of Classical Studies 48 (2005) pp. 47-56.
  7. ^ a b c d e f g h  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). “Alexander of Aphrodisias”. Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press. http://www.1911encyclopedia.org/Alexander_of_Aphrodisias. 
  8. ^ a b c Donald J. Zeyl, Daniel Devereux, Phillip Mitsis, (1997), Encyclopedia of Classical Philosophy, page 20.
  9. ^ a b William W. Fortenbaugh, R. W. Sharples, (2005), Theophrastus of Eresus, sources for his life, writings, thought and Influence, page 22. BRILL
  10. ^ Dunham, William. Journey through Genius, Penguin, 1991
  11. ^ “Text reveals more ancient secrets”. BBC News. (2007年4月26日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/technology/6591221.stm 
  12. ^ Charles Genequand, (2001), Alexander of Aphrodisias: On the Cosmos. BRILL
  13. ^ N. Rescher, M. E. Marmura, (1965), The Refutation by Alexander of Aphrodisias of Galen's Treatise on the Theory of Motion. Islamic Research Institute
  14. ^ Gerd Van Riel, 2010, Ancient Perspectives on Aristotle's de Anima, page 174. Leuven University Press
  15. ^ a b Robert B. Todd, (1976), Alexander of Aphrodisias on Stoic physics: a study of the De Mixtione with Preliminary Essays, Text, Translation and Commentary, page 18. BRILL
  16. ^ "The two books of the De Anima differ markedly in form and content, and they were not originally a single work. Book I is generally recognized as authentic. Book II is almost certainly not by Alexander of Aphrodisias in its present form, though much of the material may be his or from his school." F. Edward Cranz, (1960), "Alexander Aphrodisiensis", in: Catalogus Translationum et Commentariorum: Medieval and Renaissance Latin Translations and Commentaries, page 84. Vol. 1. Washington.
  17. ^ a b c Robert B. Todd, (1976), Alexander of Aphrodisias on Stoic physics: a study of the De Mixtione with Preliminary Essays, Text, Translation and Commentary, page 19. BRILL
  18. ^ R. W. Sharples, 1992, Alexander of Aphrodisias: Quaestiones 1.1-2.15, pages 3-4. Duckworth.
  19. ^ a b Miira Tuominen, (2009), The ancient commentators on Plato and Aristotle, page 237. University of California Press
  20. ^ Alexander of Aphrodisias
  21. ^ a b Robert B. Todd, (1976), Alexander of Aphrodisias on Stoic physics: a study of the De Mixtione with Preliminary Essays, Text, Translation and Commentary, page ix. BRILL
  22. ^ Charles Genequand, (2001), Alexander of Aphrodisias: On the Cosmos, page 1. BRILL
  23. ^ Charles Genequand, (2001), Alexander of Aphrodisias: On the Cosmos, page 4. BRILL
  24. ^ a b c Charles Genequand, (2001), Alexander of Aphrodisias: On the Cosmos, page 6. BRILL
  25. ^ a b c Robert W. Sharples, "The Peripatetic school", in David Furley (editor), (2003), From Aristotle to Augustine, pages 159-160. Routledge
  26. ^ Cf. Simplicius, in Phys. 707, 33; 1170, 13; 1176, 32; Philoponus, in An. Pr. 126, 21; Olympiodorus, in Meteor. 263, 21. But see Jonathan Barnes et al., (1991), Alexander of Aphrodisias, On Aristotle Prior Analytics 1.1-7, page 4, who argue: "In all these texts Alexander is indeed referred to by phrases such as 'the commentator' or 'Aristotle's commentator'; but these phrases are not honorific titles - they are ordinary referring expressions. If, at the end of a book review, you read 'The author deserves our thanks', you will rightly take this for praise - but you will not think that the author has been honoured as The Author par excellence."
  27. ^ G. Théry, Autour du décret de 1210: II, Alexandre d'Aphrodise. Aperçu sur l'influence de sa noétique, Kain, Belgium, 1926, pp. 7 ff.

関連項目[編集]

参照[編集]

参考文献[編集]

  • Merlan, Philip (1970). “Alexander of Aphrodisias”. Dictionary of Scientific Biography. 1. New York: Charles Scribner's Sons. pp. 117–-120. ISBN 0-684-10114-9. 
  • Alexandre D'Aphrodise. De l’Âme. Textes & Commentaires. Bergeron, M. and R. Dufour (trans., comm.). Paris: Librairie Philosophique J. Vrin, 2008. 416 p. ISBN 2-7116-1973-7
  • Kevin L. Flannery, 1994, Ways into the Logic of Alexander of Aphrodisias. BRILL. ISBN 90-04-09998-0
  • Gili Luca, 2011, La sillogistica di Alessandro di Afrodisia. Sillogistica categorica e sillogistica modale nel commento agli "Analitici Primi" di Aristotele. Georg Olms. ISBN 978-3-487-14614-0
  • Robert B. Todd, 1976, Alexander of Aphrodisias on Stoic Physics: A Study of the "De Mixtione" with Preliminary Essays, Text, Translation and Commentary. BRILL. ISBN 90-04-04402-7
  • N. Rescher, M. E. Marmura, (1965), The Refutation by Alexander of Aphrodisias of Galen's Treatise on the Theory of Motion. Islamic Research Institute. ISBN 0-19-636065-X

英訳[編集]

  • R. W. Sharples, 1990, Alexander of Aphrodisias: Ethical Problems. Duckworth. ISBN 0-7156-2241-2
  • W. E. Dooley, 1989, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Metaphysics 1. Duckworth. ISBN 0-7156-2243-9
  • W. E. Dooley, A. Madigan, 1992, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Metaphysics 2-3. Duckworth. ISBN 0-7156-2373-7
  • A. Madigan, 1993, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Metaphysics 4. Duckworth. ISBN 0-7156-2482-2
  • W. Dooley, 1993, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Metaphysics 5. Duckworth. ISBN 0-7156-2483-0
  • E. Lewis, 1996, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Meteorology 4. Duckworth. ISBN 0-7156-2684-1
  • E. Gannagé, 2005, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle On Coming-to-Be and Perishing 2.2-5. Duckworth. ISBN 0-7156-3303-1
  • A. Towey, 2000, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle On Sense Perception. Duckworth. ISBN 0-7156-2899-2
  • V. Caston, 2011, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle On the Soul. Duckworth. ISBN 0-7156-3923-4
  • J. Barnes, S. Bobzien, K. Flannery, K. Ierodiakonou, 1991, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Prior Analytics 1.1-7. Duckworth. ISBN 0-7156-2347-8
  • I. Mueller, J. Gould, 1999, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Prior Analytics 1.8-13. Duckworth. ISBN 0-7156-2855-0
  • I. Mueller, J. Gould, 1999, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Prior Analytics 1.14-22. Duckworth. ISBN 0-7156-2876-3
  • I. Mueller, 2006, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Prior Analytics 1.23-31. Duckworth. ISBN 0-7156-3407-0
  • I. Mueller, 2006, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Prior Analytics 1.32-46. Duckworth. ISBN 0-7156-3408-9
  • J. M. Van Ophuijsen, 2000, Alexander of Aphrodisias: On Aristotle Topics 1. Duckworth. ISBN 0-7156-2853-4
  • R. W. Sharples, 1983, Alexander of Aphrodisias: On Fate. Duckworth. ISBN 0-7156-1739-7
  • Charles Genequand, 2001, Alexander of Aphrodisias: On the Cosmos. BRILL. ISBN 90-04-11963-9
  • R. W. Sharples, 1992, Alexander of Aphrodisias: Quaestiones 1.1-2.15. Duckworth. ISBN 0-7156-2372-9
  • R. W. Sharples, 1994, Alexander of Aphrodisias: Quaestiones 2.16-3.15. Duckworth. ISBN 0-7156-2615-9
  • R. W. Sharples, 2004, Alexander of Aphrodisias: Supplement to On the Soul. Duckworth. ISBN 0-7156-3236-1

外部リンク[編集]

Template:Peripatetics